« ニヤゾフ死去 | トップページ | 荻窪二郎 »

2006/12/23

旅先の人々台湾編をUP&年末年始の旅行

旅先の人々台湾編をUP。今回は本当に時間がないうえ、二人旅だったので枚数が少ないけど、一応今後追加すると言うことにして、ページを作りました。

そして広州までは決まっていた年末年始の旅行は張家界を決行。行きは列車、帰りは飛行機です。リスク回避の為には帰りも列車にしたかったんだけど、そうすると張家界出発がすこし中途半端に。これからどこに泊まるか行ったらどう回ろうか検討するところです。

|

« ニヤゾフ死去 | トップページ | 荻窪二郎 »

コメント

こんばんは。
張家界で決められましたか。香港はおあずけですか。
現地何泊の予定で行かれるのかな?列車は何時間くらい乗るのでしょうか?鳳凰には行かれますか?
おっと、質問攻めになってしまいましたね。
私にとって中国は、国としては一番回数行ってる旅先ですが、いつも超短期なので、アクセスが簡単なところばかりになっています。
張家界あたりの情報はまだ少ないので、mustafaさんの旅行記楽しみにしてますね。

投稿: ぴお | 2006/12/24 22:16

結局今回は香港はお預け・・・のはず。
理由は折角長い休みなら、奥地を満喫した方がと思ったからです。香港なら2泊3日でも楽しめますしね。

で、中国国内では最後まで張家界と桂林で悩んでいましたが結局張家界にしました。寒そうなのが難点ですが、GWのラッシュに行くと狭い登山道が渋滞してしまいますし。今のところ12/30出発、その日の夜行列車で翌9:30張家界到着、1/2夜空路広州に戻ってきて12/30の午後と1/3の午前中は広州を楽しむ事にしました。

向こうでは天気、体力、飽き具合で回るところ決めます。鳳凰は張家界から近いと言ってもかなり距離あるので行けるかどうかはまだ未定。手前にある王村という所は90年代に中国語を学んだものなら誰でも知っている芙蓉鎮のロケ地の村なのでそっちは行けるかもと思っています。

それにしてもやはり情報少ない。歩き方も高いホテルしか載っていないし・・・(広州でもバッグパッカーのメッカが最新版では載っていなかったりと高級志向まっしぐらです)

投稿: mustafa | 2006/12/24 22:46

追伸。列車はまだ撮れていなくて明日結果が分かります。きっぷ本体より高い手数料撮られるのが悔しいけどそれでも空路よりやすい&一泊節約になるんですよ。

投稿: mustafa | 2006/12/24 22:48

>香港なら2泊3日でも楽しめますしね。

いいですよね、東京の人は。とか拗ねたりして(笑)。
一度でいいから、香港に一週間くらいいてみたいと思いつつ、私も日数あると、どうしても遠くに行っちゃいますね。
小市民だなぁ...って、使い方がちょっと違うか。

>芙蓉鎮のロケ地の村

おお、それは良さそうですね。
映画ちゃんとは観てないんですが、いい印象があります。写真が楽しみです。

そうそう、順序が逆になりましたが、台湾の人々、いい表情されてますね。
ビジネススマイルじゃないし、かといって、やたら元気一杯ノリノリでもなく、穏やかで自然体で、アジアのいいところが出てる感じですね。

投稿: ぴお | 2006/12/25 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/13172320

この記事へのトラックバック一覧です: 旅先の人々台湾編をUP&年末年始の旅行:

« ニヤゾフ死去 | トップページ | 荻窪二郎 »