« ヴァル・パスクチ | トップページ | エリア43 »

2006/08/19

祝!コバマサ200S!これからも劇場よろしく!

Kobamasa200s


(写真はマリーンズの選手のお子さんの中で恐らく最も有名であろう愛娘みうちゃんと。しかし遺伝子濃っ!)

行ってきました実に2ヶ月ぶりのマリンへ。通院のため会社を早退したので普通に勤務しているよりあわよくば早めに旧蒸着かと思いましたが、逆に検査が時間がかかりついたときは既に7回。相手は3位争い中のファイターズと言うこともあって、スタンドもPO以来かと思うような熱気。そしてこの日は通算199Sまで積み上げてきた小林雅英が200セーブ達成するかかかっている。

7回から見た割には見所満点密度濃かった。だってたった二回しかみれなかった攻撃も、満塁で点が取れない病と点が取れるならHRと相手が勝手にくれる病なんだもの。たった1点リードの8回の表は2死ながら3塁で田中賢で藤田にスイッチと劇場仕立てで楽しませてくれるし、その裏は里崎のインパクトの瞬間行った!というような実に気持ちの良いHRのあとヒット2本のあと2球続けて死球で押し出し3点差、なお満塁しかも2-3。また押し出しでセーブがつかない展開は勘弁という状況でしっかり空気を読んだ福浦さんはショートゴロでナイスアシスト。

3点差リードとセーブがつく最大点差で満を持して登場の幕張の防波堤こと小林雅英。小笠原ファールで粘るも三振でしとめたあとは、スムーズに行き過ぎちゃ面白くないぜと言わんばかりにセギノールに強烈な逆風がなければHRという当たりのツーベースを打たれて、ちょっと閉幕をのばしてファンを楽しませたあと2者連続三振で200セーブ。

ただのストッパー(最近はクローザーというのか)じゃなくて劇場型ストッパーですから、ストレスも人一倍かかるでしょうし、ずーーとフルに活躍できているのは大したもんだと思います。

いつも決まったルーチンの儀式(帰る前にこれを見ないと勝った気がしない)、あのアラッよみたいな上から投げ下ろすようなフォーム、野球の楽しさとは何かをいつも教えてくれる劇場、負けている相手チームファンと勝っていても味方チームのファン両者が球場に釘付けになる(ビールの売り上げも1/9試合分は貢献)経済効果。どれをとってもあなたは一級品です。これからも最高のパフォーマンス、最高の劇場を期待していますんでよろしく!

|

« ヴァル・パスクチ | トップページ | エリア43 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/11505290

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!コバマサ200S!これからも劇場よろしく!:

« ヴァル・パスクチ | トップページ | エリア43 »