« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004/11/28

日中首脳会談は不要

他のblogでも話題になっていたけど11/23の讀賣新聞の編集手帳がいいこと書いているので消える前に記録のために転載させて頂く。

以下11月23日付讀賣新聞編集手帳:

反面教師という言葉がある。その人自身の言動によって、こうなってはならないと悟らせてくれる人をいう。岩波書店の「四字熟語辞典」には、「中国共産党が革命運動を続けていくなかで使われた語」と説明されている◆さすがは、その言葉を生み育てた本家というべきだろうか。チリのサンティアゴで小泉首相と会談した中国の胡錦濤国家主席が、反面教師として教えてくれたことは興味深い◆胡主席は首相の靖国参拝を批判し、「日本は歴史を鑑(かがみ)にしなくてはならない」と述べた。百歩譲って、いまの日本が歴史を鑑にしていないと仮定するとき、その日本はどういう国に成り果てるだろう◆平和の大切さを歴史から学びそこねて、例えば、軍事費をやみくもに増やす。例えば人権を軽視し、国民が政治活動をする自由を制限する。例えば、よその国の領海を侵す…◆思いつくままに挙げてみれば、何のことはない。どれも中国がしていることである。「悪いお手本をまねてはいけませんよ」。胡主席は、親切にも教えてくれたのだろう◆防衛費の伸びはマイナス、政治犯や思想犯は存在せず、領海侵犯などしたこともない。歴史を鑑にするという点では優等生ともいうべき日本に、靖国問題という教材にもならぬ教材で講義を一席ぶつ。反面教師の先生も、なかなか楽ではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民主党などの野党は中国と首脳交流がないのは小泉首相のせいだと攻撃しているが、全く当たらない。単にいちゃもんをつけるために靖国神社なる問題を作り出しているような国といくらほほえんで握手する映像撮ってもなんの身のある中身は話し合えない。あるとすれば中国の言うことを聞いて朝貢の姿勢を示すだけである。そもそも首脳交流がなくてもなんの支障はない。却って無駄な儀式などのコストが節約されていいことだ。革命や文革で平気で人殺しをやってきた中国共産党はA級戦犯がどうこうなんて言える立場ではないのであるから、小泉首相にはこれからも靖国神社を毎日でも参拝して頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月韓国旅行ソラク山その2up

韓国旅行を更新。今回はソラク山の後半部分です。飛龍瀑布へ向かうコースは赤くなり始めた紅葉が美しく、また絶壁に囲われた形になるせいか静かで落ち着いたハイキングコースでした。

実はこの日束草上空のしかもかなり低空を対潜水艦哨戒機のP-3Cが飛び交っているのを何度も目撃したのですが、帰国後ニュースでり北の潜水艦が近海に出没していたと報じられていました。束草は38度線より北にあり、朝鮮戦争がなければ北朝鮮領内でした。今ではすかっりピリピリムードは落ち着いてはいますがたまにこういうこともあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

スイングガールズ

yamagata2.jpg
他の映画を見に行ったときの予告編で「なんがいぐね、いぐね?」の台詞が刷り込まれてしまったこともあって気になっていた映画を見た。映画とは感動しに見に行くものだと思っている私にとっても、たまたま早く仕事が終わったとき会社帰りにさらっと気楽に見るには素直に面白い娯楽作品だと思う。シリアスな映画なら納得いかないかもしれない強引な話のもっていきかたでも、コメディなら許せるし。

ただ残念なのはガールズ達の上達する過程をもっと描いて欲しかった。最後の演奏会など口パクで誰かが代わりに演奏しているのかと思ったら実際に彼女たちが演奏していたとあとで知って余計そう思った。

余談だが、最初ガールズ達が寝過ごしてしまう設定がある。実は私は今年の夏、その駅で乗換えるつもりで列車に乗っていたのだが、途中でうたた寝。気がつくと駅だったので慌てて停車中の列車に乗換えたら、単線でその駅で交換待ちしていた逆方向の列車に飛び乗ったため、乗りたい方向と逆の方向に行く羽目に。そういった経緯もあって映像に引き込まれてしまった。

映画で描かれている通りの日本の原風景のようなのどかな車窓(写真はその山形鉄道の車窓風景)の風景に呆然としなくてはいけなかったのだが、それはそれで良かった経験だった。ソフトな語感の方言とともに背景に描かれている風景もこの映画をほんわかさせてくれる要素なんだろうな。

そういえば高校生の時、学校のホールにデュークエリントン楽団が来てジャズの公演したんだったけな。あのときはジャズの良さが全然分からなかったけど、この映画みたらなんか入門編のCDでも買ってみたくなりました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/10

オリ近統合球団新ユニホーム

今日発表されたオリ・近統合球団の新ユニホーム、がっかり。新しいイメージをうちたてるのかと思いきやオリックスのユニホームに字を差し替えただけじゃん。
オリックスファンは引き続き応援出来るかもしれないけど、私が近鉄ファンなら応援出来ない。どうせなら形だけでも両方のとりいれるとかホームとビジターでそれぞれ引き継ぐとかすればよいのに・・・企業の合併と違い統合したからにはいかに旧二球団のファンが引き続き応援できるかを考えるべきなのにこれではまじで1+1=0.5位になってしまいそうな勢いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/07

「ソウルで新婚生活」たがみようこ著

Yokochan.jpg
韓国人と国際結婚した女性が日々経験したことをつづったのエッセイ&4コマ漫画。韓国へ何回か旅行した人なら必ず「そうそう」とうなずきたくなるようなエッセイーが満載で気軽に一気に読める。ほのぼのした漫画も結構笑わしてくれます。

この本は元々は韓国における日本語学習サイトのコンテンツとして書かれたもの。この春に韓国で韓国語版が出版され、この度日本で翻訳(本人だが)され出版されたもの。日本語版は普段着の韓国の理解や韓国語を学び始めた人の教材にもなる(漫画に韓国語が併記されている)し、韓国語版は一通り韓国語の初級のクラスは受けたけどまだ新聞などを読むのは難しいという初級以上中級未満の人の教材に最適。因みに両方買って対訳を楽しむというのが正しい使い方かもしれない。

実はこの著者とは中国の民族学院に一ヶ月の短期留学に出かけたとき、クラスは違うものの同時期に参加ということでそれ以来のつきあいがある友人。私の友人の中で本を出すような人は彼女が初めてなのだ。その時の留学から帰ってきてもう一度長期で行ったときに旦那さんとであい、韓国に移り住んだというわけ。

あ知人だからと言って書評の基準は甘くしていません(笑)。おもしろさはお墨付きなのです。

(「ソウルで新婚生活。新妻ヨーコちゃんの韓国暮らし」たがみようこ絵・分・訳 大和書房ISBN4-479-76134-9)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

今さらながらイラク人質殺害事件について

結局殺害されてしまったイラクに行った青年。
マスコミの報道だけからしか分からないけど単に無知で脳天気で
出かけてしまったのかしりませんが、やはり現状認識が甘すぎ
たんでしょうかね。4月の時に比べてマスコミも結構冷淡だった気がします。

私は彼の無邪気さとご家族の態度に却ってかわいそうになってしまいました。

前回の時は自己責任論が盛り上がり、既存マスコミや評論家などが
アンチ自己責任論を展開していましたが、結局なんだったのだろう。
アンチ自己責任論を持ち出してきた連中は結局世論が今までのように
自分達の考えたかと違う方向に動いたことにたじろいだか、結局「サヨク」的な
組織や思想をバックに物事を言っていたとしか思えない。そうでなければ
なぜ今回は沈黙する。やはり自己責任論が正しかったことが今回の事件で明白に
なってしまったのであろう。

単純な観光旅行とボランティアだのジャーナリストとは違うと言うのかもしれないが、
結局のところはおなじこと。動機をもって行為を正当化するなら、「動機が純粋だ」と
して2.26事件の主犯に甘い態度を取ったのと何ら変わりがないように思う。

あとついでにマスコミや野党のみなさん、政府の情報対応の力云々って言っていますが
それならCIA並みの情報機関を日本も持つことにしますか?
所詮現行制度下ではアルジャジーラ見て、米軍から連絡待ちしかとれないことを知っていて
なにを言うかと思ってしまいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

米大統領選挙はブッシュを支持

いよいよ日付的には今日がアメリカ大統領選挙。
私がアメリカ人で選挙権があったら間違いなくブッシュに投票すると思う。
ブッシュも喜んで満足して入れると言うほどの候補ではないと思うのだが、
ケリーは所詮アンチブッシュのワンイッシューポリティシャンでしかない。

それとアメリカの大統領としての器というか、威厳のようなものが欠けている。
上院議員や州知事ならいいんだろうけど、大統領としては・・・

クリントン時代のバブル政策後の経済運営もなんとか頑張っているし、
あまり指摘する人はいないが、テロだって9.11以後は実際アメリカ国内では起きていない。
クリントンが最初にWTCに爆弾仕掛けられたりしても強硬手段を執らなかったことが
結果的には9.11に繋がったわけでそういう意味でもブッシュ支持ですね。

それ以外でも自分が保守主義なので、何かと一致する点が多いものです。

翻って日本人から見ても、現在の日米関係は非常に良好。実際何も問題や
「外圧」起きていないでしょう。その点から見てもやはりブッシュ支持ですね。

為替に関しては実はどっちでそうなるか分からない。
ケリーになったら誰が財務長官をやるんだろうということになるし、
ブッシュ続投でも果たしてスノー長官はどうなるのか。誰が当選しても財務長官の
人選によって、ドル高政策をとるのか、それとも輸出振興でドル安政策をとるのか
非常に興味がある所です。この点に関してはどっちも明確なビジョンを示して
いませんね。

当面様子見でドル安圧力が強まるものの、おそるおそる下値をうかがう展開で
こまめに利食いが入る展開を予想。105-108円で当面は推移か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »