« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/30

ロッテ×横浜戦を観戦

本日は布教活動(笑)も兼ねて、友人と千葉マリンスタジアムでロッテ×横浜ベイスターズ戦を観戦。混雑が予想されていたので、外野席を前売りで確保し早めに球場に出向いた。チケットも完売までにはなっていなかったようでGW程ではなかったものの、やはり混んでいて列に並ぶ人からも戸惑いの声が上がっていた。更にロッテサイドの観客が多かったため、レフトスタンドに柵を設けて応援席を設けていた。このような柔軟な対応や、場内整理もまえよりはだいぶスムーズで、運営側もだいぶ「混んだ」マリスタに慣れてきたような感じがした。

試合の方はいきなりベイの1番石井琢が粘って選んだ後送って早速ピンチ。前の日いやな負け方したので、ここで先制されるといやなムードになるところだが、ここは渡辺俊介、後続はしっかり抑えた。こうなるとなんだか負ける気がしない。西岡が内野安打で出て、足で挑発するともうベイ先発那須野はストライクが入らない。満塁にしたところで里崎が一発(スタンドから見ていたときはHRになるようには見えなかったが、あれ?なんで外野が追うのを途中でやめるのと思ったらスタンドインだった)。スタンドは歓喜にあふれ、俊介なら今日はもらったと誰しも思っただろう。

そのあとは西岡、李スンヨプのHRとすべてHRによる得点にスタンドからは思わず巨人みたいだと声が上がったが、その後は前回めった打ちにした加藤に抑えられた。俊介の方もエラーがらみで3点を失ったものの、あとは8回までかわして、9回はコバマサがいつものように「演出」の上抑えた。俊介は前回と比べるとさすがに研究されていた感じがして、楽勝という感じではなかったけど要所ではズバっと決めていたのと、唯一怖いバッターのように感じた多村は確実に抑えていたのがポイントでしょうな。なんか抑えているという実感がわかないまま結局8回まで投げてしまったかんじでした。あとはピンチ時に珍しくファインプレーしたフランコはグッドジョブでした。打つ方はダメだったけど・・・

試合とは関係ありませんが、5回の余興でマー君とホッシー君の競争でマー君が転んだ際頭のかぶり物がとれてしまい、スタジアムが爆笑で包まれた(さすがに中の人はすぐ顔を伏せて係員が慌てて顔を戻していましたが)のと、先日大ファインプレーをして今日が誕生日の諸積に大きな声援が送られていたのが印象に残っています。あとは里崎のヒーローインタビューでのパフォーマンスでしょうか。

i-modeサイトから転載すると・・・
Q 初回満塁の際はどのような気持ちでしたか?
A 今日は初回から美味しい場面が僕の所に回ってきたなと思いました。
Q 打った瞬間は?
A 今日のお立ち台は僕だなと確信しました(スタンド大爆笑)
Q プロ入り初の満塁HRの感想は?
A マリンのお客さんの前で打てたのがホントうれしいですけどいつもソロばっかりだったので出迎えが4人もいてうれしかったです
Q 気持ちよかったですか
A そうですね。でもHRを打つよりここに立つ方が気持ちよいです。(以下中略)

ホントに日曜日のお客さん満員の中でHRも打つことができて、チームも勝つことができたので嬉しいです。このあとマリンスタジアム正面玄関前で俊介と二人でライブをやりますんで、今4時なので30分後マリンスタジアム正面玄関前二人で歌います!

とそのあとライブステージでWe love Marinesと夢への翼を歌って大歓声に応えていました。里崎がノリノリで俊介を無理に引っ張り込んでいるようにも見えましたが、その割には俊介も上手く歌っていた感じがしました。

しかしロッテの選手ほどファンの声援に応えている選手はいないですね。(ホークスとカープ、ドラゴンズの試合は生では見たこと無いけど)それに得点時や勝利時その他知らない人同士でも話し合ったりハイタッチで喜びを共有できるロッテファンもファン気質としては非常に素晴らしいですね(これは外野席での観戦を経験した球団が少ないので比較は避けますが)

ところで今日一緒に行った友人は楽しかったとは言ってくれたが、本当はどうだったのかやや不安。あわよくば今回をきっかけに改宗して頂きたいものです(笑)

というわけで私に布教活動を受けたい方、是非今度マリスタ行きましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/05/29

GW韓国旅行旅行記をup開始

長らく停滞していた本サイトの更新ですが、今日ようやくGWに行った韓国編のUPを開始しました。ここん所忙しくて(仕事自体は期初が一段落してからは落ち着いて「忙し」くはなかったものの、暇を見つけては野球を見に行ったりしていたためなかなか余暇の時間が他に取れなかったためです。

エジプト編、ウズベキスタン編、そして去年のGWの韓国編が中途半端なまま放置してしてある中、更に新しく書き始めるのはためらいがあったのですが、勢いで書き始めてしまいました。

今回の韓国旅行では3日間で半島の南端まで行って引き返すという後から振り返ってみると慌ただしい、移動ばかりといった感じでしたが、町歩きも楽しめましたしとても充実していました。また今回とんびさんのサイトのオフ会に参加させて頂いたのですが、とても楽しい時間を過ごさせて頂くことが出来ました。とんびさん、改めてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

まただけど、民主党にはあきれた

郵政改革がらみで民主党の行為に我が目を疑ってしまった。議長入場を阻止なんて安保改定時の乱闘国会じゃ有るまいし(しかもテレビよく見るとニヤニヤしながらやっていてパフォーマンスというのが見え見えなんだな)、一切の審議拒否って政党としての資格要因満たしていないよ。政党除籍金返還しなと言いたい。ちゃんと本会議に出席した上で反対票を投じている共産党がとてもまともに見えてしまう。

しかも議員総会かなんかで「特定郵便局長の支持を得るように」なんて全く空気読めていないな。民主党は官公労と特定郵便局長会を中心とした守旧派の利益を代表し、大きな政府を守りますとちゃんと看板掲げよ。選挙の時だけ耳障りのいいこといって改革派を標榜するのは金輪際やめてもらいたいし、有権者も民主党に投票するという行為は彼らを助長することに責任を持つという行為他ならないと言う事を自覚して欲しい。いつも言っていることだが、官公労と完全に手を切り、階級政党ではなく国民政党とならなければ、政権をとる資格はないし支持することは絶対出来ない。

とにかく審議くらい応じて、自党の意見を主張すれば良いではないか。菅直人が代表やっていた頃の方が遙かにマシだったな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/05/17

女性専用車輌に反対

今月頭から私が通勤で利用している西武線に(も)女性専用車輌が導入された。はっきり言って私は反対である。痴漢や盗撮行為は断じて許せない事だが、イスラム圏じゃあるまいしだったら隔離と言うのは理解出来ないし情けない。

しかもその女性専用車輌は空いている。必然的にその次の車輌はとても混んでいるし、電車全体的にも混んでいる。

鉄道会社は女性専用車輌導入のまえに例えば警備員を同乗させるなど痴漢盗撮対策をしてきたのか疑問である。私には自らの怠慢のツケを乗客に払わせているようにしか思えないのである。それと日頃原理的に男女平等やらジェンダーフリーを叫んでいるフェミニストの方々はどう思っているか聞いてみたい。日頃声がデカイこういうひともこういう時は大人しいんだよなぁ。まあそういう事を言いそうな人はえてして痴漢などのターゲット対象外だったりするからあんまりなんとも思わないのか・・・(って書くとセクハラだとは言いそうだけど)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/05/16

今さらながら交流戦ロッテ×阪神

結局ロッテと阪神の交流戦は3戦連続観戦してしまいました。1戦2戦はロッテの良いところが、逆に3戦はロッテの悪いところが出た感じがしました。先発陣は両チームとも頑張っていたと思いますし(変化球の曲がり方が今一身体で分かっていないのかどのピッチャーも変化球の決め球が良く決まってスイングを取れたように見えました)、中継ぎも頑張りました。しかしやはり守りでミスをした方が負けるという、当たり前の法則が証明されてしまった感じですね。

盛り上がったところとしては1戦目の小坂、2戦目の西岡、赤星の足(いずれもバッターよりもランナーへの声援でこんなに盛り上がるとは思いませんでした)、DHの恩恵を受けた濱中の打席、2戦目の藪田の3者連続三振でしょうか。(兄貴金本のHRは球場到着前に飛び出し立ち会えなかった)

他に第1戦の大塚、赤星、久慈のファインプレーはさすがお金を払って見る価値のあるプロのプレーという感じでした。阪神の守備陣、フランコの時パリーグの他チームではこんなに極端に寄らないと思うほど右より(ショートが2塁ベース後方、セカンドがファースト後方)にシフトをしいていて、狙ったとおりにさばいたのが印象的でした。こういうのも隠れたファインプレーでしょうね。

RIMG13985

RIMG14000


RIMG14010

スタンドは両外野スタンドは勿論入っていたものの、指定席、特に内野2階は思っていたよりかは空席が目立ちました。指定された席は順番に割り振られていましたが、席は全然余裕があるので他の席に移ったほど。内野も含めて阪神ファンがロッテファンの1.5倍ほど来ていましたが、阪神ファンの立てる音は凄いですが、殆どがメガホンに寄る騒音・・・声の声量ではロッテファンの方が明らかに大きかったし、阪神ファンの声援が特に歌の部分はなんて言っているか、わらないのに対してロッテファンの声はキャッチャー後方の席でも明確に分かる感じで改めてロッテファンの偉大さを思い知らされた3日間でした。阪神ファンは本家広島を奪った本家ジェット風船あげが凄かった。あげるとき球場が六甲颪を流してくれるのですが、もう少しボリュームをあげてくれるとよりもりあがった感じがします。

どちらのファンでもある私としてはどっちが打っても喜ばしく思うという妙な展開でしたが、3戦通せばどちらの良い面も見れたという意味では大変満足行く3連戦でした。交流戦は頼寝も是非やって欲しいものです。

余談ですが、昨日家族とNHKのサンデースポーツ見ていて凍り付きました。ロッテのフロントの営業さんの密着取材をやっていたのですが、打ち上げ花火に湧くスタンドと花火の具合を確認するというシーンで、1戦目2戦目とも私が危うく映るところでした。当日は花火を見るのに夢中でテレビカメラで撮っていることに気がつかず、かつ実は家族にはこの3連戦は野球を見に行ったことを内緒にしていて、残業で疲れたという風にしていたからです。幸いアップで写りはしなかったけど、あと少しカメラアングルが右に行ったらと思ってヒヤヒヤでした。私の3つ前の席に座っている人がアップで映っていたから、本当に危なかった。

マスコミの人も下手にアップでスタンドを映すと迷惑が掛かる人がいるかもしれないという配慮が欲しいです。
え?やましいなら球場に行くなって?そうとも言えます・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/11

交流戦ロッテ×阪神を観戦

交流戦ロッテ×阪神行ってきました。

気合いで自分の仕事を片づけ、まだ忙しそうにしている職場を抜けて(職場で一番に帰るのは初めてかもしれない)いざマリンスタジアムへ。プレーボール直後に滑り込みました。席は内野B(3000円)二階席ながらホームベースの真後ろで、カーブの曲がりなどがよく見える席でした。

試合は初回小坂がエラーで出て、盗塁、堀が進塁打のあと福浦タイムリーと今年のロッテらしい足を活かした後つないで返す野球で先制。3回にも小坂二塁打のあと堀のヒットで一気にホームイン。4回には橋本のヒットをスペンサーの緩慢な守備で二塁打にしたあとで今江がツーベース。風にもどされなければ行ったと思うようなあたり。

あとはランナーは出るものの、両チームとも決め手に欠け、最後は小林雅の演出により球場を盛り上げたところで3-0で終了。サブロー、大塚、赤星、久慈の好プレーもあり見応えがあった試合でした。四死球が両チームそれぞれ1つずつと締まっていたのもナイス。阪神が赤星が塁に出ず足を使えず4番金本5番今岡がそれぞれ猛打賞なのにその前にランナーが出ず、その後もスペンサーが打てなかったことが勝敗を分けた感じがしました。

あと小野が2-3でもボールを振らせてたのに対し、福原は荒れてない故にタイミングを合わされたような気がしました。この辺も大きかったですね。

明日以降赤星の盗塁も見てみたいものです。

とにかく両チームのファンとしてはどっちが打ってもうれしいという妙な感覚でした。ロッテの思うようにやっていたケースが多かったですけどね。

明日も好ゲームを期待したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

明日とは10 日(火)の事です

昨日原稿を書いたのにアップが遅れてしまい表現が正しく無くなってしまいましたが、千葉ロッテ×阪神の交流戦は本日10日火曜日からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日からロッテ×阪神の交流戦

明日から千葉マリンスタジアムではロッテ×阪神の交流戦が3連戦で行われます。ロッテの前身毎日オリオンズ誕生時主力選手を阪神から引き抜いたため阪神が弱くなったと恨むオールドファンもいるようですが、今の選手はそんなことは知るよしもないでしょう。

この両チーム、実は相通じるところが多い。この20年間の順位はロッテが24566 56655 25664 55444、阪神が13665 66244 66566 66414と阪神が85年と03年に優勝しているものの、85年以降は突発的に2位になったことがある年が一年あるだけで、あとはBクラスに低迷。チームが弱いときの楽しみ方、応援の仕方、その弱いチームがたまに勝ったときの喜び方などにも相通じるものがあると思います。ロッテも阪神も大型連勝のあとに大型連敗するというイメージがありますしね。(苦笑)

応援スタイルは対極的にあるものの両チームともファンの熱血ぶりは双璧をなすし(ロッテファンの方が客観的にいってお上品なのは否定できない事実ですが)、ユニフォームもホーム用は両方とも白地に黒の縦縞に黒い帽子。球場が海に近くて(千葉マリンほど甲子園は海に接してはいませんが)浜風が吹く。チームの勝ちパターンも機動力とつなぐ打線に投手陣が頑張るというような感じだし野手のポジション争いも熾烈でチーム内で競い合っているなどチームのスタイルも似ている。

千葉マリンスタジアムで7回に六甲颪が響くなど、想像しただけでもワクワクしてしまうではないか。願わくはどうせならこの交流戦を機会に、マリーンズファンはセリーグでは阪神を、阪神ファンはパリーグではロッテを第二のファンとして応援するようになって欲しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/09

交流戦横浜×千葉ロッテを観戦

横浜の近代建築を見ようと、関内エリアを訪問。折しも関内駅前にある横浜スタジアムでは交流戦の横浜×千葉ロッテが開催中。本当は今週の阪神との交流戦を観戦する予定なので、観戦するつもりはなかったのだが、確信犯的にこの日を選んで関内を訪問してしまった事もあり、やはり虫がうずいてしまい、長蛇の列にならんでしまった。

内野B(3500円)は外野より内野席上方。席につくと早くも早速西岡が二塁打、ベニーのタイムリーが出る。レフトスタンドのビジターユニフォームで身を包んだカラス軍団はフランコの3ランホーマーで、もう勝利を確信し最高に盛り上がっている。
0505090001

しかも投げるはサブマリン渡辺俊介。今日はストレートも127Kmが出るなどいつもより速く感じるほど、4点のリードは十分すぎるように感じた。ここ数ゲーム湿っていたマリーンズ打線だが、俊介が投げればよく打つ法則に加えてここまで1勝3敗の加藤レベルのピッチャーだったら容赦なく打ちまくる。それも西岡が打って福浦が選んでベニー、フランコが返す理想的な展開。イスンヨプ、橋本にまでHRが出て5回の表で15対ゼロ。速くも福浦、ベニー、フランコを休ませ3番井上純、4番大塚5番サブローと守備固め。さらには今江に代わってサード初芝(これも守備固め?)を起用してスタンドを更に盛り上げる心憎い演出もあって結局18対0で俊介が完封。
0505090000
0505090003

今日はマリーンズのいいところがすべて出た感じ。サブローが隠し球に引っかかるというミスはあったものの、守りのミスもなかったし。そういえば隠し球を生で見たのは初めて。私も目を離していて現場は見ていなかったので、突然ベイスターズの選手がベンチに下がったときは、テロとか何か事故が起こったのかと思ったほど。今度はちゃんと現場を目撃したいと思った次第。

M 403 630 200 18
Y 000 000 000  0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »