« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/26

転勤・・・

今のポジションに定年迄いられるわけでもなし、いつかは転勤する時が来るのだが、ついにその日が来てしまった・・・隣の円貨の資金繰り担当している人が今月で辞めるので、その人から引き継ぎを受けていたりしてたから、今回はないと思っていたりしていたのでちょっとびっくり。

今のディーラーの仕事は気にいっていたし、支店では入る事が出来ないぬるま湯にどっぷり浸かっていた事もあってそれはそれで残念なんだが、こればっかりはしかたない。

それにしても、浦島状態で支店業務は新入行員並な自分が支店で戦力になるのか、ちと心配

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/24

東京フォレックス上田ハーローを訪問

Toforex

金曜日は休みをもらって(といっても忙しかったので午前中は「幽霊人間」として出勤したのだが)免許証の再発行だとか、通院だとか色々用事を済ませその合間に神田の東京フォレックス・上田ハーローを訪問。

ブローカーさんはもう一社メイタントラディションが有るのだが、こちら以前訪問済み。これに対して東フォレさんは初めて。いつも年末とか挨拶回りとかで来ていただいているのに、こちらは人員が一人でやっていることもあって、いつか休みに訪問しようと思っていたのが今日実現。

ブローカーと言っても何をしているか分からない人も多いかもしれないが、為替のセリ市場みたいなもので良く為替が動いたときにニュースのバックに映っているホワイトボードを囲んで忙しそうにしている人たちといえばおわかりだろうか。NHKのカメラも常設されているので同じアングルで撮ってみた。ブローカーという名だけあって彼ら自身は自分のカネで取引はせず、各銀行のディーラーの注文を取ってそれを仲介する人たちだ。たとえば116.30で100万ドル買いたいなとディーラーが思ったら、ブローカーにさんまる買い1というと、ブローカーが各銀行に取り付けられたスピーカーを通してさんまる買い1本と読み上げてくれる。それをきいた別のディーラーが30で売りたいなと思ったら、ユアーズとブローカーにホットラインで言うと取引成立と、こういう役割をする人たちである。

普段は自分の席の前のスピーカーからプライスをクォートする声が聞こえてくるだけなのだが、実際行ってみると想像していたよりかは活気があった。最近ブローカー経由のボイスブローキングは電子ブローキングなんかに押されて寂しい限りでプライスが全くないことも多いのだが、ちょうどロンドンタイムになりつつある時間だったこともあってなかなか繁盛。ちょっとびっくりというか安心した。

ただメイタンさんが女性のブローカーもいて華やかな雰囲気もあるのに対して東フォレは男臭かったな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

9/18

仕事が忙しくて書きそびれていたけどこの前は9/18だった。常々言っていることだけど、「終戦」記念日や広島に原爆を落とされた日に戦争を思い出すんじゃなくて、9.18なり7.7なり12.8の戦争を始めた日にどうしてこうなったのか反省すべきだと思うのだが、少なくとも今年も大きくは取り上げられなかったな。

外務省のHPが閲覧しづらくなり原因を調べているなんて報道していたけどそんなの中国からのサイバー攻撃に決まっているじゃん。

ところでミクシィを初めて約二ヶ月になるのだが、ログインする度にミクシィの表記の「mixi」が中国語のピンイン(読み方のローマ字表記)に見えてしまうんだよな。

中国に関わる人なら知らぬ人はいないけどmixiはピンインだとミシ。悪気の度合いは人それぞれだけど、日本人と見るやすれ違いざまにミシミシと吐き捨てる中国人は多い。去年も列車の車掌にミシミシ喫了□馬(メシ喰ったか)?と言われ結構むかついた記憶がある。

ミシミシとは日本兵が食料の現地調達(≒略奪)主義もあってメシメシ!と連呼していたことが余程中国人の耳に残ったんだろうけど、元々イ尓喫飯了□馬?(食事は食べたか)が挨拶の民族に言われたくないが卑しさ全開で結構複雑だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

タイでクーデタ?

午前2時の時点でタイでクーデタかとのニュースに驚いています。
タクシンのやり方はあんまりだったからタイ式君主主義がどういう答えを出すのか見物ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

旅先の人々 モロッコ、トルコ編をUP

またまた一ヶ月ぶりの更新。今回は旅先の人々モロッコ・トルコ編
中国でもそうなんだけど、モロッコは働いている人が仕事着で写真に写るのを嫌う傾向が有るみたいで、ものを買った商店なんかでも商店主の写真撮影を拒否されること多々でした。実際は撮影できた三倍くらい撮っても良いか聞いています。そんなわけでモロッコ編は枚数少なめ。

翻ってトルコでは結構気さくに撮らせてくれるこの辺の違いはなんなのかは分からないけど、その土地の人の表情が一番撮りたい私にとってはトルコの人々に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

ラーメン@たいめいけん

ラーメン@たいめいけん

たいめいけんは日本橋にある有名洋食店。洋食店ではあるが、ラーメンもなぜか有名。
脇に立ち食いコーナーもあるのだか20時閉店ということもあって今まで食べずじまいできたがやっと実現。

これぞ東京ラーメンといった感じの澄んだ醤油ラーメンwith紅いチャーシュー。恐らく¨懐かしい¨と形容するのが適切なんだろうが・・・

食べてみてがっかり。スープはコクもなにもありゃしないただ醤油を薄めただけの感が免れないし、麺もベチャベチャ。一杯のラーメン食べに行き食べ終わるのにこんなに苦痛だった事は初めてかも。そもそももともとラーメンとはこういう物で昔の伝統を守っているだけなのかもしれないが、昔の¨東京¨ラーメンになんのノスタルジも感じられず、史料的な価値も見出だせない、豚骨などのコテコテラーメンになれきった自分からみたら、はっきりいって社食や380円ラーメンチェーンのほうが格段に美味しく感じられた。

当たり前の事だが、老舗なら、有名ならなんでも旨いということはないことを再確認した。

ただ本職のオムライスとかの洋食は食べてみたいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

失敗おめでとう

連覇失敗おめでとう!としか書く以外ないなあ、マリーンズ。大体あんな縁起でもないCM作る事に異論が出ないで企画が通ってしまう事が理解出来ないし、休日とは言えシーズン中に何時間もかけて撮影することも選手思いじゃないよ、親会社。昔何とかは小さな巨人とかいうCMもキャンプ中に撮ったというのに・・・

長年阪神のファンしていると優勝の後のはしゃぎ振りとその後の不振というコースは妙に親近感を感じるのだが、どうせ同じようなパターン辿るなら85年じゃなくて03年のタイガースのパターンでお願いします。

しかしそれにしても弱いなあ。いま開幕なら楽天を差し置いて最下位独走なんじゃないの?選手個人は必死にやっているのだろうけどもね。まあ来年の巻き返しに期待して、本当に「失敗」が「おめでとう」になるように頑張ってくれ。あとどうせなら出場機会もなく戦力外とするんではなく、チャンスを与えてやってくれないかな、崖っぷちの選手達に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

桐生にいってきた

18きっぷ最終日の10日、親が使い残した一枚を消化すべく桐生へいってきた。

8時台に出発するはずがお約束の10:30出発。しかし桐生には14時に到着。意外に近い。

桐生はかつて織物で栄えた町であって、織物工場の事務所の近代建築
Top
や、「のこぎり」屋根の工場なんかが点在している。だけど町は悲しくなるほど寂れているというか店はあっても歩いている人や買い物をしている人が少なすぎ
Kiryuu003
Kiryuu004
更に町が宣伝しているほどは残っていない且つ点在しているけど明治時代の古い家や商店も全部合わせれば川越程度はある。
Kiryuu001
町はずれの良い雰囲気の神社でぼーっとしたり、
Kiryuu005
群馬大学の同窓会会館なんかを眺めた後はKiryuu002

上毛電気鉄道の西桐生から
Kiryuu006
前橋に抜けました。(井の頭線のお古が健在)

前橋では温泉でのんびりして帰宅。日曜日の過ごし方としてはなかなか良いものでした。

桐生は観光地としては期待したよりは建物とかはたいしたことなかったけど、またいってみたいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

親王ご生誕

まずは親王と言うことに驚いた。あんまり騒いでいない感じだったのでてっきり内親王って言うことが分かってたのかと思っていたから。

まぁ素直にうれしいね。皇室典範改正問題でもあの¨有識者¨会議の線で改正にならないだろう事も良い事です。(しかしつくづく小泉首相はツイているな。あの案を通していたら国論もまっぷたつ、下手したら倒閣だってありえたんだから)男女を問わず第一子が継ぐというのは私に取っては違和感有りすぎ。そりゃ男女同権の時代に・・・という考えも分かるし、家父長制の家中心の考えに私も同調できないんだけどそもそも一人後継者を決めなくてはいけない時点で「民主」的ではないんだし、第一子を機械的に後継とするのはどうかなと思うわけ。

いっそ清朝みたいに扁額の裏に後継を書くようにして、各宮様競って「良い皇族」度で決めるのはどうだろう。かえってどろどろした宮廷闘争になってしまうか。

いずれにせよまぁ今日の所はおめでたいと言うことにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »