« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/29

万引き

万引きを目撃した。トレーに棚から選ぶスタイルのパン屋で、55位のババァが持参の紙袋にロールパンが7つ位袋詰めにされた奴を直接ツッコミ、そのまま店外に去った一部始終を見てしまった。

正義感が強い私故(笑)、飛び蹴り食らわして店か警察に突き出してやりたい衝動に駆られたが、自分もトレーにパンを乗せていたので、そのままでたら面倒なことになりそうだったし、なにより頭で考えた通りに体が動かなかったし、声も出なかった。

しかしそういうのみちゃうと、気分が悪い。貧しくて食べ物に困り空腹に耐えかねてというならともかく、身なりもよさ気で、万引きをゲーム感覚で楽しんでいるとか万引き中毒のような感じだったから余計にだ。今度万引きを目撃した時こそ(勝てそうな相手限定で←この辺りが人に厳しく自分に甘く、弱くをくじき強気におもねる自分らしくて好きだったりする)正義の鉄槌を下してやりたいなんて思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

GW中国旅行、承啓楼・高頭郷をup

忙しくないはずだったのにほぼ一ヶ月ぶりの更新。

今回はこの前のGWに行った福建省の承啓楼、高頭郷編
承啓楼は土楼の王様といわれているだけあって規模はでかいし、手入れはされているし、生活感はあるというわけで文句なしですばらしい円楼でした。永定の土楼の中で一カ所だけ中を見学する土楼を選べと言われたら、躊躇なく承啓楼を選ぶでしょう。

あと高頭郷では地元のおじいさんに案内していただき、お茶もごちそうになりました。もっと色々話を聞きたかったけどバスの時間が迫ってきていて後ろ髪を引かれました。といいつつ必ず送るといった写真送ってない・・・

結局この日のお昼で永定地区を離れアモイに向かったのですが、もう一泊してアモイには翌日の朝向かえば良かったなと言うのが正直なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

最低の敗戦

インボイス着いた時2−5。そりからの試合はもう・・・

これが優勝目指して首位走るチームと諦めちゃったチームの差と割り切るには余りに情けない試合内容。スコアは2−10でも内容は2−20位に感じた。野球だからみに行った試合全てに勝つ事はないし、ボロ負けもままある。でもそういう試合でも何かいいプレー一つでも期待するものだが・・・ライオンズの溌剌とした守備、食らいつくバッティングと相手ばっかり。

余りのふがいなさにか、レフトスタンドも「西武にはー負けられなーい」すら歌うのも憚れたか出番無し。

こうなったら個人的に必死な奴、崖っぷちな奴優先でオーダー決めて欲しいな

1 センター諸積
2 ショート根元
3 ライトパスクチ
4 DH垣内
5 レフト井上
6 セカンド青野
7 ファースト喜多
8 キャッチャー辻
9 サード渡辺正人

控え竹原、代田、大松とか

投げる方だとバーンや藤田だす位なら内と川崎とかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

エリア43

昨日見に行ったマリーンズ×ファイターズのことは別エントリーにするとして、
ライトスタンドからみてて、もっとも思ったことはライトを守っているパスクチの守備範囲狭い!

普通だったら(多少シフトしていたにせよ)ライト定位置よりややセンターよりかなくらいな当たりまでセンター大塚明が走ってきてカバーしているし、セカンドの青野も高いフライの時は浅めの定位置のあたりまで走ってきていた。というわけで、パスクチの守備範囲をカバーするため他の野手は大変だ。もっともパスクチに取らせるのはどうしてもライトしか取れない所だけ取ってくれればいいと考えて、他の人が取れるところは全て取りに行くと考えているのかもしれないけど・・・

あまりの狭さと、そこに打球が飛んでいったときファン心理がエキサイティングになること、捕れる球でも危なっかしく捕球する様はもはや芸術的な域に達しています。そんなファンタジステックな場所をイチローの守備範囲のエリア51をもじってエリア43と私は呼ぶことにしました。フィールドウイングシートの外野側はフェンスの有無以外は内野自由席の前方とそれほど変わりはなくどちらかというとはずれ席ですが、エリア43を見るにはもってこいと思います。POの幾重を左右しかねないエリア43に要注目だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

祝!コバマサ200S!これからも劇場よろしく!

Kobamasa200s


(写真はマリーンズの選手のお子さんの中で恐らく最も有名であろう愛娘みうちゃんと。しかし遺伝子濃っ!)

行ってきました実に2ヶ月ぶりのマリンへ。通院のため会社を早退したので普通に勤務しているよりあわよくば早めに旧蒸着かと思いましたが、逆に検査が時間がかかりついたときは既に7回。相手は3位争い中のファイターズと言うこともあって、スタンドもPO以来かと思うような熱気。そしてこの日は通算199Sまで積み上げてきた小林雅英が200セーブ達成するかかかっている。

7回から見た割には見所満点密度濃かった。だってたった二回しかみれなかった攻撃も、満塁で点が取れない病と点が取れるならHRと相手が勝手にくれる病なんだもの。たった1点リードの8回の表は2死ながら3塁で田中賢で藤田にスイッチと劇場仕立てで楽しませてくれるし、その裏は里崎のインパクトの瞬間行った!というような実に気持ちの良いHRのあとヒット2本のあと2球続けて死球で押し出し3点差、なお満塁しかも2-3。また押し出しでセーブがつかない展開は勘弁という状況でしっかり空気を読んだ福浦さんはショートゴロでナイスアシスト。

3点差リードとセーブがつく最大点差で満を持して登場の幕張の防波堤こと小林雅英。小笠原ファールで粘るも三振でしとめたあとは、スムーズに行き過ぎちゃ面白くないぜと言わんばかりにセギノールに強烈な逆風がなければHRという当たりのツーベースを打たれて、ちょっと閉幕をのばしてファンを楽しませたあと2者連続三振で200セーブ。

ただのストッパー(最近はクローザーというのか)じゃなくて劇場型ストッパーですから、ストレスも人一倍かかるでしょうし、ずーーとフルに活躍できているのは大したもんだと思います。

いつも決まったルーチンの儀式(帰る前にこれを見ないと勝った気がしない)、あのアラッよみたいな上から投げ下ろすようなフォーム、野球の楽しさとは何かをいつも教えてくれる劇場、負けている相手チームファンと勝っていても味方チームのファン両者が球場に釘付けになる(ビールの売り上げも1/9試合分は貢献)経済効果。どれをとってもあなたは一級品です。これからも最高のパフォーマンス、最高の劇場を期待していますんでよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

ヴァル・パスクチ

Val


当たれば飛びます(あんまり当たらないけど)。守りでは守備範囲にボールが飛ぶと悲鳴が起こりグラブにボールが収まるまでファンはハラハラします。そしてしばしば大事な場面でやらかします。

そんな男ヴァル・パスクチ。8月に入ってお立ち台4回と飛ばしまくっています。今日も2本のHRというかチームの全得点を叩き出して勝利に貢献。(これで来季も残留確定か。)

ファンから見れば天国と地獄を演出してくれる男。こんなキャラがいるマリーンズ大好きです。

コバマサも200セーブまであと一つ。明日は会社早退して通院だけど病院が早く終われば球場へ急行したいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/16

8/15はマリーンズ記念日

8/15は私にとってはマリーンズ記念日でもある。オリ近合併に端を発し、もう一つの統合、一リーグ化構想などで球界が揺れに揺れた2004年、ファンとしては球場に足を運びその動きに反対の声をあげたかった事が主な動機だが、小坂の守備が見たかったのと、千葉ロッテマリーンズという球団が消えてしまう前に一度目撃者となっておきたいという思いもあった事も正直なところだった。

そこで長年ロッテファンをやっている友人に頼んで、初めてマリンスタジアムにつれていってもらったのがこの8月15日。野球は参加型というよりクールに内野で蘊蓄を語るといった野球オタクのイメージだった友人は、見かけによらず外野で熱い応援をする派だったのには驚いたが、とにかく外野スタンドで観戦。初めて観たマリンスタジアムは非常に見やすく、かつスタンドからグランドが近く感じるというのが第一印象。

試合の方は小野晋吾先発もダラダラ点取られ、フランコのまずい守備あり打つ方はベニーの一発だけといったある意味実にロッテらしい試合で敗戦。

こういう試合内容なのに不思議なのだが、なぜか応援したくなってしまう魅力に引かれたのと、頭の中に「コーイチ、ヒット!」がグルグル回ってしまったことなどから、9月に近鉄戦2試合、西武戦を観戦それ以来はまってしまった。

というわけで8月15日は嫌でも区切りの日なのだが私にとってはマリーンズと出会った記念日でもあるのだ。

最近のロッテはあのときのロッテの香りが漂ってきて来いる。日ハムとプレイオフ進出をかけてあきらめずに頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/15

8/15、世間では終戦記念日とかいっているけど、この呼び方私は気に入らない。まるで戦争が自然現象のように、勝手に終わったが如く無責任化している気がしてならないんだよね。正しくは敗戦記念日であり無条件降伏記念日であり国恥記念日であろう。

だからこの日に戦争の¨反省¨をしたり、慰霊の日とするのは私は相応しくないと思う。そういう事をするのはなぜ8/15がこういう日になった原因となった9/18、7/7、12/8のほうがよいと思うのだが、なぜか日本は始めた反省はしないのか゛不思議だ。

靖国参拝に関しては小泉首相を全面支持だが、たまに行くから騒がれるのであって、本来行くべき春秋の例大祭にも、いやどうせなら毎日参拝していただきたい。一番駄目なのが自分で行っておいて反発受けたら止めちゃう中曽根みたいな奴だな。その点小泉は日本の主権を守ったと評価する。

A級戦犯だってどんな人も許す日本的寛容精神を発揮するなら、A級戦犯だけみたいなケチな事は言わず日本兵が殺した中国軍兵士、民間人、更には共産党の烈士はもちろん階級敵人もみんな合祀してしまえばよいと思うのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

映画「胡同のひまわり」を」見てきた

日曜日映画「胡同のひまわり」を見てきました。監督は「心の湯」と同じ監督。「心の湯」同様胡同の立ち退きをバックグランドに、「おはよう北京」や「北京好日」などで描かれているようなまじめで頑固故、市場主義経済化や急速な近代化への対応が出来なかったり、要領よく立ち回れない人の葛藤といったテーマに家族愛や子孫繁栄願望などを上手く織り込んで描いているなあという感想。

ただラストのストーリー展開の処理がやや強引というか、そこまで丁寧に描いてきたのに最後は投げ出してしまったような感じがするのが残念。それまで十分面白い映画でたのしめただけに余計そう思ってしまった。

我愛北京天安門ならぬ我愛北京胡同な私には胡同の生活模様が描写されているだけで嬉しくなってしまうのですが、その点では期待を裏切りません。胡同好きには是非オススメの映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

寝坊!

一週間外貨と円貨と両方の仕事をした疲れたせいか、金曜日には寝坊してしまった。目をさますと既に普段なら電車に乗っている時間。目覚まし時計が鳴った記憶はあるが、それを止めたり二度寝をした意識まではなかった。 最少乗り継ぎ時間ならぬ最少出発時間で家を飛び出しなんとか定時には間にあったが・・

勤めはじめて今まで会社勤めして定時に遅れたのは一回だけ。その時は間に合う時間に起きたのに、時計を一時間読み間違えて呑気に風呂なんか入っていたら、遅刻と実に私らしいというか間抜けな原因だった。

今回の原因は目覚まし時計を止めてしまったことによる二度寝によるものだが、もともと不快な音を発する目覚まし時計を幾つ並べても、どうやら私の身体は脊髄反応してしまい、脳は経由せず腕が勝手に目覚まし時計を止めてしまうらしい。それを防ぐためいつもはラジオを併用しているのだが、今長年愛用していたラジオが壊れてしまっているのだ。

また寝坊しないために帰りにラジオを買いに行った。ラジオが故障した原因として防水仕様でもないのにいつも風呂場に持ち込んでいた事が考えられたため防水仕様のラジオにしようと思ったのだが、なぜか防水仕様のラジオはみんなパステルカラーの安っぽい緑色を基調としたものばかり。どうしてメーカーの人ってこう特定の考えにとらわれてしまうのだろう。有るメーカーだけならともかく何社かみんな同じようなデザインなのだ。

仕方がないので東芝製のを購入。東芝のラジオなんてあんまり聞かないけど案の定あんまり使い勝手良くない・・ちょっと後悔だ。

Img_5568


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

祝!田中知事落選

記者クラブ廃止とかエセ部落予算カットとか評価することはあるのだが、その他の事は彼が思うユニークな考えが世間にはただの意味不明な行動にしか見られなくなっていたし、この前の選挙では更に輪をかけていたから、この結果は長野県民が賢明な判断を下したと評価するべきでしょう。

間違っても知事の枠から解放されたとして新党日本だの人を馬鹿にしたような党名掲げて国政にししゃりでないで下さい。民主党辺りが比例で擁立したらその党には絶対入れたくないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

野球がみたくなって

野球がみたくなって

木曜日の話しですが、野球が見たくなって東京ドームへ衝動観戦。いや、今日部内の抽選で東京ドームの商品券が当たった事、駅前のチケットショップで当日券B指定3700円2枚が2200円で投げ売りされていた事、7月の頭にM×H観戦していらい生はおろかテレビでも見る機会がなかった事、わがタイガースがだらし無い事等の理由が重なったからなどによるもの。

実はドームでタイガース戦観戦初めて。外野が盛り上がっているのはもちろんだが内野は・・・結構微妙。異常に盛り上がっている人とまだら模様な感じですな。相変わらずこの球場のこの席独特の視界を遮る人や売り子は健在でした。
試合のほうはスンヨプさえ抑えればこんなもの的だけど今年のタイガースの拙攻は酷い。去年の日本シリーズが似た者対決と言われたがマリーンズにお付き合いしなくても。

でもジェフがスンヨプを攻めるお手本のような三振や満塁で代打檜山(クリーンヒットはなしで押し出し)とか最後の球児締め(ただしきょう見た限りは凄みはないんだよね)とか盛り上がり、気持ちよく六甲颪を歌う事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

9月分チケット

9月分のマリスタのチケット手配してしまいました。相変わらず指定が無くなるのはやいな・・・本当に売切れなんだろうか

ゲットしたのは13日楽天戦のFWシート、23日日ハム戦の外野と24日最終戦の日ハム戦のB指定席。B指定は三塁側だけどホーム後方2列目となかなか良い席。雨で予備日がどう入るかわからないけどホーム最終戦でセレモニーも見れて、かつ新庄見納めというパターンだとよいなあと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/01

夏の予定だ

そうそうに夏休みを取ってしまったmustafa、しかし夏は楽しみたいもの。通院とかその他諸々のためまだ未定ではありますが、今後の予定をたててみました。

8/4金曜日はマリスタでホークス戦観戦。ファンクラブ特典の内野自由の招待券を消費しようかと。
そしてそのままムーンライトながらで関西へ。京都に宿泊、帰りは初神戸空港。さて何を見よう。

8/19はマリスタでファイターズ戦観戦。

8/25の夜行バスか翌日18きっぷ乗り継ぎで仙台へ。あいにく仙台在住の友人は仙台にいないという間抜けぶりだが、移動手段にもよるけどウマイモノ喰って夜はフルスタで対イーグルス戦見て翌日18きっぷで帰京。

とこんな計画立ているうちが一番楽しい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »