« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/21

NY&DCに行ってきます

と言う訳でこれからNY&DC弾丸旅行に行ってきます。
いつものことですが、私らしくバタバタしました。
大体、家を出発する予定時刻になってから荷造りはじめるものだから、さっきまで見ていた書類が無い→探す→見つける→家を出たが机に忘れたのに気がつき引き返すなどなど一人芝居やっています。バタバタした分空港につくのも遅れて窓際の席取れなかった・・・

ま、今となってはあとはゲートに行くだけですが、そこからが問題だという突っ込みが入りそうなのはわかっているので「ご搭乗の最終案内・・・」の前にはちゃんとゲートに行くようにします。

短い旅行ですが密度は濃くすることはできるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

中学受験シーズン到来

東京だと私立中学の2/1を初日とした今が中学受験シーズン。今日も電車にやたらいました。そしてもう大昔の話だけど私も受験しました。正確に言うと受験させられました。

当時から結構公立校への不信というのは結構あり、(帰国子女ということもあって若干いじめられていたこともあり)両親は公立校でなければどこでもいいというスタンスで本人の学力とか一切考慮せず受験するようセットした。

しかし本人は全くやる気がなかったんだな、これが。大体小学校6年生なんてまだ子供で自分の意思という物ないわけだし実際どこ受けようなんて自分で決めたわけではないし。なんか嫌嫌塾に行かされ受験の当日が来て試験を機械的にこなしたといった感じだった。

そんなやる気のない受験生の罰が当たったか、最後の一校を受ける当日風邪で倒れてしまい、試験会場に行ったものの棄権して帰ってきたものでした。

結局結果は・・・全滅。
当然の報いなのだがそのさなか、当時住んでいた区に通う中学生がいじめを苦に自殺を図り有名になった葬式ごっこなるものまで担任が荷担していたという事件が起こった(生きている同級生を死んだことにし担任の先生まで安らかにお眠りくださいと寄せ書きした事件。詳細はこちらなどをご覧ください)

自殺した鹿川君の遺書を改めて読むと切なくなってしまうが、
その事件のお陰で地元の公立中学校へ進学してもいじめ対策は厳重だった。そしてそのお陰で中学時代は楽しく送れたわけなのだが、なんだか今でも申し訳ない気がする。

2月1日を迎えるとあのときの冬を今でも思い出してしまう。中学受験そのものに関しては受験自体は失敗だったかもしれないけどあそこで受験という物を経験したからこそ高校受験というものも乗り切れたのだと思う。そういう意味では親に感謝しなくては。なんの因果か結局その最後に受けて棄権した学校に高校から入学することになったのだが・・・

いずれにせよ、受験会場に付き添っている親の姿を見ると、中学受験はあくまで親の受験なんだなと思ってしまう。中高と学んで大学受験するならともかくエスカレータで大学まで行く場合、自分だったら小6の段階で人生の選択肢の幅を親に狭められたくないと思う。(そういうルートを進まれた方には失礼だが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »