« ウズベキスタン旅行の宿 | トップページ | 中国サッカーブーイングネタ »

2004/08/06

ブラザーフッド(태극기 휘날리며)

これでもかと言わんばかりの、ホラー映画並みのむごい・えぐい戦闘シーンの描写が
続きさすがの私でも目を背けたくなるシーンが多かった。しかしハリウッド映画などのように
簡単に人をなぎ倒していく、人を物質化した描き方とは違い、人の死とはそれだけ
重いものだということと戦争の悲惨さを監督は描きたかったのだと思う。

ストーリーとして十分感動、涙ウルウルだったのだが、ストーリーのスケールの大きさと
戦闘シーンの描写にエネルギーを使い果たしてしまったのか、最後の現在のシーンは
弟のために死んだ兄のことをもっとじっくり描いてくれれば、より大きい感動が引き出せたと
思った。少し尻切れトンボっぽいところが残念。

あとチャンドンゴン、男から見ても格好いいと思うし演技もよかったのだが
食料も乏しい極限状態におかれている兵士の役柄的には少し肉付きが
良さ過ぎる気がした。

|

« ウズベキスタン旅行の宿 | トップページ | 中国サッカーブーイングネタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21328/1131536

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザーフッド(태극기 휘날리며):

« ウズベキスタン旅行の宿 | トップページ | 中国サッカーブーイングネタ »