« 女性専用車輌に反対 | トップページ | GW韓国旅行旅行記をup開始 »

2005/05/21

まただけど、民主党にはあきれた

郵政改革がらみで民主党の行為に我が目を疑ってしまった。議長入場を阻止なんて安保改定時の乱闘国会じゃ有るまいし(しかもテレビよく見るとニヤニヤしながらやっていてパフォーマンスというのが見え見えなんだな)、一切の審議拒否って政党としての資格要因満たしていないよ。政党除籍金返還しなと言いたい。ちゃんと本会議に出席した上で反対票を投じている共産党がとてもまともに見えてしまう。

しかも議員総会かなんかで「特定郵便局長の支持を得るように」なんて全く空気読めていないな。民主党は官公労と特定郵便局長会を中心とした守旧派の利益を代表し、大きな政府を守りますとちゃんと看板掲げよ。選挙の時だけ耳障りのいいこといって改革派を標榜するのは金輪際やめてもらいたいし、有権者も民主党に投票するという行為は彼らを助長することに責任を持つという行為他ならないと言う事を自覚して欲しい。いつも言っていることだが、官公労と完全に手を切り、階級政党ではなく国民政党とならなければ、政権をとる資格はないし支持することは絶対出来ない。

とにかく審議くらい応じて、自党の意見を主張すれば良いではないか。菅直人が代表やっていた頃の方が遙かにマシだったな・・・

|

« 女性専用車輌に反対 | トップページ | GW韓国旅行旅行記をup開始 »

コメント

岡田かつや代表は自治労族議員の五十嵐文彦らを抑えられない。自治労の利益と国民の利益は相反するという意味において、自治労は反国民的組織である。その利益代表である民主党は反国民的政党と言えるのではないだろうか。

投稿: 獅子 | 2005/05/29 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/4214024

この記事へのトラックバック一覧です: まただけど、民主党にはあきれた:

» 郵政民営化について考える(第五回) [考える葦のブログ]
郵政民営化特別委設置 法案修正が焦点 民主、社民は審議拒否 (産経新聞) - goo ニュース 「郵政民営化法案」、世論の関心が高まらないまま、いよいよ国会での審議がスタートします。新聞等で報道されている通り、衆議院での法案を審議するための「特別委員会の設置」が可決されました。 まず「特別委員会」って何? と基本的な話からしますと、衆議院のホームページの「国会について」の中で少し説明がありました。... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 21:30

« 女性専用車輌に反対 | トップページ | GW韓国旅行旅行記をup開始 »