« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/24

新銀行東京

この問題は風説の流布に引っかかる恐れがあるので、自重していた。でも都民として都知事選の前に検証する必要があるとは思う。新銀行東京は石原慎太郎の思いつきで始まったようなものだが、知事選を前にした中小企業の救済といった甘いキャッチフレーズで訳が分からないまま営業を開始してしまった感がある。

3年前の東京都の計画では、3期目に総資産1兆6000億円融資保証残高9,300億円経常利益54億円とぶちあげているが、18年9月中間決算の段階で総資産6991億円保証の残高が分からないが融資残高は2349億、中間期の経常損失が154億となっている。

現状は都の1000億円の出資もあって自己資本など経営指標的には大丈夫ではあるのだが(←ここらへん強調しておかないと)このペースで損失を出し続けていたら、将来性はあまり明るくないと思う(ここらへん断言していませんよ)。

今はどこの銀行でも融資したくて仕方がないというか、借りて欲しくて欲しくて仕方がない状況。なので現状借りたくても貸してもらえなえない企業は銀行がどんなに頑張ってもそれ以上貸せない、逆に企業の立場から言えば借りたら危険な水域という事になる。そういった状況でうちは貸しますよ(但し金利は高いよ)という銀行があっても、商工ローンから借りるよりかはという状態の先ばかり集まることになってしまう。

勿論そういった政策の銀行があるのもアリだし、積極的にリスクを取りに行くことは良いことだと思うのだが、モノと違ってどこで借りても同じお金の世界では、そう簡単にはいかないし、そこをあえてリスクを取りに行くのは「公」的な資金ではなく自己責任で純粋に金儲けのためでないと上手く行かない。これを「公」でやろうと思うと殿様商売というか、損害が出ても平気というか、銀行設立の目的達成のためには損害を出すこと自体が目的になってしまう。

それに他の銀行もはっきり言って取引先の決算書で新銀行東京で借り入れしていることが分かると、その先は新銀行東京以外の他行では借り入れ出来ない状態≒危ないと判断せざるを得ない状況。これでは何のために新銀行を創設したのか、分からない。

私はもはや存在意義がないこの銀行は早めに清算した方が良いと考えるのだが、都知事選でも争点になる気配はない。慎太郎が言わないのは勿論としてアンチ石原のみがポリシーのはずの黒川紀章もオリンピックのことだけ掲げて銀行にはふれない。(そもそも誰それが立候補辞退しない限り立候補するなんて候補あり得るのか?)
共産党の某も制度融資の拡充とは言っても銀行については無言だ。

だれか都知事選で新銀行東京をどうするか掲げてくれる候補者はいないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/22

スペシャルウィーク

ラジオは常に秒刻みで視聴率をとっているテレビと違って2ヶ月に一回一週間「スペシャルウィーク」と称してその間聴取率をアンケート方式でとることになっている。

数字が大事なのは分かるけど、だからといってラジオ局(TBSラジオなんか露骨だ)はことあるごとにスペシャルウィーク、スペシャルウィークて言って普段は呼ばないようなゲスト呼んで特別編成にする。なんだか授業参観の時だけ普段作らないプリント作ってて「良い授業」するダメ教師みたいであまり愉快なものではない。

聞く側ははっきり言ってそんなのどうでも良いんだけど、放送する側が「スペシャルウィークですから」ってあまりに連呼するものだからはっきり言ってうんざりしてしまう。やはりこの特別な週だけ調査しようという仕組み自体がおかしいのではないだろうか。毎週聴取率を調査するとか改善策を望みたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/18

東京マラソン

走るのが趣味な人には悪いが、今日の東京マラソン、これ関係ない人にとっては迷惑以外ナニモノではない気がするんだよね。

特にあの東京を横断するようなコース設定はないだろう。まぁ今日は一日家にこもっていたから直接迷惑を受けたわけではないから、ぎゃあぎゃあ騒ぐ資格はないわけだけど、わずか3万人の満足のためにここまでする意義あるんだろうかとふと疑問に思ってしまう。

あともう一つ疑問に思ったのは着ぐるみ走者がいること。あれはどう考えても失礼だろ。来年(このイベント自体を来年はもうやめにして欲しいけど)はああいう着ぐるみランナーは許さない方が良いと思う。

話は変わってマリーンズファン的には今日は開幕~4月のホームゲーム、ファンクラブ先行発売。開始同時に参戦したが、案の定なかなかつながらない。やっとつながり席種を選択してやった!ゲットだと思ったら最後の決済のところであいにく満席ですとか出てくる・・・

格闘数時間(は大げさだけど)の末、会員価格でない高い値段で内野自由席をようやっとゲット。
あとは開幕2戦目の外野自由席(ホーム)とライオンズ戦の内野B指定席をゲット。開幕戦という特別な試合はともかく、たった三試合見るのにこんなに手がかかるとは想定外だった。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/02/07

来年の正月は

香港から帰って来たばかりですが、来年の正月の特典旅行の申し込みが始まっていたことを思い出し、早速予約。毎年この時期に正月休みをマイレージで確保しているのですが、特に来年の正月休みは29日〜3日の6日間と銀行員にとっては最も長い休み。国内でくすぶっているわけにはいかない。

で、とりあえずUAでみてみたが何れも満席。取れてもアジアに行くのに一度北米に行って戻って来る(例:成田発サンフランシスコ経由北京とか)のが残っているだけ。これでも往復20000マイルで行けるのは驚きだがいくら飛行機好きの私でも、さすがに北京に行く為に太平洋を2往復はしたくない(老後、暇で席がビジネスだったらそれはそれでいいかもしれないが)のでNWをみると、北京、ビジネスならセーバーがあった。そして私のマイルはちょうど必要な3万マイル。

かくして正月のチケットを確保した訳ですが、どうせノースのセーバーは取れないから4万マイル貯めようと思っていただけにラッキーだ。

しかもビジネスはラッキーアップグレードを除けば初めてで今から楽しみだ。本当はどうせビジネス乗るなら飛行時間が長いシンガポール線とかが良かったのだが贅沢は言えまい。どーでもいいが過去3回のラッキーアップグレードの経験は何れも成田←→北京間のみ。たまには長い距離のアップグレードを是非いただきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

香港行ってきました

Xianggang
もらえないと思っていた冬休みが急遽もらえたこと、たまには親孝行と思って母親を連れて香港行ってきました。ただし急な出費(しかも二人分)なので節約しようと思ったのですが、物価高に目眩がしました

トランジットでの数時間の滞在とかを除けば香港は実に10年ぶり。一番変わったなぁと思ったところは中国化というか、返還されて10年もたてば当たり前なんですが、以前はあまり通じなかった普通話(北京語)が実に通じるようになっていました。掃除のおばちゃんとかはやはりまだ広東語しか分からないけど、旅行に必要なレベル(すなわち私が話せるレベル)では英語より普通話の方が通じましたね。

また観光客もオフシーズンと言うこともあって(逆に大陸では春節前のシーズンというせいか)あまり日本人は見かけず代わりに大陸からの観光客ばかりでした。例えばレストラン入るとふと周りの人はみんな普通話話していたりと。KCRとかでも広東語-普通話-英語の順番で放送が流れるようになっていました。

それはさておきやはり香港は特に何を見るわけでもなくただ町歩きするだけでも、エネルギーをくれる町ですね。CXのキャッチコピーに香港逃避行というのがありますけど、疲れたりしたときまた「逃避行」に行きたい、そう思わせるような旅行でした。

本サイトには取りあえずお約束の機内食をアップしました。良くも悪くもさすがUAとというったかんじがする機内食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/01

格差社会と言うけれど

忙しいので短く。

国会での小沢一郎の代表質問の第一声。

「日本は世界最大の格差社会である」

テレビ見ていてどっちらけてしまった。小沢一郎、まさか日本以外の国に行ったこと有るよね。行った事があるとしたらその国のエリート層としか接しなかったんだろう。


それにしても柳沢大臣の発言の全文、検索の仕方が下手なのか見あたらない。問題の発言の前後はあるんだけど講演自体の趣旨が見あたらないんだよな。ということは私も含めて全文を見て議論していないわけだ。どこかにテキストにおこしたのがあれば教えて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »