« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/25

円高祭・・・

117円台から115円台へドル安進行を受けて、うちのお客さんは輸入企業ばかりなので、久しぶりに円高祭開催。電話が鳴りやまない繁忙日となりました。

と思ったら今114円台・・・デスクに行くのが恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

札幌に来ています

バーゲンフェアを利用して札幌に来ています。まず札幌ドームにてM×Fを観戦。札幌ドームはちょっと暗めな点を除けば、ドームなのにスペースが広くて快適に観戦できる球場ですね。スコアボードがライトスタンド(ここはビジターがライトスタンド)上方にあるので頭上を振り返るのが面倒ではありますが、外野からだと見えなくなってしまう球場が多い中、ここはきちんと見えるだけでも有りがたいとすべきでしょう。

試合のほうは、2点先制、1点返されたあと終盤もう1点追加するも更に1点返される展開。薮田劇場で寿命が縮んだけど、最後はコバマサが「4」者凡退で締めてくれました。見ていて楽しくもありハラハラもするいい試合でした。

その後ジンギスカンをたらふく食べ、おなかの周りのお肉を追加して宿に帰ってきたところです。食べ過ぎたのと昨日の寝不足でまぶたがくっつきそうなのでこの辺で寝ます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/20

F×B@東京ドーム(取りあえず)

今日は大ボス、中ボス、小ボスが揃っていない比較的暇な月中の早帰り日ということで行ってきました東京ドーム。

着いたとき2回終了既に4-0。見事に新庄の3ラン見逃しました。
やはり新庄効果か、内野自由席は結構な入り。新庄のファインプレーやファイターズの選手では好きな森本ひちょりの活躍がみれたし、純粋に楽しめました。

しかし私の席が悪かったのか、周りの観衆の野球をみていない事・・・
特に私の席の周りの少年野球の関係者ども!酒飲みながらグランドに背を向けてしゃべってばかりいるは、ひっきりなしにお仲間が現れては一々挨拶だの立ち話だのインプレー中にされて、見えないちゅうの!宴会なら外でやれとのどまでどころか舌の先くらいまででかかったけど、あんなのは野球に携わる人のくずだよ。それとドームの構造か、通路にひっきりなしに人が歩くだけでなく立ち止まる。これも観戦の妨げとなった。結局1/4位はプレー見えなかったよ。プレー中は席を立つなとはいわないけど、もう少し自分が観戦を妨げているとの自覚を持って欲しい。今回ほどひどいと思ったのは初めてだが、東京ドームの一つの通路をがカバーしている構造、普段野球を見ない人が急遽押しかけたなどの理由が考えられるが、何とかして欲しい。今度ドームに来るときは通路よりホーム寄りの座席に座ることを鉄則としよう、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

新庄引退表明

実は今日か明日東京ドームのファイターズ×バファローズ戦に行こうかなぁと思っていた。ホームページに予定している野球ネタの素材探しに。

しかしめがねが壊れたので眼鏡屋に行き、ドームへは明日行くことにしてテレビで見ていたら・・・今日行くべきだった。しかし新庄、人騒がせにも程があるぜ。今年で引退とは思っていたけど、なんもシーズン始まったばかりのこのタイミングで発表するとは・・・これで今シーズンを通して新庄を見たいファンの動員を図ると行った新庄流の計算の上なのかもしれないけどなんだかなぁと思ってしまう。(けどやっぱりあの華麗な動きは見に行きたくならせるに十分です。

かれは私の中では今時数少なくなった、「この選手のプレーが見たい」選手の一人。また北海道に移転した当初はイーグルスの選手を誰も知らなかった仙台市民同様に知名度が低かったであろう(ファイターズの選手及びファイターズファンの方失礼!)ファイターズを盛り上げた功績ははかりしれません。こうなったら折角数少ない東京ドームでのファイターズ主催、明日行ってやるぞ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/16

西武のファンクラブ

西武ライオンズのファンクラブ特典は美味しすぎるというか、球団の採算性を却って心配してしまう。

年会費3000円で、記念品としてライオンズ応援ジャージかオリジナルショルダーバッグがもらえる。その他ファンブック(定価1,000円)、平日ゲーム限定だが内野指定席券引換券(3,500円×2相当)、内野自由席券(2,800円×2)更に内野指定席券割引券(3,500→2,000円)、内野自由席割引券(2,800円→1,600円)、外野自由席割引券(1,600円→800円)の綴りがもらえる。しかも来場ごとにポイントがもらえ5ポイント10ポイント20,30,50ポイントごとに内野自由席が2枚もらえる。

はっきり言ってビジターのファンで、インボイスにはたまに(どころか1回)しか行かないようなファンでもメリット十分。西武のファンクラブといっても3塁側に入れるし、指定席などの上位シートは外野など下位シートにも有効なので外野で騒ぐにも使える。記念品のショルダーバックはそれなりのものだけど、ライオンズ色は全くないので敵チームのファンにも優しい(但し西武沿線ではこのバッグを使うのには勇気がいるかも)

ファンにはうれしいのだが球団の経営は大丈夫なのかなぁ。ライオンズ球団は赤字で苦しいはずなのに。しかしスタンドが寂しいよりはまずは埋めることが至上命題だし、この球場はどっかの海辺の球場と比べて食べ物などその他の物販が充実していてつい消費してしまうし(その上球場の周辺にはなにもないから仕方がなく)、西武鉄道を使わざるを得ないからその辺で元を取るのだろうか。

とにかくお得なので入ってインボイスドームへ足を運んで欲しいと思う次第。

それとは別件だけど今日のライオンズ×マリーンズ戦。テレビで見ていたのだが、先発の久保は6-0でリードをしていたのにこのまま終わらせたら折角球場に足を運んでくれたライオンズファンに悪いぜとおもったのか8回裏に4点返してライオンズファンの帰宅の足をとどめると最後は幕張の防波堤改め劇場王ことコバマサ登場。

今日はまるでコントロールが悪くてランナーを出してバッターは昨日ホームランを打っている江藤。ライオンズファンの期待とマリーンズファンの祈りを受けて今度は三球三振。野球の醍醐味である一球の緊張感をいつも演出してくれるコバマサ様、あなたは最高のエンターテイナーです。経済効果を考えたらあなたの年俸は安すぎます。
(どんなに低く見積もっても去年のプレーオフ第二ステージ第4戦、5戦の入場料や交通費その他もろもろはあなたによって創出されたのですから、日本経済への貢献は図りしれません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

満塁で打てた!(L×M@請求書ドーム)

今日は友人Mz氏とMg氏と請求書ドームで観戦。二度寝→寝坊したらお二方はとっくに球場に着いていました。スマンスマン。今日はビジター応援デーなんでマー君たちも出張、Mポイントも付きます。ビジターも入って盛り上がるのだからもっとこういう設定日増やしても良いのでは?特にポイントなんかは常時付くようにするとか(→陸マイラー的都合)

Yabuta
藪田。最近失敗が多いけど神ピッチ復活頼みますよ。

Aono
あれ?青野が打撃練習?一軍帯同しているんだと思いきや・・・
スタメンはこんな感じでした。いきなり1番大松、2番青野・・・塀内に渡辺正人にピッチャー加藤って去年の浦和に福浦とフランコが加わったような布陣にレフトスタンドも歓声と困惑が入り乱れたような反応・・・浦和見に行きたいと言っていたMz氏に思わず「浦和行く必要なくなったじゃん」と言ってしまいました。対する西武も江藤がスタメン。Mg氏曰く今日が誕生日なんだそうですが、そう言う基準で選ぶのかなぁ・・・
Member

結局パスクチと早坂が下に落ちて大松と青野が昇格して1,2番コンビ。
加藤は良いときはよいけど悪いとなぁとネガティブ思考でプレーボール。その加藤は1,2番を完璧に抑えてヨシ!良いときの加藤だと思ったら・・・中島に被弾。

西口はいつもより空振りも取れなくて「調子がいい!」という感じではないのに、(やはり)打てない。この人だけは打てそうな福浦がヒットを打つが・・・結局6回まで来てしまう。そんな中、里崎はいつもなら外角の変化球に手を出して三振と思いきや今日はよく見えているのか2四球。ご本人のblog曰く「もう少しで霧は晴れそうな気がする。」なのか・・・良い傾向と思ったら、7回に先頭でヒットで出塁。塀内が続き、サブロー四球で出胃で満塁。せめて犠牲フライが欲しいところ代打橋本が三振して2死、点差は3点だし打席は今までノーヒット、やはり浦和とマリンの差は大きいのかと思った大松。ため息の準備をしてしまいましたが・・・ここでなんと逆転満塁プロ入り一号弾!スタンドがひっくり返り状態になったのは言うまでもありません。さすが大松、一軍の満塁で点が取れない病にはまだかかっていないようです。
Oomatsu

大松。この直後に満塁弾。

リードしたもののあと3回。藪田不調だし、好調であっても防波堤氏は劇場だし安心できないなぁとは思っていましたよ。しかしGG佐藤を1塁において江藤。ここは一発だけ気をつけろと思っていたので、初球外角低めの変化球から入った配球に「よしよし」と思っていました。が二球目内角高めをジャストミートされ「あー」というため息とともに滞空時間の長いアーチをかけられてしまって再逆転・・・

正直この段階では、ああ今日もジエンド・・・リズムが悪いとこうかねと思ってしまいました。しかし西口が降板、なんとかつけ込めそうな三井が出てくると8回先頭の福浦がショート中島のエラー(相変わらず下手だね)のあとベニーヒット。ここでフランコに代打辻。フランコに代打出したからにはバントかと思いきやここでヒッティングしかも3ベースで再逆転!再びすタンドは歓呼に沸き立つ忙しい展開。さらには里崎が犠牲フライ。この一点は大きかった。今まで犠牲フライでいいところでも全然打ち上げられず点が取れていなかったから。里崎さん本当に霧晴らしてくださいよ。(きょうのエントリーには「まだまだ。ここで油断したらもう1度濃い霧に包まれるだろう」とあるので本当にその意気で頑張ってもらいたい。)

9回は田崎に対して公開バッティング練習開始!打者一巡の猛攻で一挙7点。ライオンズはもうだれも投球練習しないで打たれるに任せる晒し投げ。裏も防波堤が締めてようやく今年初めての二桁得点。去年のマリーンズを見た感じでした。(一方のライオンズも去年のライオンズぽかった)

最後ライオンズが試合を投げてしまって、しまりのないゲームになってしまい、ハラハラ劇場も見られなかったけど実に楽しかったですね。終わってみれば大松の起用といい、辻の代打起用といい今日はボビーマジック炸裂でした。守りのミスもなかったことと、加藤はカブレラと中島以外は今日は良い方の加藤だったのも収穫。(内の演出には目をつぶろう)

浦和の底上げが出来ているのか1軍のレベルが低いのかは知らないけど1軍と2軍の入れ替えはもっとやってもらいたいですね。竹原、根元、早坂、辻辺りがもっとせっついて、サブロー、今江、西岡、大塚あたりもうかうかしていられない状態になればチームはもっと活性化してくれると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/13

G×C@東京ドームを観戦

C×Gのカープサイドの外野席を入手したので、カープファンの友人と観戦。

駆けつけたのは1回カープの攻撃中。既に緒方がHRを打った後なおも制球の定まらない工藤の四球もあって責め立てている途中。そこへセンター前に落ちるかという当たり高橋由伸がダイビングキャッチ!マリーンズファンなら喝采してしまいそうなファインプレーで早くも良いもの見させてもらいましたという感じ。

結局これが犠牲フライになっていいぞと思ったら、その裏1番センター前ヒット、2番小坂PO打1ステージ第二戦を思わせるようなスリーベース→犠牲フライと去年のロッテみたいな試合運びでたちまち同点・・・
味方の攻撃は効率悪くてやっと取る感じなのに敵方はあっけなく取られてしまうという展開には最近やや見慣れた展開ですが、合流した友人曰く「あー今日はここまでだ・・・」

大竹は初回以降は矢野と高橋にHRを打たれるものの、よく頑張っていたと思いますね。結果的には4失点だからそういうべきでもないのでしょうけど。

7回に後を受けた広池がタイムリーでもう1点失点しましたが、あれは新井のエラーをつけたいほどのまずい守備のお陰なのでかわいそうでした。なにせ完全に追いついているのに打球だけがスルスルグラブの下をかすめるのですから。今江のサードの守備って実はすごい上手いんだと言うことを知らされました。というか新井、ボール回しの時から何度もポロポロ落としたりと単純なキャッチボールも出来ていなっかたし、打棒もしめっているしWBCの呪い?

結局カープは8回の表に攻め立ててもう2点返して1点差としたのだから余計このプレーが悔やまれます。
最後は豊田が調子よくは見えなかったけど締めて結局4×5で負けました。広島の打棒はちょっと深刻かも。素人が次はこう来るとミエミエの配球なのに面白いように料理されていました。ただ負けたけど試合内容的にも(追いつかない程度な)反撃もあって楽しかったです。カープファンの友人も喜んでくれました。


しかし清原が抜け、後ろを一応託せる投手を入れただけで随分変わりましたね某読売球団は。しかし今日見た限りはそつはないけどおそるに足らぬタイガースが成敗してくれるぞと思うような感じ。これは交流戦も楽しみだ。

さて今回初めてセリーグの応援チームじゃない外野席での観戦となったわけですが、ふーんここはこうするんだとか、スクワット応援って実際こうなんだと結構新鮮でした。

さらに巨人の応援、もともとマリーンズの応援のパクリですが、今年はそのパクリに磨きがかかっていました。
2ストライク後のオイ!というかけ声さらに5回の闘魂こめて時にはビッグフラッグも・・・これは交流戦の遺恨マッチあおっていますか?と思いましたね。


Kosaka


打席の小坂。返せ~

Formerlotte


元ロッテの並び

Flag


ビッグフラッグまでパクリですか。そうですか。おまけにスポンサーまで付いているし・・・

Carpfan


1点差まで追い上げて盛り上がるカープファン。スクワットこうやっているのですか状態。でも応援歌が最初しか歌われなくてあとはスクワットで名前の連呼だけとは初心者にも優しい。あとなぜか今まで見た外野席の中で女性占有率が非常に高い。広島出身の女性は野球好きなのか、かっこいい選手が多いのか(あんまり多くは思いつかないけど)・・・盛り上がるとそこで野球やっているとは思えない程メガホンの音でなんにも聞こえなくなりました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/08

ベニーウッドゴー

病院から帰ってきてテレビをつけると2-4で負けている。
しかも里崎がバットをへし折るガイジンばりにフラストレーションを全身で表現して(実際やって怪我でもされたら・・・)三振。今江ヒットで出るも打席はヴァル。オープン戦から今までの流れではゲッツーでしょうとかポップフライ?とか想像してしまう思考回路だったがなんとも見事にタイムリーヒット!いやいやまだ負けているやっぱり正人はフライだ(モロはよくタッチアップした)し塀内じゃ期待できない・・・と思っていたらなんと同点タイムリー。

ここで決めきれないところもらしいけど劇場王コバマサもあっさり押さえるとサブローツーベースのあと福浦敬遠でベニー。テレビ見てて「いったー!」と叫んでしまった、きれいなホームランでした。

テレビで見てても涙が出てきそうになったくらいだから球場で見ていたら確実に流していたでしょうね。
今日は投手戦→リード→勝ちを計算し始めたところで同点→逆転→9回同点→サヨナラと劇的なだけあってさぞ見に行った人は幸せだったでしょう。

ここまで今年のロッテは一昨年のロッテに逆戻りだというのがあちこちで聞こえていたのだが、一昨年あって去年なかったのがベニーの活躍。初めて見に行った試合も守備は乱れるは、先発は打ち込まれるは、チャンスに打てないはという中唯一ベニーのHRが飛び出たことが強烈に印象に残っている。どうせ他が一昨年ならせめてベニーも一昨年の活躍を期待したいところですな。

今度の観戦予定は週末土曜日のライオンズ戦。ローテ通りだとまた久保か小野?。宏之はまだなのかな。今のままでは表ローテと裏ローテの差が有りすぎるので、雨とかで少しずつずれていくことを希望したりする。週末行くのにいつも裏ローテだったら観客動員にも響くのでは?(笑)なにはともあれ週末までにライオンズの勢いが止まってくれる事に期待だ。それにだれかじじぃ佐藤を止めてくれ。何はともあれこれからは今日みたいな良い試合を見せて欲しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/07

最近のマイブーム=南インド料理

1月に行った影響から、最近のマイブームは南インド料理を食べること。なにせむこうではまともな食事が殆ど出来なかったからそのトラウマみたいなものなんだが、行くとたった2日間の滞在がよみがえるような気がするのである。

日本のインド料理屋は北インド系が多いのだが南インド系を掲げている店を食べ歩いたりしている。

Meals1
八重洲のダバインディアのミールス。(豆の粉を揚げたパパドに隠れているが・・・)オーソドックスだが美味い

Meals2


こちらは練馬のケララバワンご飯がジャポニカ米なのとサンバル(南インド料理といえばこれと言うべきなベジタリアンカレー)の酸味が私にはきついかなと感じたがそれ以外はgood!しかも1500円とリーズナブル。

Meals3_1


東中野のカレーリーフのサンバルとライスとパパド。サンバルに限って言えばここが私のお気に入り。ここのミールスは要予約なので未食だがいつか食べてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

交流戦対巨人プレオーダー抽選

交流戦の巨人戦@東京ドームのプレオーダーの抽選申込がe+のサイトで受付中(金曜迄)。今年は金土日のナイターなので、特に土曜日は都合が良いので早速申込。

一戦当たり4席迄可能というからまず土曜日のレフト外野指定、第二希望でビジター応援席を申込んで、金曜のもと思ったら、受付不可。三連戦を一公演とみなし、そのなかで第三希望迄受付るというものだったんだね。普段巨人戦なんかチケット取りなれていないから、面食らってしまったよ。

しかし今年もまたレフト巨人応援席なんて設定されている・・・どうせ最後まで売れ残るくせに。あのエリアは定員制にでもして当日住みわけをはかるなどという訳には行かないのだろうか。

それはともかく運よく当たりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

連敗止める

連敗ストッパー俊介登板もリードを許し、追いかけるも突き放され、携帯でチェックするたびにあーあーないやな展開・・・

それを9回3点差を一気に追いつくサトのHR!ネガティブファンはここであっさりサヨナラ負けなんてシナリオ描い手しまったが、延長でベニーちゃん今日二本目で勝ち越し。マサの劇場付きというお約束までつけて(同点、逆転のランナーおいて中村ノリだの北川みたいなホームランバッターはドキドキ度50%増し)いやー何試合分ものごちそうでお腹いっぱいといった感じ。あちこちで一昨年のマリーンズに戻ってしまったみたいだという話が出ていたが、ベニーちゃんも今日の勢いで一昨年の活躍を見せて欲しいもの。

京セラドームの現地で観戦された方はさぞ入場料が安く感じられたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

マリーンズファン+(陸)マイラー

マリーンズファンクラブであるteam26が発足して当初はどのくらいマイラー的にお得なのか今一実感がわかなかったが、公式戦を2試合観にいったところでいったん総括してみよう。

ゴールド会員である私がフィールドウイングシートを前売りで購入した場合、
来場ポイント=150Mポイント
team26 チケットショップで前売り購入=¥3,200=152Mポイント
合計302Mポイント=121マイル。

チケット購入にクレジットカードを使うとUAセゾンに入っているので、
UAのマイルが48マイル
購入にam/pmで引き替え、edyで支払うと16マイル、更にキャンペーン中に付きも16マイル。

合計:ANAが153マイルにUAが48マイル貯まることになる。クレジットカードをANAのカードにすればANAだけで185マイル。これが最大のため率かな。一回観にいって153+48というのは正直すごいというほどでもないけど、陸マイラー的にはこのこつこつが結構後で効いてくる。

チケットの購入方法だが、郵送だと当然郵送料がかかるし、セブンイレブンだと170円の手数料がかかる。チケットレスおよび前売りではなくカモメの窓口で購入するとカードが使え勝つ手数料がかからないけど、平日の途中から入るようなケースでもチケットレス窓口には列が出来ていてストレス貯まる。予約番号など確認に時間がかかるので手こずるためだ。

結局試合まで日にちがあるなら(8日前まで)、チケット店頭引き替えでam/pmで引き替え、edyで決済すると言うのが一番ストレスがかからず、クレジットカードとedyのポイントが二重に貯まるのでマイル的にもおいしい。日にちが迫っているときは並ぶストレスがあるもののチケットレスでカード決済か。当日2時間前を切ってから観戦を決意しかもめの窓口に並ぶならedyが使えるようなのでedyにチャージしておくべし。

あとどうでもいいが、team26チケットショップ、どうやら会員割引で販売するチケットの枚数に制限があるらしく、会員価格で売り切れていても一般価格でなら買えるケースが頻出。こんなことは募集の段階で言っていなかったのだから、詐欺的行為ではと思ってしまいます。

あと球場内はまだedy普及していなかった。端末を見かけたのはグッズ売り場くらい。どうせなら弁当や食べ物でも使えると良いのだが・・・

(edyをお得に使う前提として、felicaを購入し、マイルが貯まるカードでのチャージすることが必要になります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »