« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004/09/27

巨人視聴率低下の一要因

巨人戦の視聴率云々と話題になっているが、一つの原因に中継という番組そのものがつまらなくなっているのがあると思う。「右方向」「流れ」「四番の意地」の組合せを言っているに過ぎない解説者、場違いに一人で興奮しているアナウンサー(「ジャイアンツ僅か6点差に追い上げました」なんて言うのでずっこけてしまった)
映像もやたら子供映して「将来は野球選手になるんでしょうか」などなど。スポーツ中継は巨人戦に限らず「感動の強制」が蔓延しているけどあそこの局が放送している巨人戦は特にその傾向が強い。
巨人という素材が賞味期限切れだったり同じ材料ばかり続いて飽きているのに、それを調理するコックがさらに酷い味付けをしているようではおいしい料理はできるはずはない。
それとも巨人ファンにはああいう放送は心地よい味付けになっていて、阪神ファンの私には理解出来ない楽しみがあるのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/26

やらせマラソンなんてつまらない

夕方やっていたベルリンマラソン、以前高橋尚子が世界記録を出したときもそう思ったのだが、ペースメーカーだの風よけランナーに囲まれての走りは見てて白々しくなる。相変わらずのアナウンサーや解説者などなどの感動の強制にもいい加減うんざりだが、そんなにしてまで記録そのものを作ったって全く感動しない。

給水だってわざわざ手渡しだし、こんなやらせのようなマラソンで出した記録はなんの価値があるのか。短距離の陸上だと規定以上の追い風だとどんなに記録が良くても参考記録にとどまる。こういうふうに自分の力だけでなく出した記録は世界記録だとしても参考記録として正式な記録として採用しない方がいいのでは良いのではないかと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/23

旭山動物園

数日前上野動物園が入場者topの座を奪われ、奪い返すべく対策を検討中というニュースを見た。トップを奪ったのはどうせ多摩動物園か横浜ズーラシアかなとおもったら意外や意外旭川市の旭山動物園。日本最北の動物園というのは知っていたが入場者が一位とは間違えかと思った。

そしたら今日NHKのクローズアップ現代で取り上げられていた。お客に見せる工夫や動物の特性を生かした展示を始め、それで人気が出たのだと紹介されていた。確かにペンギンが驚くほど速く泳ぐ様子を観察できる水槽、そのほかアザラシとかシロクマの水槽など見てみたくなるような動物園だ。

後背人口が圧倒的に少ない旭川でも工夫次第で、東京などの大都市の動物園よりお客さんを集められるのだ。赤字を嘆くだけのプロ野球球団や旧来のやり方だけでやっている金融業界も旭山動物園の例を学んで初心に帰っていかにお客さんを集められるか、どうやったら儲けられるか工夫することを真剣に考えて頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/22

今夜はFOMC

今日はFOMC。うちは15時半までしかトレードしないし、ポジションも持っているわけではないのであまり関係ないのだが気になって声明発表(3:00頃)まで起きてしまう。

今回は0.25%の利上げが織り込まれているけど、見送る可能性もゼロではないので要注目です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

西武×ロッテ戦を観戦

seibudome.jpg
本来観戦予定だったヤクルト×阪神がストで中止になってしまったので、代わりに西武×ロッテを観戦。昔(連続していないけど今も)西武沿線に住んでいたので西武球場時代には何度も足を運んだけど、ドームになってからは初。ドアツードアで1時間かからないのだからもっと来ても良かったのだが・・・

さて西武ドームといっても前の西武球場に骨格を載せてその上に傘をかぶせたと言うべきなのだが、これがなんとも中途半端。昼なのに微妙に暗いし、実質外にあるのに傘がかかって風通しが悪いのに空調がないので蒸し暑くて仕方がない。また座席の間隔が短い私の足でも前の座席に届いてしまい非常に窮屈。それと通路に人が立つと内野が見えなくなってしまう構造で(たまたま私の席がそうだったのかもしれないけど)非常に見づらい印象だった。

プレーオフ争い、休日、スト明けの初の試合、選手を支持するファンは今日こそ声援を送りたいなどの要因もあって結局指定席まで満席なくらいお客さんは入ってくれた。ドームで声が響くせい、黒いビジターユニフォーム軍団のせい、ポール際にみんな集まってくるせいなどからか千葉マリンよりもマリーンズサポーターは熱かったように見えた。

試合の方はロッテはランナーを出すも決め手に欠くのに、西武には足の速いランナーにフォアボール出して走られて次にちょこんとすくい上げた当りでホームインされて先制されてしまう最悪の滑り出し。打線を見ると打率、長打力とも明らかに西武の方がふた周りも強力なので仕方がないが長打は封じたものの肝心なところで連打を浴び結局1×6でロッテはやぶれてしまった。特に1,2番に3四球2安打献上したあと三番の貝塚に4打数3安打4打点といいようにやられてしまった。カブレラ~中島の長距離砲は抑えたので余計残念。チーム力が露骨に出てしまった。

ナイターで日ハムが劇的に勝利したこともあってプレーオフ進出はかなり厳しくなったけどそもそもプレーオフ制じゃなかったらこんなに盛り上がるデッドヒートはなかったのだから、プレーオフ制導入は大正解ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

明日は西武×ロッテ見に行きます

今週末はどのテレビ局を回してもプロ野球のストで持ちきりでした。

この問題では機構側に新規参入を認めてもらう姿勢を取ってもらえば一番の解決策なんですが、長い目で見れば、各当事者それぞれが問題を抱えていますよね。

まず選手。年俸ははっきり言って高すぎ。実力主義でいい成績残したら給料上がるのなら、ダメだったときは大幅カットを飲むべき。それでなかったら給料あまり上がらない代わりに下がらないサラリーマン的給与体系を飲むべき。
それに今までファンを軽視しすぎ。サインとかは危機になってからでなく普段からもっと応じてファン層の拡大に努めるべき。

球団側。営業努力しなさすぎ。どうやったらお客さんを集められるか本気で考えているのか。ファンを消費者と考えプロ野球という製品をいかに売ろうかというマーケティングの精神がなさすぎ。広告収入なども本気であげようとしているのか、貪欲に収益をあげようとしているか疑問。それにもっと情報公開して経営状況なども明らかにするべき。

マスコミ。巨人中心主義や経営側の旧来のやり方を批判するなら、まず自分のところで中継するのは巨人戦だけと言うのをやめてもらいたい。特にYBの実質経営権を持っているTBS位もっと横浜×阪神だとかナイター中継して欲しい。いくら球団が頑張って人気獲得策をやってもそれを伝えるマスコミの協力が不可欠。それと新たな世代のファン層の拡大にも協力して欲しい。未だに長島茂雄をチヤホヤしてもリアルタイムで見ていない世代はしらけるだけ。

ファン。もっと球場行こうよ。近鉄やオリックスのスタンド見たらやはり合併はやむないかもと思ってしまう。それとファン自体がもっと多様な要求を出して巨人一極集中を是正していかないと。セリーグのチームのファンはみんあ一つづつパリーグで準ファンのチームを持つとかして欲しい。結局オーナー側の横暴が許されてしまうのはオーナーの親会社が結局のところタニマチでカネを出しているから。入場料収入+放映権料+広告収入その他=年俸+球場など施設利用料+運営経費の間に納まらないと経営は苦しい。まずファンが出来ることは球場に足を運ぶこと。

あまり球場に足を運ばない私が偉そうに言うのも何ですので、明日の西武×ロッテは見に行ってこようかなと思います。(既にチケット入手済み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/19

ロッテ×近鉄を観戦

chibamarine.jpg
もう時間がたってしまったが通院名目で会社を早く出たこともあって9月14,15日と連日千葉マリンスタジアムでロッテ×近鉄の試合をみてしまいました。

14日は15勝1敗の岩隈を早々にうち崩し、投げては小林宏が完投で9対1の完勝!この試合は内野指定席A(席番3-165)で見たのですがグランドに近く、ベンチに帰る選手やヒーローインタビューなども間近で見ることができて新鮮でした。

翌15日は千葉マリンスタジアム最終戦ということもあって内野自由席は無料。ただ勿論観客が押し掛けて二階席での観戦。この席は熱狂的に応援しようと思えばできるし、静かに見ようと思えばみれる、選択の自由がある席だ。割とグランド全体が見渡せて悪くない席なのだが、さすがに前日座った内野指定席よりは随分ベンチなどが遠く感じる。試合の方は清水直が完投で益田の2ランホームラン一本に抑えたものの、打線(左ピッチャーと言うことで前日よく打った左打者が下げられるオーダーだったせいか)が近鉄の投手山本の前に沈黙結局0×2でした。

なお三回にサブローが二塁打で出塁したあと、スタートが遅れ次に二塁打が出たのにも関わらず生還できず、次に外野フライが出たのにアウトカウントを間違えたかなぜかスタートしてしまいタッチアップできずという珍しい?走塁ミスがった。次の回守備につくときライトスタンドのロッテファンからブーイングを浴びせられていたがこれは正しいブーイングだったと思う。

試合後は花火とバレンタイン監督の挨拶、先週が球場を一週してサインボールを投げ入れるというイベントがあった。イベントもなかなか面白かったが、近鉄応援団が「がんばれがんばれマリーンズ」とエールを送ってきたのには正直驚いたし、そのあと「合併反対!」コールには球場全体が呼応して少し涙ぐんでしまうほど感動してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

選手がストならファンはボイコット

プロ野球、選手会はストという行為ができるが、ファンが合併→球界縮小反対の意思表示をするのはどうすればよいか。
結局の所、分からず屋や野球に興味がない経営者に反省を迫れるのは、親会社の本業に打撃を与えるしかないのではないだろうか。なので合併反対のファンは親会社の製品をボイコットするべきだと思う。

しかし私は西武沿線に住んでいるので西武線を使わない訳にはいかないし(代替機関のバスも西武バス・・・)、他の親会社も意外とボイコットできない業種だ。せいぜい讀賣のサイトに行かないようにして広告収入を入れないようにしたり現在読売新聞を取っている人にやめるよう呼びかけるくらい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/18

根来コミッショナー消費者団体会長就任って

今日の日経紙上プロ野球のスト問題がにぎわしているが、一面にコミッショナーが辞意とある一方で、社会面にはベタ記事で「根来氏消費者団体会長に」とあって 「悪質商法や不当な契約による消費者被害の拡大を防ぐため、日本生活協同組合連合会(日生協)など消費者団体が中心となり十七日、新団体「消費者機構日本」を旗揚げした。会長には根来泰周・前公正取引委員会委員長が就任した。」とあった。

これってわざとか「プロ野球コミッショナーの」という記述をしていないが名前と経歴をみれば分かるように明らかに渦中のコミッショナー氏のことである。球界全体に関わるこの重要事に今まで何もしてこなかったばかりでなく、土壇場でアリバイのように提案を出したあげく双方にそれを飲ませるような努力もしないで職を放り投げてしまった。その一方でこの男の興味は全然別の所にあって、消費者団体の職はやすやすと引き受けるようですな。

まあ次に名乗る肩書きもできたことだし、せいぜいまたしばらくのうのうと天下りライフ楽しんでくださいな。ここでも会長だけど権限がないとか言わないことを祈るまでです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今週は選手側を支持

先週の時点では今更非現実的な近鉄・オリックスの合併凍結を最優先しているかの印象をうけたので、選手会側を基本的に批判した。しかしその後の経緯は参入に手を挙げている企業があるのにもかかわらず、それを無視している機構側は完全におかしい。

機構側は9/29までが期限とか、協約では30日以内に審査するとかしてきたのに、今度は審査する時間がないなんて理屈を持ち出してきたのには本当腹が立った。そもそも審査って何を審査するのだろう。このさい近鉄やオリックスなど経営するやる気がない企業はこの際あっさり経営から手を引いて頂きたい。

今回は賃上げを飲むとかではなく、物事を前向きに考えるか、問題を先送りするかを巡って争われたと理解しているが、その限りにおいては選手会側を支持する。本当は今度の日曜の阪神ーヤクルトの切符をもっていたのだが、ストはやって欲しくなかったのだが・・・チケットは払い戻しされるが、ぴあの手数料は戻らない。ぴあだけをもうけさせてしまったのがチト悔しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/17

浅間山の灰

浅間山の灰が今日になって積もってきた。マスク買っておけばと後悔・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/13

一月ぶりの更新 ペルセポリス

更新頑張ると宣言したものの一月ぶりの更新になってしまいました。
今回はイランを代表する遺跡のペルセポリスです。レリーフの彫刻が見事なんですが見学時間が短かったせいと日が傾いた時間のためか写真はあんまりうまく撮れてません。やはり時間を贅沢に使うべきところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

スト回避いろいろ

プロ野球のストはひとまず回避されてよかった。一部には実施を煽っているかの如き報道もあったが(朝日新聞ネット版なんかスト突入へなんて見出し付けていた。それでいて中身は回避されるような書き方だったから何だか変な感じだった。)この時期にストやったってシラケるだけ、ファンが呆れるだけなのは目に見えていただけにこの決断は妥当であろう。

オーナー側のはじめに球団削減ありきと新規参入を拒絶するという姿勢が取り敢えず引っ込められられた時点でストをやる大義名分はなくなっていると思うのだが、私はこの期に及んで未だオリックスと近鉄の合併そのものの反対にこだわっている古田以下選手会の対応には違和感を感じる。球団を経営するやる気がなさげに見える近鉄に無理に経営をさせることに意味があるのだろうか。そもそも雇われている立場の組合が企業の合併に反対してストをやる権利ってあるのだろうか。それよりかは新規に参入を希望する所を探す方が賢明だと思うのだが・・・

それにそもそも球団経営が行き詰まっている背景には選手の年俸高騰が最大の原因。物価や給与水準は例えば10年前と比べてもそれほど上がっていないのに、1億円プレーヤーは10年くらい前にはあこがれの的で特別な存在だったのに、いまや74人もいるという。経営側に何かを要求する前に選手の年俸削減などを検討する必要があるのではないか。優勝したり、ちょっといい成績だと年俸は急に上がるのに、全く活躍しなくても25%しか年俸は下がらない。実績主義と年功序列型のいいとこ取りの仕組みは考え直す時期に来ているのではないか。

あと経済的合理性を無視するときに限って「ファンの夢」だとかを語るのは止めて欲しい。
もっともな事も多いが、あまりに大バーゲンされすぎてはいないか?

話変わって10日の讀賣社説は巨人の本音と自分勝手さがよくわかり面白い。もちろん主筆であるナベツネ氏の意向が反映されてのことだろうけど。

特に「ただ、門戸が広がっても、売名目的など安易な気持ちで参入をもくろむ企業には、注意が必要だ。  球団を保有する場合、専用球場、宿舎や練習場の建設費、運営費や年俸など、加盟料の何倍もの資金が必要になる。 過去には、七三年に東映を買収した日拓ホームが、わずか一シーズンで球団を放り出すという悲劇も起きた。球団は、マネーゲームのおもちゃではない。 」

と明らかにライブドア?そんなのしらんという姿勢が見え見えだ。いったいいま球団もっている企業は売名行為をしていないとでもいうのだろうか。それなら大リーグのように地名+チーム名に統一して欲しい。ビジター用のユニフォームに「TOKYO」とあったのを「YOMIURI」ってシーズン途中でも書き換えたチームの親会社の言うことだろうか。それに一シーズンでもチーム消滅が先送りされることよりも、今年中に球団が消えてしまうほうが「悲劇」 ではないともとれるおかしな説明も不思議だ。日本のプロ野球が抱える問題の根本はこの親会社の意識を変えることから始める必要があると思うがいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/09

だるま弁当(高崎駅)

daruma.jpg
青春18切符が一枚あまったので、無駄にするのももったいないと思い遠出を決行。目的地は一日3本しか列車がない只見線。その途中まずは高崎駅で食料調達。最初は定番「だるま弁当」。のっかている具もはずしていないし炊き込みご飯も美味しい、「正統」な駅弁のような気がする。ただ900円という値段はどうか・・・650円程度がだとうな気もしないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

live インド って

今日のサッカーのインド戦、中継をやっていたTBSの画面にLIVEーインドって出ていた。おいおいインドは国名だけどこういうとき国名は無いだろうよ。ニューヨークで試合しているときLIVEーアメリカっていっているようなものだよ。普通都市名でしょ。しかも田舎でやっているならともかくインド四大都市のコルカタでやっているんだよ。なんだかインドを馬鹿にしている気がしました。

もっとも停電で後半戦の開始が遅れたり、警備の警官?がジーコ監督にやたらサインねだったりするところは「らしかった」と思いましたが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜別 幸水

kousui.jpg

梨、特に幸水が好物である。例年秋の気配が感じられるころに店頭に並び、豊水が出回ると姿を消す。今日スーパーに行くと既にちょっと前幸水が鎮座していたメインの棚は豊水が我が物顔で占領、幸水は隅の方に売れ残りが寂しく並べられている状態だった。豊水ははっきり言って好きではないので慌てて買い占めたのがこれ。これで数日は楽しむことができるが、それで来年までお別れだ。

気のせいか例年幸水→豊水の切り替わりがだんだん早く手前に来ているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/08

牛肉どまんなか(米沢駅)

gyunikudomannnaka.jpg
山形の友人宅訪問の帰りに購入。すき焼き風の甘い牛肉の弁当はなかなか美味しい。少なくとも今まで食べた牛肉系のお弁当のなかでは一番美味しかったかもしれない。但したまに堅いスジが混ざっていたのが残念。(1000円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛めし(沼津駅)

taimeshi.jpg
名古屋を15:12にでて普通列車を乗継いで東京に戻ってくる旅程(品川着20:53着)の中で唯一買えた駅弁。甘い鯛そぼろが別カップに入っている所がご飯の上に最初からかかっている小田原・熱海の鯛めしと違う点。同時に食べ比べた訳ではないのでなんとも言えないけど私はこちらの方が好みかも。650円という値段も良心的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/07

日本一弁当(名古屋駅)

nipponichibento.jpg
名古屋らしい大げさなネーミング。ひつまぶしを食べると思えば1000円はお買い得かも。味付けはかなりしつこく着いているので駅弁としてというよりは持ち帰って家でお茶漬けにして食べると丁度いいと思わせる。(満足度=かなり高い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/05

彦根の街並み

hikonemachinami.jpg
彦根の魅力はお城以外にも古くからの街並みが残っていること。鉄を主原料とする赤茶けた「べんがら」で塗られた格子がいい味出している。ロンプラ日本版にはお城しか紹介していないが、この街並みも是非見てみても羅いたものである。世界遺産的名前の付け方をするならば、「彦根の城郭建築と旧市街」とでもいえるであろうか。人々が生活しているのであるから家も古いまま使えとは言わないが、せめて新築するときも周囲の街並みにあわせた在来工法・在来建材での建築にして、街並みそのものの保存がはかれないものかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根城

hikonecastle.jpg
先週末彦根に行ってきました。まずはメインの彦根城。外観は漆喰が塗り直されていたり、瓦が葺き換えられていたりするので「古さ」はあまり感じられなかったが、中に入るとやはりそこいらにある復元天守閣などとは違う重みが感じられる。

天守閣に登ってみると、天守閣とは見張り台というのが主用途であると言うことが確認できる。琵琶湖の絶景も望め満足度高し!今までこなかったのが悔やまれるくらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »