« 飛行機を撮ってみた | トップページ | いよいよ »

2006/03/15

西岡のタッチアップ、(あおの審判が見る限り)どう見てもアウトだよ

WBCでの西岡のタッチアップ、あれはアウトだ。勿論実際にはレフトが取ってから西岡は走り始めてはいる。しかしそもそも外野手が取った瞬間ランナーのスタートを確認するなんていう芸当は困難なのだ。そこら辺に審判の恣意が入り込む余地がある。そしてよりによって西岡のスタートはすばらしかった否すばらすぎた。(シーズン中も見せてね)実に見事なスタートだった故に白を黒と言いくるめられる隙を与えたのだと思う。

これは国際試合という名目の国内試合であって、しかも相手の地元審判まで相手国という状況下では、ボクシングだって明らかなKO勝ちでなく微妙な判定勝負だったら地元が勝つに決まっている。ああいう状況下ではよすぎるスタートを切るよりも有無をいわせない取ってワンテンポ位のスタートぐらいでちょうどいいのではないかと思う。(浅くてそう言う状況でなかったの先刻承知だ)きれい事が通るのは身内の間だけ。国際試合というのはそう言うものだと分かっただけでも今回は言い教訓になったと思う。そこで勝つのはそれなりのしたたかさが必要だということだ。

まぁ終わったことは仕方がない。どうやら神様は見ていたようで、今日は韓国がアメリカに見事なKO勝ち。日本は2連勝することは勿論だが、大量失点しないで勝つことが求められる。逆に言えば今日アメリカが韓国に7点取られたことでそれより取られなければ良いこと、韓国もからみても最後の日本戦で大量失点しなければ必ずしも勝つ必要がなくなる状況に立てることなどを考慮すると、かなり面白くなってきたのではないか。日本と韓国が勝ち上がってくれて見下してやるためにも投手陣の皆さん頼みましたよ。

私としては今回の事件がきっかけになって猫も杓子も大リーグではなく、日本のプロ野球が見直されるようになってくれればうれしいんだけどね。それにしても野球はサッカーと比べても審判が判定を一つ一つ下す場面は多いのだから今からでも、その他の国同士ならアメリカ人の審判だけでやっても構わないからアメリカが絡む試合に限ってはアメリカ人以外の審判がやるという風には出来ないのだろうかと思う。

|

« 飛行機を撮ってみた | トップページ | いよいよ »

コメント

マギーです。どうも。

2年前のアテネオリンピックのときとかも「疑惑の判定」というのが取りざたされましたが,今回は主催国アメリカで,ご丁寧に審判までアメリカ……ま,オリンピックと比較するだけでもナンセンスかもしれないけど,「国際試合」での1点…いや一挙手一投足の重みがよく分かったような気がします。
というのも,3点を日本が先制したあとで,上原投手が一発を浴びましたが,明らかな失投だと思うのです。シーズン中でもああいう一発を浴びるケースを見かけたので,そのクセみたいなのが大舞台で出てしまった印象を受けました。普段でしたらああいうのがあっても,最終的には上手くまとめていくんですけどね。
でも,あれがなければ,9回は同点で終わったかもしれないですから,上原投手が油断したとは言わないまでも,やっぱり失投・失策はトーナメントでは命取りですよ。

無論,西岡選手のタッチアップは間違いなくセーフか,100歩譲って同時。氏も指摘していましたが,あれだけ余裕でホームインできていたなら,多少余裕をもってタッチアップしても間に合ったかな。

投稿: マギー | 2006/03/15 11:31

ごめん。氏の指摘していたのとニュアンスが違いましたね。でも,西岡選手の足ならば多少遅れても大丈夫だったかな~って気がしないでもなかった,ってことです。

ちなみに,落とせないメキシコ戦には快勝したようです。よかった。日本で本塁打を打ったのは里崎選手,唯一の失点の本塁打を浴びたのは藪田選手……今回の西岡選手ともども,ロッテ選手の名前ばっか。ま,最大拠出人数で行っているんだから当たり前か(笑)。

投稿: マギー | 2006/03/15 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/9094211

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡のタッチアップ、(あおの審判が見る限り)どう見てもアウトだよ:

« 飛行機を撮ってみた | トップページ | いよいよ »