« 二年目君その2 | トップページ | You tubeに幕張ファイアー追加 »

2007/06/17

王子郵便局・・・

審査に必要な申告書の提出をお客さんに早急に提出してくださるようお願いしていたのだが、
届かないので問い合わせると6月6日に速達で郵送したという。仕方がないのでFAXで送ってもらった。

すると6月13日事も無かったかのようにシラーっと配達された。

因みに隣の区からで、辺境とかからではない。消印は局名は読み取れないものの確かに6月6日となっている。,更に最寄りの配達局の王子局の6月7日の消印もある。何で王子局には6月7日に着いてなぜ配達されるのに一週間もかかるのか。

それも謝罪とか事情説明もなにも無く、普通の郵便物のようにただ普通に配達された。こっちはお客さんからはこっちが亡くしたと疑われたり、個人情報が他に漏れたのではと不安がられたりと結構大変だったのだよ。

誤配したり、握っていたのなら、普通の組織の常識なら事情説明と陳謝の言葉があっても良いはずだがそれも無し。速達料といういわば特急料金を取っておきながらこういういい加減な仕事をしているのでは全く情けない。

あまりに頭に来たので郵便のサイトのご意見ご要望のフォームからクレームを付けたところ、

>通常郵便物等の不着につきましては、お手数ではございますが、
>『不着調査請求』の手続きを、最寄りの郵便局へご提出
>いただきますようお願い申し上げます。

だそうだ。あのネー、最寄りの郵便局が信用できないから本部にクレームつけているんですよ。
それを最寄りの局に聞けと言うのそういう対応を平気でするとは全くあきれてしまう。それに
着かない郵便に対してではなく着いた郵便の対応にクレームを付けているのだ。

例えば銀行の支店の対応に不満があって本部のお客様センターにクレームつけたとしたら
「最寄りの支店にご相談ください」という対応はあり得ないですけど。

こんな対応を平気でしてしまうならマジで郵便制度そのものを信用出来なくなってしまう。
こんなならいちはやく完全民営化して競争に負けて初めて気がつくんですな。


|

« 二年目君その2 | トップページ | You tubeに幕張ファイアー追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/15460713

この記事へのトラックバック一覧です: 王子郵便局・・・:

« 二年目君その2 | トップページ | You tubeに幕張ファイアー追加 »