« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004/08/27

週末は滋賀・岐阜

書き忘れたけど今週末は滋賀と岐阜へ行ってきます。
彦根城をはじめとしてあの辺はまだ未開拓なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪韓決定!

10月の連休の訪韓が決定!
未だ行ったことがない全羅道か江原道の山に行って来ようと思います。
チケットは行きは前回訪韓時購入のノーマルYの復路と帰りはソウルのJCBプラザで手配をお願いした
NHのWクラスW340,000也。でもってその復路はGWの予約がOKに。
ソウル発券の無限ループの深みにはまりそうです・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/26

九州じゃんがららーめん日本橋店

jangara.jpg
秋葉原の本店が有名だが日本橋店は日本橋通りから一本入った裏道にある。前書いた「ますたに」と1ブロックとはなれていない。いつも行列ができているがそれは店が狭いからであって、見た目ほどは待たされない。

あっさりと謳っているものの(ほかにもぼんしゃんとかこぼんしゃんとかの濃厚と謳っているスープもあり)、かなり濃厚に感じる。たんに塩辛さがキツいだけとも言えるかもしれない。加えて麺がどうも私好みではない。全般に九州ラーメンの場合、麺が美味しいと感じることは他のラーメンに比べると少ないと思うのだが、なんだか市販の生麺とあまり変わらない気がどうしてもしてしまう。

というわけでラーメンを食べたいと思うとどうしても私の場合ますたに9:じゃんがら1位のペースになってしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/23

沖縄エゴには辟易する

沖縄のヘリコプター墜落事故に関しておかしな論理が展開されている。曰わく基地があるのがおかしいだとか、同じ機種の飛行を差し止めろとか言うものもある。

これは飛行機が墜落したら空港を閉鎖しろだとか、ある機種が事故を起したらすぐその機種全部飛行差し止めろとかいっているのに等しい。主権の問題だなんていうのは、政治的に利用している感もあるし論理が飛躍していると言わざるを得ない。

しかし沖縄人はそれが当たり前のように言っているように見える。こういう地域エゴに国家の根幹たる安全保障政策がひきづられては叶わない。この際ここははっきり「それはエゴだよ」と言ってやることが必要なのではないか。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2004/08/18

地方自治体は「自治」に専念を

地方自治体の権限逸脱が最近目立つような気がする。
沖縄の自治体は乗員以外怪我人すら出なかったヘリコプター事故に対してくだらない決議を連発している。美浜原子力発電所の事故に関しては事故とは関係ないプルサーマルの凍結などと言っている(プルサーマルとは原子炉内で燃やす燃料が違うだけて発電システム自体は変わる訳ではない)
広島市長は一市長の分際で外交を語ったり(一度広島市のホームページをご覧いただきたい。身分不相応な行動に驚く事必至である)
広島市長ほど酷くなくとも「非核〇〇宣言」だとかの意味があるとは思えない看板をかけたがる所は多いし、さして「姉妹」と呼べるとは思えない都市と「姉妹都市」を結びたがる。「姉妹都市」を結ぶと視察とか交流などと言う名の観光としか思えない「交流」が盛んに行われる。当然のことながらこれら全て暮らしや生活する上で余り関係ないことにも税金が使われる。
国防や外交、エネルギー政策などは自治体の範疇を越えた国策に関わる事項である。一々「地元」の顔色窺っていては済まない問題も多い。日本は連邦と州等のような関係と違い、役割分担を曖昧にしたまま今まで来た。その辺の事をはっきり決め、それ以外のスタンドプレーにははっきりNOと言うべきだと思うのだが如何なものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工藤200勝

阪神ファンの私だが、工藤の200勝は凄いと思う。
阪神が前に優勝したとき日本シリーズ第一戦でバースに決勝ホームランを打たれたのが工藤だった。
あれから20年たった今でも投げているのだから、怪物ですね。しかも当時の投球スタイルのまま
続けられているのは素直に凄いと思う。今日も143キロは出てたし。もう200勝投手は出ないと
言われた中での達成。
次の目標は?と聞かれて「優勝!」と答えていたけど、201勝とか私は予想していたのだが
違った。インタビュアーも意外というようなリアクションをしていたから少なからぬ人もそう思ったに違いない。
まだ巨人って優勝狙っていたんだね、と思い出させられるようなコメントだった。

巨人というチームは好きではないけど、工藤個人はこれからも応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/16

ロッテサイドのスタンド

lotte2.jpg
ロッテ側の外野スタンドは結構入っている。「合併反対」「パリーグの火を消すな」などのアピールが目立つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉ロッテマリーンズ対オリックスブルーウエーブを観戦

lotte.jpg
統合はたまた1リーグ制移行かなど騒がしいプロ野球ですが、今日(8月15日)、ロッテファンの友人と千葉ロッテマリーンズ対オリックスブルーウエーブを観戦してきました。因みに私は阪神ファンということもあってマリンスタディアムでは今回初観戦。外野応援席に入ったのですが、神宮などにある堀や横浜スタディアムのような高いフェンスもなく、結構見やすかったのが第一印象。

スタンドに目を移すとロッテ側の外野応援席はかなりはいっていたものの、オリンピック、お盆、午前中雨降っていた、交通の足が今一な所での日曜のナイター、最下位独走中のBWと悪条件が重なっていたとはいえ、かなり空席が目立ちました、しかもBWサイドの外野応援席は50人程度しか入っていない(画像みてください)・・・選手は近鉄と統合したら何人生き残れるのかと思ってしまう面子ばかりだし、あれでは経営サイドが球団統合したくなるのも少し分かった感じがしました。BWは統合必至だしロッテもオーナーが統合指向で噂が絶えないだけあって、イニング開始前の両チームのファンの統合反対のアピールは必死でしたけど。自分もプロ野球は今年初観戦だから大きな事は言えないけど、みなさんナベツネに文句もあるでしょうけど、球団の経営自体が成り立たないようでは、ファンを大事にといってもなかなか難しいのは現実なので、球場に足を運べる人は運びましょう!

試合の方はヒット1本とフォアボール2で満塁にしたところでデッドボールをあてるは、ダブルスチールでホームイン許すわ肝心な所でエラーやバッテリーミスするはでオリックスに余計な点を献上し続け、打つ方では淡泊な攻めに終始したロッテが3対9で完敗。あまりのふがいない守備に対しロッテファンが自軍の選手にブーイングを浴びせましたが、あれは正しい愛のブーイングでした。ロッテはまだまだ三位に入ってプレーオフに進出する可能性が残ってるだけに、頑張って欲しいものです。

ところで空席がかなり目立っていたのにYahoo!によれば観衆は29,000人だとか。最初みたとき2,900人かと思いました。きっと千葉マリンスタディアムは収容人数が20万人位なんでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/13

更新状況

ダラダラ更新している旅行記、未完のがあれば次に取り掛かれないというわけでイラン編イエローストーン編共にラストスパートかけて行こうと思います。やはり旅行記は記憶が薄れないうちに書かないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/09

FC東京対ローマ観戦

football.jpg
友人がチケットが手に入ったと言うことでFC東京対ローマの親善試合を観戦。サッカーの生観戦は95年にたまたま訪れた香港でのナショナルチームの日本対中国の試合以来2試合目。サッカーが好きな人には申し訳ないが、サッカーにそれほど熱意がない私。FC東京の選手もローマの選手も知っている選手がいない。(唯一知っているトッティは怪我のため来日せず)同行した友人と「どうせ試合中売店を冷やかしたりして暇をもてあそぶのでは?」なんて罰当たりなことを言い合っていたのだが、いざ試合が始まると試合に引き込まれてしまった。

結局0-0に終わり、ゴールシーンが一つもみれなかったのと、(シーズン開幕が迫っていて)本気モード?のFC東京は何度も一応ゴールにつながりうる形に持っていったのに対し、今ひとつ親善試合モード?のローマはあまり形を作れなかったのが残念ではありました。(でもつい3日にはNYで試合していた訳だからお疲れなのかな)

とはいえやはりゴール前の応酬は(却って形はできたのに決定力がなくてずっこけた場面があったものの)なかなかハラハラするものであって、期待以上に(と書くと怒られると思いますが)楽しめました。

話変わってたかが親善試合でしかも一チーム同志の対戦、しかもサポーターはスタンドのほんの一角を占めているだけなのにどうでもいいプレーに対しても一々ブーイングが飛んでいて、それが意外に響いて圧迫感を感じる。その程度でもそう感じるのだから昨日の日中戦などはどんなだったろうとおもった次第。どのチームを応援しようにもブーイングはあんまり気持ちのいいものではありませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

中国サッカーブーイングネタ

サッカーで中国のブーイングが話題になっていますが、色々私なりに分析してみました。

反日教育云々については江沢民はおろか毛沢東、蒋介石時代までさかのぼれますから今に始まったことではありません。今回の騒動は勿論それが下地にあることは承知していますが、私はそれよりかは中産階級の出現とネット社会の普及があると思います。ご承知の通り掲示板などでは直接会うときなどより議論が過激になる傾向がありますし、偏狭的ナショナリズムが盛り上がりやすい傾向があります。日本でも2chなんか、そりゃひどい書き方ですよね。

切符を購入して追っかけ行為を経済的にできる層の出現と彼らの横のつながりを形成するネット社会が今回の騒動の直接的な原因だとは思います。私は試合そのものを見ていないので何とも言えないのですが、ニュースで出待ちをしてバスにものを投げる群衆の映像を見る限りそういう層の連中に見えました。

それとあの国の場合、党と国家の積極的か消極的かは別としてかなりのサポートもあるのが事実と考えてよいでしょう。敵を作っておいて自らへの批判をそらすやり方ですね。昨日の外交部の会見で発言人が「同時,需要指出的是,部分日本媒体将少数人的行為過分炒作和渲染,甚至与政治挂鈎,対此我們表示遺憾。」(これと同時に、指摘する必要があるのは、一部の日本メディアが少数の人々の行為を過度に報道したり誇張したり、ひいては政治と関係付けたりしていることで、これについてわれわれは遺憾を表明する。)(外交部および駐日大使館HPより引用)
つまり日本のマスコミががたがた騒いでいるだけ、もしくは陰謀であって中国政府は聞く耳を持たないとの本音を言っているので、かえってそう断言できます。(「われわれが理解するところでは、日本チームに関係のある4試合では、会場内外の全体の秩序は良好で、雰囲気は活発だった。誰でも知る通り、国際的に重大なサッカーの試合では、少数のサッカーファンによる過激な行為が時折起こる。これはスポーツの精神と合致せず、われわれは決して賛成しない。」なんてその前ではしゃぁしゃぁと言い訳していますがね)

なお中国政府がこのような態度を取ることを弁護するなら、外交とは正義などなく使える手段は何でも使う。目の前に金持ちだが過去に引け目を持っている奴がいれば遠慮なくその弱みにつけ込んで利用するまでだということで、国家とは国民の利益最大化の手段にしか過ぎないと言う考えに建てば至極まっとうな行動パターンとも言えます。過去に韓国が内政に息詰まると歴史問題を持ち出したりしてきた例もありますよね。

加えて言うならばソウルオリンピックでも反日ブーイングや日本の対戦相手への声援などアンチ日本行為は非常に目立ちました。記憶に新しい所ではソルトレーク五輪に対する判定に不満があってそれでナンも関係ないサッカーのワールドカップで反米ブーイングが起きたり、また日本がらみでは韓国サポーターに日本人が襲撃されるという例や日本対ロシアで日本が勝った所、モスクワの日本料理店が焼き討ちにあうなどの例もあったことを付記しておきます。

我が国もあの国と同じレベルに合わせるなら手始めにハッカーを集結して中国政府の関連サイトを攻撃し、中国人労働者を襲撃し中華料理店を焼き討ちしますか?まぁ文明国家の我が国はそんな事をする必要はないでしょうがね。

いずれにせよ明日は中国にいる日本人は外出しないのが賢明でしょう。

まもなくアテネオリンピックが始まりますがこういう要因とマスコミに感動を強制されることもあって私はオリンピックは大嫌いです。サッカーの大会もオリンピックも早く終わって欲しい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/06

ブラザーフッド(태극기 휘날리며)

これでもかと言わんばかりの、ホラー映画並みのむごい・えぐい戦闘シーンの描写が
続きさすがの私でも目を背けたくなるシーンが多かった。しかしハリウッド映画などのように
簡単に人をなぎ倒していく、人を物質化した描き方とは違い、人の死とはそれだけ
重いものだということと戦争の悲惨さを監督は描きたかったのだと思う。

ストーリーとして十分感動、涙ウルウルだったのだが、ストーリーのスケールの大きさと
戦闘シーンの描写にエネルギーを使い果たしてしまったのか、最後の現在のシーンは
弟のために死んだ兄のことをもっとじっくり描いてくれれば、より大きい感動が引き出せたと
思った。少し尻切れトンボっぽいところが残念。

あとチャンドンゴン、男から見ても格好いいと思うし演技もよかったのだが
食料も乏しい極限状態におかれている兵士の役柄的には少し肉付きが
良さ過ぎる気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »