« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/29

更新)バングラデシュのアザーンを追加

本サイト、アザーンのページにバングラデシュ編3編追加しました。
一番下に有りますのでリンクをクリックしてアザーンを聞いてみてください。

今回収録したのは
0905bangla0546

ダッカのナショナルモスク、

0905bangla0476

オールドダッカにあるスターモスク

0905bangla0823

それとオールドダッカにある布を扱う商店ばかり連なる細い路地の奥にあるモスクです。
(この写真は路地の反対側にある洗い場の入り口)


いずれも小節を効かせた節回しが結構私好みだったりします。
周囲から早めのアザーンが流れてから満を持して気合いを入れて謳いあげている感じがしましたね。

ナショナルモスクではこの人がムアッジン(アザーンを唱える人)と紹介されましたが見た目は普通のおじさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

「私は臓器を提供しません」変更

「私は臓器を提供しません」変更
運転技術(の下手さ)には定評のある私、必要最小限しか車は運転しないニアペーパードライバーですので種別は当然ゴールド。どうやら会社の車をお客さんの車にぶつけても、環七のど真ん中でガス欠になってしまっても、支店長を乗せてその方を壁にガリガリしても、警察の分類では「優良」になるのは摩訶不思議です。

それはさておき運転免許証の裏面には臓器提供の意思のシールを貼ることが出来る。臓器提供意思は別のカードを持つのが一般的だが試験場には免許証の裏面に貼れるシールがあって私はいつもこれを利用している。

そして更新の度に考えている。

今のオプションは写真の通り「私は臓器を提供しません」。

理由は日本初の心臓移植がそうだったように、大学病院とかで格好の研究ネタとされ本当はまだ脳死でないのに脳死と判定されてしまったりするんじゃないかと医師を信頼していなかった事によるのが大きい。その他身体の精神性を重視するべきとの考えに立っていたこともある。

しかし日本で脳死による移植が始まって10年経ち、そろそろ信頼してあげてもいいのではないかと思うようになったことや、海外での移植に制限枠が設けられるようになったこと、どうせ燃やしてしまうんだったら誰かの役に立った方がいいと思うようになったからだ。

もっともメタボな私の臓器が他人の使用に耐えるのかという問題はあるのだが・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

機内食のページを更新

もはや本サイトのメインコンテンツとなっている?今回の機内食のページを更新しました。
http://mustfa.web.infoseek.co.jp/meals/meals.html

UAは往復ともなんと去年の9月と全く同じメニュー。
経費削減の一環としてメニューを変えないという方針なんでしょうかね。

機内食好きとしてはこの傾向は悲しいです。しかし同じメニューで成田発が全く同じなのは当然としても、シンガポール発とバンコク発では微妙に違っています。そしてバンコク発の方が圧倒的に満足度高い!

そしてバンコク/ダッカではTGのインド風マトンカレーがエスニックで美味しかったですね。(帰りは失敗だったけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »