« 盛大なコバマサ劇場 | トップページ | アジア語楽紀行広東話編スタート »

2006/05/29

全打点マリーンズが挙げて読売を三タテ!

昨日、今日と東京ドームで対読売戦を観戦。

まず土曜日の試合から。

その前に初めて野球博物館を見学。狭いからたいしたことないと思っていたら、WBCトロフィーや各チームの使用していた道具、初めての早慶戦のきっかけとなった挑戦状に対する返答日本シリーズのビデオ放映など見所沢山有って、とても友達が来る前の短い時間では見切れませんでした。またじっくり行ってみよう。
Wbc
WBCのトロフィー

Mcorner
マリーンズのコーナーには福浦のユニフォームやコバマサ、久保のグラブなど。福浦活躍の予感がした
Kosakalee
博物館前で出迎えてくれる小坂とスンヨプ


席はB指定席。4月にF×Bを観戦したとき もそうだったのだが、通路を行き来する人や売り子でプレーが見えないこと度々。しかも内野の人工芝が反射して内野のゴロが全く見えない。これで3,700円は高いなぁ。

Domefield
ドームB指定席。通路を行き来する人や内野が白っぽく反射してあまり見やすい席ではありません

試合の方は、堀・福浦・ベニーの三連打による先制→期待していないと間違えて打っちゃうパスクチのHRで追加点→ベニー&西岡のファンタジスタなプレーとエラー、高いバウンドのファーストゴロの間に同点→スンヨプがレフトスタンドの大ブーイングへ強烈なお見舞いとなる逆転打で2-4→これまたパスクチ同様期待できない1割バッターのサブローの芸術的なHRと極端な福浦シフトのお陰による2ベースヒットとベニーの犠牲フライで同点→延長10回に根元のエンドランで貯めたランナーを今日大活躍の福浦、ベニーのタイムリーで勝ち越すとあとはコバマサ登場、スンヨプに軽く接待プレーで2ベースを進呈し普通に四者凡退。いや展開が二転三転見ていて面白いゲーム100回見て何回見れるかというような好ゲームでしたよ。

さて今日日曜日はD指定席、しかも最前列。ここに座ったのは初めてなんですが、視界を遮るフェンスも通る人もないしなかなか良いですね。
Dseat
D指定席からの眺め東京ドームのサイト曰く「2階席両端。応援の熱気を感じ、ホームランの放物線を見ることができます」とのことですが確かにHRの打球が下から来るのが見えるしグランド全体が見渡せるしこれで1,800円は良い席です

試合の方は俊介が制球悪く甘い球を痛打されてはランナーを背負う展開ながらも何とか抑えるという、初回から劇場状態。打つ方は平下が元F1セブンの俊足を生かして併殺崩れの1点に今江、福浦のHRで加点、読売サイドは小坂のタイムリーとイスンヨプの2ランHRで3点、本当はまだまだとられそうだったのですが、直前にベニーに代わりレフトに回った平下の好捕で救われたりと今日は平下は陰のヒーローでした。

そして9回には読売は豊田を投入。コバマサでは1点リードでは苦しいと思ってはいたんですが、いつもの気合い入れの儀式の後の前回登板時浴びたサヨナラHRリピートといった感じで初球を堀がHR!

さて読売の応援はかなりマリーンズのパクリがおおいのですがその最たるモノが大塚明の打席でのGO!GO!大塚明→GO!GO!にーおかやタオル回し。その大塚明に打席が回ってきて「こっちがオリジナルなんだぞ!」とばかりにスタンドはものすごく盛り上がりましたね。その後今江里崎に連続タイムリーが出て今度はタオル回しいつもより多く回っていますバージョンで大盛り上がり。結局1点リードでは怖いなと思っていたら点取りすぎてコバマサにセーブが付かない展開になってしまったのはご愛敬。

Sato1
スタンドのコールに応える里崎
Sato2
もういっちょスタンドに一礼する里崎


結局最後はコバマサ登場ももう8回までで劇場は堪能したでしょうとの配慮からか3者凡退であっさり締め。イヤー昨日は展開的に面白かったけど今日も盛り上がりはすごかった。

Lottebaloon
勝利を祝って飛ぶロッテバルーン

結局この二日間点を入れたのはマリーンズの打点はマリーンズの選手が挙げたのは勿論ですが、読売の点もマリーンズのまずい守備と元マリーンズ選手だけによるようなものなので、気分爽快でした。うーんこれで来週も気分良く労働に励むことが出来るぞ!


Minimarisapo
小さいのに将来有望なマリサポ

|

« 盛大なコバマサ劇場 | トップページ | アジア語楽紀行広東話編スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/10286145

この記事へのトラックバック一覧です: 全打点マリーンズが挙げて読売を三タテ!:

« 盛大なコバマサ劇場 | トップページ | アジア語楽紀行広東話編スタート »