« 地方自治体は「自治」に専念を | トップページ | 九州じゃんがららーめん日本橋店 »

2004/08/23

沖縄エゴには辟易する

沖縄のヘリコプター墜落事故に関しておかしな論理が展開されている。曰わく基地があるのがおかしいだとか、同じ機種の飛行を差し止めろとか言うものもある。

これは飛行機が墜落したら空港を閉鎖しろだとか、ある機種が事故を起したらすぐその機種全部飛行差し止めろとかいっているのに等しい。主権の問題だなんていうのは、政治的に利用している感もあるし論理が飛躍していると言わざるを得ない。

しかし沖縄人はそれが当たり前のように言っているように見える。こういう地域エゴに国家の根幹たる安全保障政策がひきづられては叶わない。この際ここははっきり「それはエゴだよ」と言ってやることが必要なのではないか。

|

« 地方自治体は「自治」に専念を | トップページ | 九州じゃんがららーめん日本橋店 »

コメント

現地の写真です。事実関係の把握の参考にご利用ください。
論評的なことは最小限に控えて一次ソースの提供に努める方針ではありますが、
写真という手段はどうしても撮影者の意図が入り込むものであることを予め了承ください。

投稿: 写道部 | 2004/08/25 04:53

久しぶりに書かせていただきます。

これって,例えばご自分のお家の近くに日米安保の名目で米軍基地ができて,いつも爆音を立てては屋根スレスレに飛行機が飛び交っている中で暮らしていると想像してみてください。
そんな中,たまたま一機の飛行機だかヘリコプターだかがお家の近くに落ちて,近所の人間にもご自分にもお身内にもケガ人は出なかったけど,米軍には謝罪の姿勢を感じられない。それでも「日米安保だから仕方がないや」と割りきれますかってことだと思います。
さらなるケースでは,その飛行機の部品がご自分の部屋の窓ガラスを突き破って,大事に宝物にしているもの(もちろん,人でも結構です)を台無しにしてしまったとき,それでも「日米安保だから仕方がないや」「たまたま事故っただけだから」と割りきれるのでしょうか。

沖縄の基地については,自分の身近に基地がないからいくらでも言えることってあると思います。いろんなケースを想像して考えるのは限界がありますけど,上記のケースで少しでも割りきれないと感じられたのならば,沖縄人の主張をエゴだと言いきれないと思われますが,いかがでしょうか。

投稿: マギー | 2004/08/25 23:06

写道部様貴重な写真ありがとうございます。

マギー殿書き込みありがとうございます。但し私の言いたいことと全く論点がずれており(これは私の説明不足によるところが多大ですが)、反論する気にもなれませんが一応。

私が言いたいのは単なる事故を基地だとか駐留全体の問題へと政治問題化し、関係ない立場の人が騒ぐことに対してあきれている訳です。それを当事者レベルに歪曲化するのは論理の飛躍やこじつけとしか言いようがありませんね。

交通事故が起きて人が死んだとします。そりゃ被害者の当事者は怒りどころじゃ済まないし、相手の運転手の態度が誠実でなかったらぶち切れるでしょうね。道路は公共の福祉の為であり、国家繁栄のためだから割り切れといわれてもそうなるわけはないわけです。

しかしだからといって、事故が起きたのはそこに国道が通っているせいだから道路を移転しろとか、道路建築を止めろという論理にはならないわけです。知事が首相に会いに行ってはくれない訳です。突き詰めればその程度のことであるのにこの事故を奇貨として政治問題とリンケージしようとする人のことを「エゴ」といった訳です。エゴという言葉が適当ではなかったかもしれませんが、被害者意識を前面にだすのは止めて頂きたいとそういうことです。

投稿: mustafa | 2004/08/25 23:48

例えば交通事故であれば、刑事的責任を問うために警察機関が原因や過失の度合いなどを検証するのが当然です。今回は日本国内の民間地域で起きた事故であるにも関わらず、県警が現場に立ち入ることすらできず、証拠となる事故機から現場の土まで持ち運ばれたんですよ。このことについてはどのようにお考えですか?
現場で米軍がガイガーカウンターを使っていたとの話もあります。ヘリでいったい何を輸送していたのか。
日米地位協定で守られているのが米国側の地位ばかりだとしたら、日本国民として問題を感じませんか?

外務省はただ沖縄県民がうるさいから米国政府に抗議を申し入れているのでしょうか。
日本国民の全体の福祉のために犠牲を強いられるのが沖縄で、それが政治なのであれば、沖縄県民も個々の事件、事故を政治的に捉えるのが当然では?

関係ない立場の人が騒ぎ立てる・・・
いつ誰が関係者になるかわからない。明日はわが身だから騒がずにはいられないのです。
交通事故と比較とは・・・本当にお粗末な見方だと思います。

投稿: アキ | 2004/08/26 00:59

今回のヘリ墜落事故を、交通事故に例えるのは余りにも論点がずれているとしか思えませんね。
道路と基地とでは、それから受けるメリット・デメリットのおよぶ対象や範囲が余りにも違うだろうに。
それとも、あえて下手なたとえを持ち出して問題を矮小化させようという魂胆でもあるんでしょうか?

>同じ機種の飛行を差し止めろとか言うものもある。

あなたのお好きな自動車交通とのたとえを持ちだせば、「リコール」というものがありますが、どうお考えでしょうか? 片輪が突然外れる車を売っておきながら、それを無視しているのと同じことです。
ヘリ墜落に関して、米軍は未だはっきりと事故原因を公表していません。そんな中で飛行を再開したのです。
それでも飛行差し止めを求めるのは変なことなんでしょうか?

>主権の問題だなんていうのは、政治的に利用している感もあるし論理が飛躍していると言わざるを得ない。

民間地である大学に墜落したのに、その大学の学長の現場立ち入りを米軍に拒否され(学長室のある建物に入れない)、県警でさえ実況見分ができない。この国の主権ってだれが持ってるんでしょうね。

>しかし沖縄人はそれが当たり前のように言っているように見える。

こんな状況をあなたはおかしいと思わないのですか?
変なたとえで分ったつもりにならないで、少しは現実を見てください。

>こういう地域エゴに国家の根幹たる安全保障政策がひきづられては叶わない。

ここでいう地域エゴってなんなんですかね?

いろんな報道から見る限り、アメリカは海兵隊の飛行場を宜野湾においておきたいとは思っていないようです。さすがにあんな住宅密集地に置いておくのは尻の座りが悪いらしい。
だけど「撤退させるつもりもないので代替地を用意してくれ」と。

で、日本政府はなにをやっていますか?
辺野古沖の基地建設もできないでいる。
ならば、日本本土で引きとったらいいんじゃないですか?
でも、そんな努力をしているとは見えません。
そんなに安全保障が大切なら、それぐらいの努力はするべきだと思うんですけどね…。

そうだ。mustafa さんの家の近くにでも引き取ってもらえませんかね?
羨望の的であるらしい補助金とやらも、たんまりついてくるでしょうし。

>この際ここははっきり「それはエゴだよ」と言ってやることが必要なのではないか。

つまりおっしゃりたいことは「いつまでも日本がアメリカの子分でいられるように、これからもずーっと沖縄を差し出さなければならない。だから沖縄人は黙っとれ」ってことですかね。

万が一勘違いされているといけないので、蛇足とは思いますが。
もし沖縄に対して、南国的なゆったりとした空間が広がる土地だと思われていたら大間違いです。

例えば、今回の事故が遭った宜野湾市。
人口は88000人ほどが19.6平方キロメートルの土地に住んでいます。
でも、これは基地を合わせての面積です。民間人が住めない基地面積を除くと、およそ13.2平方キロメートル。人口密度は6703人/平方キロメートルになります。

全国の市 人口密度ランキングに当てはめると、
名古屋の次になりますね。さいたま市よりも上です。
こんな土地の上を、過去何度も墜落事故を起こしているヘリが低空飛行をかましているのです。

こんな基地でよければ、どうぞmustafaさん、引き取ってください。感謝されて宜野湾の名誉市民になれますよ。きっと。

投稿: オイスター | 2004/08/26 05:54

mustafaさま
レスありがとうございます。なるほどね~。とりあえずお礼まで。また書かせていただきます。

投稿: マギー | 2004/08/26 07:00

アキ様、オイスター様コメントありがとうございます。
今回の件を交通事故に例えたのは別に事を矮小化する意図があるわけではありませんが、逆に単なる事故を基地問題とリンクさせ事を大きくしようとする傾向に違和感は感じています。そういった傾向へのアンチテーゼとお考え下さい。

ジャンボ機が事故を起こしたからといって翌日からジャンボ機運航差し止めとはなりませんね。原因が分かればその対応をする必要もありますが。また車が事故を起こしたらといってその車種は走行禁止にはなりません。リコールが出されても、三菱のトラックの例ですと運送会社が修理に出さない例は多いそうです。まぁだから許されるという訳ではないのは承知していますが。なので私は飛行禁止を求める姿勢には理解できません。

確かに人口密集地に基地がある必要はないと思います。(だからといって離島では補給面で不向きですが)なので辺野古沖の代替基地は早急に整備して欲しいと思います。また沖縄の軍事施設の分散は国民の課題として考えていく必要があると思います。米軍再編の一環で一部は北海道に移転することを検討中だそうですが、国家をあげてサポートする必要はあると思います。但し台湾海峡などを念頭に置くと沖縄の地理的な位置の重要性ばかりは動かしようがないのと、米軍にはこの地域にいてもらわなくては困る(と私は特に対中戦略上考えているので)ので、空・海兵隊の主力は沖縄に置く必要があるかとは思います。

私の家の隣は畑ですが別にそこに基地を建設しても構いません。但し沖縄の人と等しく有している転居の自由を行使する可能性は否定しませんが。

私は現場検証に付いては民用機ではなく軍用機なのですから、軍事機密というのは保持されるべきと考えます。日米地位協定も写道部さんのところにあったように赤旗持った連中が押し掛けてくるようでは、説得性を持つと考えます。

ガイガーカウンターについてはあくまで推測ですが、昨今話題の劣化ウラン弾でも搭載していたからと推察します。

投稿: mustafa | 2004/08/27 00:22

mustafaさま、コメントをありがとうございます。
前回はご挨拶もせずいきなりの書き出しで大変失礼いたしました。

さてさっそくですが。
ジャンボ機が事故を起こせば同機種は飛行差し止めにはならないか否か、私はこの点については知識がありませんが、ジャンボ機が事故を起こせばパイロットは過失責任を問われるのではないでしょうか? そしてどの程度の過失責任があるか警察が捜査、検証する権利を持ち行使することができます。事故機はもちろんボイスレコーダーまで精査されるはずです。
今回はそれさえもできませんでしたね。日本の警察の捜査権まで保護にする権利が米国にはあるのでしょうか? ないはずです。
過去に横浜に戦闘機が墜落した事故のときは神奈川県警、市消防局が米軍とともに合同で現場検証をしたそうです。そしてすぐに日米合同委員会や事故文化委員会などが開かれて日米地位協定に関する問題も協議されたそうです。
なぜ今回はそのようにならなかったのでしょうか?
より機密性が高いであろう戦闘機の時にそれができたのに輸送機(しかもとても古いタイプの)でできない理由は?
小泉さんが夏休みだったからでしょうか?(苦笑)。

外務省の荒井正吾政務官も「現場の管理権は米側にはない。ルールとマナーが確立されておらず、住民感情を損ねている」と語っています。
ただ単純に日本は(あるいは沖縄は)なめられている、としか私には思えません。
主権の問題にすりかえているのではなくて、これは主権の問題なのではないかと思いますが。

それから「事故と基地問題をリンクさせコトを大きくしようとする傾向」とおっしゃいますが、今回の事故と基地問題はリンクさせているのではなくて、リンクしているのです。そしてコトが大きくなっていったのは、当初同機種は当分は飛行を差し止めると約束をしていたのにも関わらず、事故原因の詳細な結果の報告もないままに飛行が再開されていたり、現場の管理権もないのに米軍側が現場を占拠したり、ということが続いたためです。
mustafa様ご自身も

「私は現場検証に付いては民用機ではなく軍用機なのですから、軍事機密というのは保持されるべきと考えます。日米地位協定も写道部さんのところにあったように赤旗持った連中が押し掛けてくるようでは、説得性を持つと考えます。」

とおっしゃっているように、日米地位協定がからんだ基地問題なんです。
劣化ウラン弾を輸送中のヘリだったのではないか? とよく言われていますがそれすらも私たちは知ることができません。あのヘリは墜落し、爆発・炎上したんですよ。劣化ウラン弾を積んで、でしょうか。
関係のない人たちが騒ぎ立て・・・ともおっしゃっていますがヘリが輸送しているものの内容物によっては誰もが被害当事者になりえます。想像力をもっと働かせてはいただけないものでしょうか。

日本は(あるいは沖縄は)ただなめられきっているんでしょう。
それで日本の安全が守られてるんだからガタガタ騒ぐな、ということがおっしゃりたいのでしょうか? 政府にもっと主体性を持って欲しいと私は思うのですが。
海兵隊の主力は日本に置く必要はないとどこかで聞いた覚えがありますが違うのでしょうか。
というかイラクに武器輸送するための基地は特に沖縄でなくてもあるいは日本でなくてもよいとは思いませんか?

>私の家の隣は畑ですが別にそこに基地を建設しても構いません。但し沖縄の人と等しく有している転居の自由を行使する可能性は否定しませんが。

この言葉には正直脱力感を覚えました。
遠くの、安全な場所から、日米安保のメリットを享受しつつ、『関係ないのに騒ぎ立てている』のはmustafaさんの側ではないかよくお考えいただきたく思います。
mustafaさんの側のエゴではないのか、と。

投稿: アキ | 2004/08/27 12:44

マギーです。たびたびどうも。

今朝コメントを書いていたら,何かの弾みですべて消えてしまって…という前置きはどうでもいいか。氏が滋賀・岐阜方面に行かれている間に書かせていただこう……と思っていたら,アキさんとオイスターさんに見事に書かれてしまいました(私より数倍分かりやすい!)。お2人の意見に私も同意見です。
ただ,一応mustafa様のお考えというのが何となく分かった(つもりな)ので,ここではそれにかかわる形で展開していけたら(大げさか…)と思います。

mustafa様の根底にあるのは「現・ブッシュ政権のイラクに対して行っている政策は正しく,それに追随した小泉首相も立派だ」というお考えですよね……と,何でいきなりそんなとこに話が飛躍するのかと思われるでしょうが,今回の事件って,例えば10年前とかだったら,失礼ながらテキトーに治まっていたと思うのです。
しかし,昨年のアメリカ・ブッシュ政権のイラク戦争,その後のイラク政策の失敗――私は失敗と思っています――と,これに国として追随する方針にした小泉首相の姿をみて,日米関係を「日本には米軍基地があり,それによって国土を守られているが,ホントにいいのか」と見つめ直すことに特に関心が高まったと思います。そして,例えば現在「華氏911」がヒットしているなど,現在の日本の世論は「アメリカのやったことは間違っていたのではないか」に傾きつつあります。
そんな中で,いいタイミングと言ってはナンですが,今回の事故が起こったわけです。しかも,起こった場所も沖縄という,昨今の関心の高さに加えて,日米関係の映し鏡とも言える象徴的な地域なわけです。
だからこそ,今回の事件は必要以上に関心が高まったのではないでしょうか。その意見の大半は,いまさら語るまでもないですが,アキさんやオイスターさんのご意見(あと私も)に集約されるでしょう。でもって,これらはmustafa様とは逆の立場ですから,mustafa様には「関係ない人が騒ぎたてる」「米軍基地とリンクさせている」と映って見えるのではないでしょうか。

……と,ここまでは「だからどうした?」って感じでしょうし,思想は人それぞれだから別にそれはそれでいいのですけど,ふと気づいたのは,逆にブッシュ政権のやったことが大成功で終わったならば,すなわち,イラクの人たちが無血に近い形で解放されて,とっても幸せな暮らしを送っているのならば,日本でこの沖縄の事故はホントに単なる事故として扱われて,こんなに話題に上がらなかったかもしれないって思うのです。
「勝てば官軍,負ければ賎軍」ではないですが,日本人がそこまでアメリカの軍事政策に関心があるのか,あるいは日本に振り返って,沖縄の米軍基地問題に関心があるのかというと,日本の世論なんて紙一重なんじゃないかなという気がしてならないのです。
少なくとも私は,はたして今回のように関心を持ったか微妙です。はっきり言えば,沖縄という土地に昨今関心を強く持っており,それでこの事件に関心を持った部分は大きいと思いますから,特にそう思ってしまうのです(無論,「オイスターさんやアキさんも,実は私と同じなんじゃないの?」ということでは決してありませんので,念のため付け加えておきます)。

多分,イラク戦争への関心とか,ブッシュ政権と小泉政権云々とか,沖縄への昨今のブームとか,いずれもいつかは風化してしまうことでしょう。いつまでも永久に続くものではないと思われます。で,ホントに風化した数年後に再び同様の事故が起こって,今回のようにこれだけ国民が関心が持てるのか。「日本はアメリカから真に独立するのか」「それでもアメリカについていくのか」――私は関心の高い今の時期こそ,日米地位協定でも何でも見直すいいタイミングだと思います。

……うーん,何だかまとまったようなまとまらないような文章ですいません。

投稿: マギー | 2004/08/27 20:25

オイスターです。
ご丁寧な返答ありがとうございます。

しかし、また例え話を持ち込んでこられましたね。
いちいち論点がずれています。
きちんと理解していないのか、わざとあやふやにしたいのか、どちらなんですか?

>ジャンボ機が事故を起こしたからといって翌日からジャンボ機運航差し止めとはなりませんね。

民間機と軍用機を同じ物差しで測るのは誤りの元なのでは?
今回米軍がきちんと対応しているかどうか分らないからこそ「飛行差し止め」なのです。

仰る通り、ジャンボ機で事故が起こったからと言って飛行差し止めを求める人はいないでしょう。
単純に、その機体を使っている便に乗らなければいいのですから。乗客にはそれを選択する自由があります。
それだけの話です。

ヘリが飛んでいる飛行場周辺の住む住民にとって、それに該当する自由ってなんでしょうか?
まさか、下で仰られている「転居の自由」なんですか。

>原因が分かればその対応をする必要もありますが。

原因を米軍はまだきちんと発表していません。
もちろん、分かるまで時間はかかるでしょう。
せめてその間、飛行するのを遠慮してくれというお願いなんです。

結局のところ、米軍は該当同形機の飛行を当分取りやめることになりました。
あなたの仰る「エゴ」が通りました。
それとも米軍は「沖縄人がガミガミうるさいので、当分言うこと聞いておくか」とでも思ってるんでしょうかね。
どうぞ、今度は米軍の「弱腰」について批判されてください。

>また車が事故を起こしたらといってその車種は走行禁止にはなりません。

事故の種類によるでしょう。完全な自損事故でメーカーの責任を求める人なんていませんよ。
しかも、販売された車を走行禁止にするなんて、誰もできないのでは? 私的財産権の侵害ですよ。
消費者が求めるのは、原因の公表と真摯な対応策です。

>リコールが出されても、三菱のトラックの例ですと運送会社が修理に出さない例は多いそうです。
>まぁだから許されるという訳ではないのは承知していますが。

上記の文と、

>なので私は飛行禁止を求める姿勢には理解できません。

って、どうつながっているのですか? 何か暗喩されているんでしょうか?

リコールの例は「メーカーは対応策をとった。それに応じないで事故を起こしたならユーザーの責任だ」ということでしょうか。それなら同意見です。
ところで、この例は今回のヘリ墜落の何と対応しているんですか? よく分らないので教えてください。

>また沖縄の軍事施設の分散は国民の課題として考えていく必要があると思います。

それは美辞麗句にしかすぎません。
これまで幾多となく、沖縄で米軍関連の事故・事件が起きたとき、沖縄側はそう言っています(もちろん温度差はあり、革新は「米軍完全撤退・日米安保廃棄」で、保守が「整理縮小」ですが)。

それに対して、これまでに本気で引き取ろうと手を上げた自治体ってありますか?
寡聞にして知りません。近い例としては、演習場所を提供したぐらいですかね。
その部隊の本拠地は未だ沖縄ですけど。

>但し台湾海峡などを念頭に置くと沖縄の地理的な位置の重要性ばかりは動かしようがないのと、

これはまだ分かります。
個人的にはとても迷惑ですが、地政学的に沖縄が重要な場所であることぐらいは理解できます。

>米軍にはこの地域にいてもらわなくては困る(と私は特に対中戦略上考えているので)ので、

他の国に守ってもらっておきながら、その武力を第三国の牽制のために使っているなんて…。
背伸びした子どもが精一杯大人ぶって発言している滑稽さを感じます。

>空・海兵隊の主力は沖縄に置く必要があるかとは思います。

え? 海兵隊が? なんのために? 空軍がいる理由はまだ理解できますよ。
海兵隊の性質を考えると、紛争が起きそうな場所の近くに基地を構える必要性は全くないと思うんですが。

第一、宜野湾に飛行場がある根拠は日米安保だと理解していますが、これは「日本をアメリカに守ってもらう」ためですよね。日本がアメリカに頼んで中国を牽制することや、もしくはアメリカの利益のために日本の基地に展開している部隊を使って中国を牽制すること、これらは安保の理念や憲法の観点からするとおかしな話です。

>私の家の隣は畑ですが別にそこに基地を建設しても構いません。

「建設しても構いません」なんて消極的にならずに、ぜひ誘致活動でもぶちあげてください。
その「隣の畑」が宜野湾飛行場がそのまま移転できる程度の土地なら、なんの問題もないでしょう。
せっかくウェブサイトも開設されていることですし、アピールされてみてはいかがでしょうか。

「その畑のそのまた隣には人家があって、立ち退きなど手続きが大変。こっちだって結構人が住んでいるからやっぱりだめだ」っていうなら宜野湾の大変さが理解してもらえると思います。そして、民間地にヘリが墜落したことの重大さも。

>但し沖縄の人と等しく有している転居の自由を行使する可能性は否定しませんが。

この発言で底が知れますね。つまり「基地の周りに住む奴らが悪いんだ。文句があるならとっととどこにでも引っ越せばいいじゃないか」ってことですね。これで問題は万事解決だと。あまりにも、他人の生活への共感がなさすぎやしませんか。その土地で生まれ、育った人への共感が。そもそも引き取るつもりがないなら適当なこと言わないでください。

あなたの仰る分散負担は、本当のところは「自分の住む土地以外のどこか」なんでしょう。
基地とともに住む覚悟なんてないのでは?

>私は現場検証に付いては民用機ではなく軍用機なのですから、軍事機密というのは保持されるべきと考えます。

ならば米軍はそう説明するべきです。実際は県警が合同の実況見分を提案したにもかかわらず「検討中」と解答を引き伸ばしたあげく、その間に事故物件をすべて撤去してしまいました。
これでも主権を問題にすることって「論理的な飛躍」なんでしょうか。

果たして守るべき軍事機密っていったいなんなんですか?
守る相手に言えない秘密を、なぜ持たなければならないのでしょうか?

まさか「ヘリの構造」とか「設計」とか言い出さないでしょうね。
F-15を日本の企業にライセンス生産させているような状況で、古くさいヘリの構造上の秘密もへったくれもあったもんじゃありません。

>日米地位協定も写道部さんのところにあったように赤旗持った連中が押し掛けてくるようでは、説得性を持つと考えます。

もう、文章の意味が不明です。もう少し詳しく説明していただけませんか。


さて、日本人が納める税金から出ている「思いやり予算」によって在日米軍基地は運用されていると言ってもいいでしょう。いうなれば、お金を払って家付きのガードマンを雇っているようなもんです。
今回、そのガードマンが自分の家の庭で粗相をしたんですよ。家族を巻き込みかねない事故をやらかしたんです。それをしかれない雇い主ってなんなんでしょう。

いま、沖縄の基地から多数の部隊がイラクに派遣されています。
日本を守るための兵力なら、なぜほかに動かすことができるんでしょうか?
ガードマンが雇い主の許可も無しに勝手に、よそのところに喧嘩をふっかけに行ったようなもんです。
なんで雇い主は怒らないんですかね。不思議です。

単純な話です。ガードマンを雇っているつもりが、実際はヤクザに住み込まれて所場代まで巻き取られているだけです。その現実を見たくないだけなんですよ。それなのに「日本とアメリカは同格の友だちだ」だなんて思い込んでいるんです。情けない話ですね。

投稿: オイスター | 2004/08/29 04:07

こんばんは。
石破さんが今日いくつかのテレビ番組に出演されていました。
ぜひご覧いただきたかったです。
その中でやはり空軍、陸軍は別にして海兵隊は沖縄には必要ないのではないか? と問われ、同意されていました。
そしてこれまではアメリカ主導で各軍が配備されていたが、
これからは日本政府がなぜ極東の安全のためにこの配置が必要なのかを問うていく必要があるし、それをやっていくつもりだともおっしゃっていました。
それができないとすれば日米の関係は「同盟」関係とはとても言えないとも。

日米地位協定についても数十年も前にできた大変時代にマッチしないものであり、今回のようなケースに対する運用改善は必要であるし、運用でカバーできないのであれば改定も求めていくという強い意志をお持ちのようでした。

こちらが要求をしてそれがどれくらい通るのか、というのもこれまでの流れからすると大きくは期待はできませんけれど、少なくともそういう流れができてきたことは嬉しく思います。

沖縄県民がこれまでも、それから今回も何も要求せず、事件があるたびにそれを「交通事故」と同じように捕らえていたら、今回政府は同じ動きをしたでしょうか。
自分の生活環境を良くしたり、安全を求めることがそれほどまでに罪でしょうか。

私にはいまだにMustafaさんがなぜこんなに沖縄の動きに嫌悪感を覚えるのかその背景はわかりませんが「沖縄人」という言葉に少なからず差別意識を感じたことだけは書いておきたいと思います。まぁ、意識して言葉を選ばれたんでしょうけれど、それだからこそなおさら悪意を感じました。
誰かを貶めることで得られる優越感というものは、とてももろいものだと思います。そしてとても卑しいものだとも。

私は今は東京在住ですが、沖縄から離れて見えてくるものもあるということは感じています。日本の一部としての沖縄というのは沖縄に住んでいるときはあまり意識はしていませんでしたので。
でも沖縄に生まれて住んでいなければ見えなかったであろうものもあると思っています。知りたければそこに住んでください、と申し上げたいくらいですが、でもあまりオススメしません。知らない方がおそらくシアワセなんだろうと思います。

投稿: アキ | 2004/08/29 22:49

マギー殿、確かに私はブッシュ支持ですし私がアメリカ国民なら間違いなくケリーかブッシュかだったらブッシュに投票するでしょうね。但しこれと今回の問題は全く関係ないのではないでしょうか。加えて言うならば、今沖縄、ブームなんですか?韓国がブームなのは分かりますが。私には沖縄がブームだという認識はありません。

例えはわかりやすくと思い持ち出した訳ですが別の意図云々といわれるのでしたら使いません。ただ基地問題にリンクさせるのはおかしいと言うのに「基地問題です」と言われては議論がかみ合いませんね。

私は現場検証をやらせろというのにこだわるのが理解できません。ヘリコプター自身は古いものでも積み荷も含めて軍事機密と言え、それを尊重することは当然と思います。

また沖縄を含めて日本にいるアメリカ軍は何も日本を守るためだけに展開しているわけではありません。むしろ付属業務のようなものだと思っています。また海兵隊とは単純には言えませんが私の理解では揚陸を主にしていますから紛争時には真っ先に派遣される部隊のはずです。故に沖縄に展開する必要があると言ったわけです。逆に陸軍などは必要性は薄いと思います。その番組を見ていないので何とも言えませんが、防衛庁長官がそう仰るのはリップサービスとしか思えません。

「沖縄人」という言葉は別に他意はありません。その土地に住んでいる人ないし出身者に対して使う言葉で東京に住んでいる人なら東京人と言いますが「沖縄人」という言葉に差別感を感じるのであればどういえばよいか教えて頂きたい。(まさかうちなんなんたらとか使えません。東京人がそういう言葉を使う事って逆に馬鹿にしたような感じがしませんか)

投稿: mustafa | 2004/09/04 22:19

確かに議論になりません。
日米安保条約は、第6条において、『わが国の安全』及び『極東における国際の平和と安全のため』、米軍のわが国における施設・区域の使用を認めており、同条に基づき、米国はその軍隊をわが国に駐留させている・・・
ハズなのですが、mustafaさんの解釈ではそうではないようですね。
『むしろ付属業務』のようなものだと思っています
という理解はちょっとどうでしょうか・・・。
もう少し正確に学ばれてからでないとこちらを読んでいらっしゃる方に誤った知識を植えつけてしまう可能性があるのでは、と危惧します。

それはそれとして、ワタクシはこちらにはもう参りません。
いろいろと失礼があったかと思いますが、申し訳ございませんでした。

投稿: アキ | 2004/09/05 00:18

それからご覧になっていないのにも関わらず「リップサービスだとしか思えない」と言いきる姿勢もどうかと思いました。
あの日はふたつの局で同様のことをおっしゃり、すぐにニュースでも報道されるほど話題になったことなんですよ。
少なくとも沖縄に駐留している「海兵隊」は日本の安全や極東の平和を守るためにいるわけではない、んです。
その後の報道番組を見ると、それは多くの政治家(自民党員服務)持っている共通認識のようなのですが・・・。

では、本当にコレが最後です。
失礼しました。

投稿: アキ | 2004/09/05 00:28

本当に海兵隊が必要ないというなら政府間交渉でもそういうのでしょうけど、そうでないならリップサービスだとは言えませんか?

いわゆる「極東条項」は私は実質上意味がなくなっているという考えです。

投稿: mustafa | 2004/09/08 00:14

mustafaさま

私自身は,韓国も沖縄もブームだと思っています。テレビで取り上げられている回数では1・2を争うのではないでしょうか。
ただし,沖縄のブームは少し下火になりつつあるかもしれませんし,少し具体的な題材が欠けているかもしれませんね。韓国は何と言っても「冬のソナタ」でしょう。現に放映されていて,やれ,ヨン様がここに座ったとかやっていますしね。
たしかドラマは今年からでしょうから,まだしばらく続くと思っていますが,沖縄の場合は一昨年以降のビギンや夏川りみの活躍,はたまたドラマの「ちゅらさんⅡ」か,あるいは3年前の「ちゅらさんⅠ」でしょうから,いい加減落ちつきつつあるかもしれません。

あと,ブッシュ氏のイラク政策へのギモンと今回の問題との関係については,いつだったか「報道2001」で「日本が自立した国だと思うか?」の質問に,7割だか8割だかがノーと答えていたと報じたのを記憶しています。
そんな自立云々がどこから出てきたのかといえば,小泉首相がブッシュ氏のイラク戦争およびその後の政策を支持したのが,かなり大きなきっかけになっているのではないでしょうか。でもって,アメリカのイラクでの活動が泥沼化しているのを見て,さらにはイラクで日本人が誘拐されたり,最悪殺害されたりしているのをニュースで見て「ホントに支持してよかったのか?」「単に追随しているだけでは?」と思う人が結構多いと思うのです。
そんな状況下で今回のヘリの事故が起こったから,ことさら敏感になるのではないでしょうか……と書いておいてナンですけど,私もはっきり目に見えて関係していると言える根拠はありません。根底に無意識のうちにあるのかなというのが正直なところです。
しかし,それとてホントに心から敏感になって感じているのか,ホントに「このままでいいのか」と思っているのかといえば,これでブッシュ氏がイラクを見事統治に成功していたならば,別に沖縄の事故なんてここまで騒ぎにならなかったのではないか,という推測もまた私の思うところです。あるいは,政府やら要人やらが,時折報道されているように,いろいろと動いたりもしなかったのではないかと。

多分,mustafaさまとはずっと意見がかみ合わないかもしれませんが,私はそう思っている次第です。

投稿: マギー | 2004/09/08 19:25

どうも。政府の対応などは私の目からはいつも通りというか従来と基本的には同じスタンスの様な気がします。それにこういっては沖縄の人に怒られるのを承知で言えば、少なくとも私の周囲の人はこの問題については全く関心持っていない感じがします。

ある事柄をおおごとと感じるか、もしくは世間で騒がれているとかんじるかは、マスコミの動きと自分の個人的なきわめて狭い範囲の見聞きによって判断されるのですから、そもそもそれをどうこう論じたり、判断の基準にするのは私はおかしいと思います。

同様に「ブーム」というのもマスコミが作り上げたものを見てできた「マイブーム」の積み重ねでありますから、自分がブームの中に入れば自分が関心があるものはどんどん目に入ってくるし、関心がなければ「何がブームなの?」と思ってしまうわけです。

まぁまとまりがつかなくなりましたが、私は意見が合わないと言うのは普通のことで、一つの意見にまとまること自体が危険なことだと考えております。これからもむかつくこと、衝突することなどあるかと思いますが、かわいがってくださいまし。

投稿: mustafa | 2004/09/08 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/1258927

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄エゴには辟易する:

« 地方自治体は「自治」に専念を | トップページ | 九州じゃんがららーめん日本橋店 »