« またもや東京ドームでF×Mを観戦 | トップページ | 今カシュガル »

2005/07/07

感動した!(東京DでF×Mを観戦3rdラウンド)

確信犯的に今日も東京ドーム参戦。今日は会社を前二戦より早めに脱出したためドームについた時は初回のMの攻撃中。外野レフトスタンド真ん中やや左目中段に座ることができた。ドームの外野、自由席だと一人頭のスペース小さいこと、ベンチシートタイプで座席が連続していること、通路が狭いことなどにより通路から離れている所は結構空いているように感じた。

さて着席したころ二塁に堀を置いてベニーのフェンス直撃弾!と思ったら新庄がマリサポも拍手喝采なジャンピングキャッチ。この男ここまで打てる気しなかったのに調子に乗ってしまい初回にいきなり2ランHRを放ってしまう。その前にも坪井内野安打→盗塁→悪送球で三塁へ→捕逸と何だかな・・・という点の取られ方をしていたこともあって初回からいきなり3点のビハインド。打つ方でも5回まで見せ場無しと昨日のいやな流れを引きずっている感じがした。

先発小野は初回こそ3点とられたけどその後は粘りのピッチングで試合を壊さず無失点で抑えるとマリーンズに流れが来て6回、7回満塁のチャンス。しかしいずれも犠牲フライ一つあげれば良いケースでベニーと今江が併殺で結局福浦の押し出しによる1点しかとれず、レフトスタンドからはため息が漏れる。9回もベニーフランコと倒れ、万事休すかと思われた時里崎がヒット。しかし続くイスンプも追い込まれ、正直私は落ちる球にバットが空を切ってゲームセットというパターンを想像してしまいました。しかしそこでバットに当たってボールがライトにあがったのは分かったが、ファールか上がりすぎでライトフライと思ったものでした。事実スタンドはシーンとなってしまいどうなったか分からなかったのですが審判が手を回すともう歓喜の渦に巻き込まれて胴上げまで始まるすごいことに。

まさに起死回生とはこのこと。正直ここで打ってくれると思わなかった。イスンヨプよ、凡退を想像してしまったダメファンをお許しください(。あとでテレビ見たら本当に落ちるフォークを上手く打っていたことが判明。やればできるじゃないの。)こうして同点に追いついてもつまんない点を取られると追いついただけに落胆も大きいが、9回は藤田、藪田がピシッと締めてくれた。

こうなればもう流れはマリーンズのもの。今江の狭い一塁線を破るツーベース、続く西岡のバント失敗だけどサードへの送球がそれて結果オーライ、堀四球で無死満塁。福浦は完全に打ち取られたのにピッチャーのグラブをはじいたおかげで1アウトのみ。その間に三塁走者生還、そのあと(やっと)ベニーの二点タイムリーが出て6-3に。
10回裏は小林雅が打ち取りすぎてボテボテな内野安打1本に抑え危なげなくゲームセット。

今まで野球を見てきて生でここまで盛り上がる、良い試合は初めての気がする。昨日は正直金返せと言いたかったけど今日は三倍払ってもいい気がした。こんな劇的な試合はサッカーじゃ見られないでしょう。いやー野球って楽しい、そう思わせてくれる一戦でした。

ただ今日の試合も、送りバントをきちんと決める、走者三塁の時に最低限犠牲フライを上げるといった基本的なことができれば楽に勝てる試合でした。今日の勢いは持続させつつこういう細かい所もちゃんとやってね。
初回の3点のあと良く立ち直り8回まであとはピシッと抑えた晋吾、きっちり仕事をして逆転の機運を高めた藤田・藪田は良くやりました。

|

« またもや東京ドームでF×Mを観戦 | トップページ | 今カシュガル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/4861344

この記事へのトラックバック一覧です: 感動した!(東京DでF×Mを観戦3rdラウンド):

« またもや東京ドームでF×Mを観戦 | トップページ | 今カシュガル »