« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/30

年末のご挨拶

今年もこんなヘボサイトの更につまらないブログにも関わらずご訪問いただきありがとうございます。

今年も後二日、私は今日の早朝の便で広州に飛びそこから列車で張家界に行きそこで新年を迎えますので、いま徹夜で色々雑用をしているところです。

今年は世界全体ではモラトリアム、あんまり変化がなく変わりばえがしない一年だったような気がします。それはそれで結構なことですので来年もそういう年であって欲しいと思っています。経済的には株価も為替も横ばい、円金利が利上げがあったけどそれで立ち消えといった具合でこれまた変化が乏しかった・・・

個人的には久しぶりの支店復帰となり金貸しをやることになりましたが未だ浦島状態です。これは今年はどうなる事やら。事務はともかく支店の成績を上げなくてはいけない事それが容易でないことが頭痛の種です。

まぁこんな感じですが来年もよろしく。良いお年を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/26

2007年マリーンズファンクラブに関して

マリーンズファンクラブの継続案内が来ていて悩んでいる。
去年はゴールドにしたのだが、ゴールドとレギュラー、6,500円分の差があるのか、価値があるのか少し悩み中。

元々球団経営ひいては我々に感動を与えてくれる選手への微力ながらのサポートの意味があるので、損得勘定はあんまり考えないのだが、全く差がなくただ会費だけ高いというのはあんまり納得がいかなくもある。

たとえばゴールド会員は前売り先行販売とか目に見える形での優位性がないとゴールドの魅力は色あせてしまう。飛行機にたとえると、料金はビジネスとエコノミーの差があるが、実際の座席は指摘されないとシートピッチの差が分からないユナイテッドのエコノミープラスと普通のエコノミーくらいの差しかないのではないか。

続きを読む "2007年マリーンズファンクラブに関して"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

荻窪二郎

今日は世間では特別な日らしいが私には関係ない。とうそぶいたところでここは社会主義国ですか?と思うような行列が出来ていて
1224_1
何事と思ったらケンタッキーフライドチキンを求める列だったり(そんなに食べたければ普段もっと食べてあげろよと思ってしまう)ちっちゃな普通だったら400円くらいのケーキを1000円くらいで売って暴利をむさぼっていたりしてやたら騒がしく鬱陶しいことこの上ない。

そして私はといえば病院に行き、散髪をして本屋に立ち寄り食べたのは・・・荻窪の二郎。。。
Ogikubojirou_1
ここは初めてきたのだが、二郎的には麺がストレートで単なる生ゆでの太麺といった感が免れないのがややポイント低し。その他は二郎的にはあっさり目。また来たい度も残念ながらやや低めかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

旅先の人々台湾編をUP&年末年始の旅行

旅先の人々台湾編をUP。今回は本当に時間がないうえ、二人旅だったので枚数が少ないけど、一応今後追加すると言うことにして、ページを作りました。

そして広州までは決まっていた年末年始の旅行は張家界を決行。行きは列車、帰りは飛行機です。リスク回避の為には帰りも列車にしたかったんだけど、そうすると張家界出発がすこし中途半端に。これからどこに泊まるか行ったらどう回ろうか検討するところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/12/22

ニヤゾフ死去

トルクメニスタンのニヤゾフ大統領死去!キムイルソン級の独裁者として君臨しているうちに一度訪れて見たかったけど、鎖国状態では叶わず。と思っていたら、呆気なく亡くなってしまった・・・

後継者におかれては、鎖国状態を解いて旅行がしやすくなってくれるとありがたいけど、タガが外れて内戦状態というのは勘弁願いたいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/19

日本発全国際便も飲み物持込不可に・・・

ICAOが決めたんじゃしょうがないが日本発の全国際便に飲み物が持ち込めなくなるそうだ。

大汗かき&大水のみの私にとってはちょっと勘弁して欲しい。大体離陸して落ち着いてドリンクサービスが始まるまでに時間がありすぎるんだよな。そしてその他の時間でもいつも気安く頼めるわけではないし・・・
ましてやエミレーツみたいに要領を得ないサービスだと本当大変そうだ。

さて成田ではシンガなどと違いセキュリティーチェックがゲートのかなり手前にあるけど、ゲート近くでもペットボトルとかは売らないのだろうか。もし売っているとしたらそういうのを機内に持ち込むのってどこでチェックするのだろとふと疑問に思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

日航の株主優待

日航の株主優待券、本来1000株しか持っていない私には年間1枚しかくれないはずなのだ。しかし今年は統合記念でもう一枚くれたかとおもうと統合一周年記念とかでもう一枚くれた。

半額と言っても、ノーマルの国内線が半額になるだけなので使い方が難しい。急に行く用事が出来て、割引チケットがなかったり沖縄方面のようにディスカウントチケットがあまり使えない所は別として、使い出があんまりないんだよね。

仕方がないからチケット屋行ったら買い取り価格は1000円だという。売値は6700円なのに・・・

夏なら6000円で買ってくれていたのでその時換金しておけばよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

飛行機の座席配置

飛行機に乗るとき気になるのは座席配置だ。
前にも書いた事があると思うのだが、私は常に窓際を第一希望としている。
なぜなら窓から下界を見るのが飛行機に乗っていてもっとも楽しい娯楽であること、壁に寄りかかって寝れたりと楽な上、占有スペースが大きいこと、他の人が片側に一人しかいないから気分的に楽なこと、一番奥のためトイレに行く人にじゃまされるということがないなどの理由による。自分自身はタンクの容量がおおいのか、乗る直前にトイレに行っておけば欧米線でも途中トイレにいく必要がない。

世間では同好の士も少なからず多いようだが通路側の席も人気らしい。曰くトイレに行きやすい、着いたとき早く降りられるなどらしい。けれども私的には上記の理由故自分がトイレに行くより他の人がトイレに行くことにじゃまされることの方がデメリットが大きいと思っているし、降りるとき早いというのも実際は前の方から順番に降りることが多いから通路側をもって降りるとき早く降りれるというのはないと思う。(同じ列の中なら当然早く降りれるが、それも同一の列のなかでの話)。あと通路を行き来する人やカートにじゃまされることも多い。一度機内食のカートと肘掛けの間に指を挟まれたこともあるので個人的には通路側はあんまり好きじゃないのだ。

B747400ボーイング747のように3-4-3配置なら希望の順に窓際、窓際から二番目=外側の通路側、内側の通路側、真ん中の順番である。窓際の次が微妙なのだが外が見える方が割と安心する方ので、嘘と側の通路側とはほぼ同等とした。それにしても747は以前は海外に行くときは定番だったのに最近では乗る機会が本当に少なくなった。国内線では春に札幌に行ったときに、かつて国際線の花形機で国内線には不要な巨大なギャレーを持つ747-300に乗ったが、国際線では最後に乗ったのは04年に乗ったのが最後だ。

数ある飛行機の中では乗る立場からもっともお気に入りなのはボーイング767である。2-3-2配置なので窓際でも通路に出やすいし窓際でも通路側でもない確率が非常に少ない。機体の規模的にも大きすぎる747やぎゃくに頼りなく見えてしまう737やMD-90などとくらべてもちょうど良い安心感がある。下は767の機内。
B767300


737はアメリカや中国の国内線で乗る機会が多いが最近ではアジア内の国際線にまで進出してきた。どうもナローボディー機は圧迫感があって好きじゃないんだよなぁ。下は737の機内。
B737700
さてエアバスは320シリーズを除き基本的に2-4-2配置。悪くはないのだが真ん中の2席は嫌だなぁ。あとボーイング機に慣れているせいかボタンが意表を突く所にあったりと、どうもエアバスは乗りにくい。
A330200

そして最後に777。航空会社によって3-3-3配置と2-5-2配置がある。3-3-3は747の応用と考えられるので良いのだが最悪なのは2-5-2配置のまんま中の席。これで長時間両脇に体格の宜しい人に囲まれたらもう地獄だ。外の2席ならまだ良いのだが・・・
B777200


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

日本一速いバスはなんだ?

というなぞなぞは子供の頃からあったけど、昨日乗った都バスはなぞなぞまんまの飛ばしぶりだった。

韓国を始めとするアジア諸国旅して帰って来ると日本のバスのとろさにイライラするものだけど、そのバスの運転手は韓国に行っても十分通用するくらいだったよ。ガラガラの環七という道路かつ終バスで早く帰りたいという事情を勘案しても東十条〜野方を20かからないで行けるのは早過ぎの感がしないでもないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/01

ラーメン二郎王子

ラーメン二郎王子

今みたいにあちこちに二郎が出来る前からある二郎で、王二郎の異名は学生時代から知っていた王子のラーメン二郎。王子と言っても神谷、勤務先から徒歩圏と知り、早速行ってきた。

元々量が多い二郎の中でも多いとの噂だったけど、わりと普通の二郎だった。ただし野菜増しだと物理的に盛り上がるだけ盛り上げていたので増さなくて正解。今回は豚も増さなかったが、ここの豚は少ないので次回来るとしたら豚増しにしよう。量だけでなく味その他の要素はわりとオーソドックスな二郎だった。身体に悪そう度も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »