« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/27

日銀貨幣博物館

noguchi.jpg
午後の中国語の授業のあと、日銀の貨幣博物館にいってきた。確か昔は平日しかやっていなかった気がするのだが、土日も開館していると知り、銀行員たるもの行っておかなくてはということで行ってきた。入場無料でコンパクトに日本の貨幣・経済史がまとまっている。日本橋界隈でちょっと時間が余ったときなどおすすめだ。

さてそこで今度の11月から流通される新紙幣が早速展示されていた。デザインの調整にとまどった樋口一葉の5000円札はなし。新聞などで知ってはいたが実物を見ると1000円券は意外にカラフルと言うか余白が少なく濃い感じだ。肖像の野口英世の目が少し怖く感じた。一方10000円券は今のが既に有る程度カラフルなのと肖像がおなじせいか、違和感なく使えそうな気がした。

日銀は平日なら申し込めば本店旧館内部も見学できる。8月からは今まで存在は有名だったけど公開されていなかった地下の大金庫も見学コースに入れられるという。この機会に平日休みを取ってでもみてみたい気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/06/26

ウズベキスタンビザGET!

uzbekviza.jpg
7月に予定しているウズベキスタン旅行のビザを申請していたのが今日返って来た。昔はインビテーションやバウチャーなどが必要だったらしいのだが、今は大使館のホームページから申請書をダウンロードして、写真を貼って、招請機関などは空欄のまま、パスポートと2000円を現金書留で送れば、1週間しないで着払い宅配便で返ってくるというとってもお手軽なものになった。

欧米諸国は勿論、学生時代には観光旅行にビザが必要だった韓国や台湾ばかりか最近は中国やベトナムまでビザ免除になった。手軽だし費用や手間もかからなくていいのだが、実はパスポートにいかにも旅行に行きましたという証が残るビザを取るという「儀式」は旅の気分が盛り上がるので秘かに好きだったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/25

携帯mineしてきました

phone.jpg
3年以上活躍してくれた私の携帯(+PHSが一台に収まったスーパードッチーモ)が電池の寿命が短くなってきた。ドコモは近いうちにPHSから撤退を考えているようで、最近PHSは店頭にもない。当然ドッチーモも後継機種は出ないことになった。電池だけ買おうとしても5000円近くする。それなら新しい携帯にしてしまったほうがいいというわけで、昨日だった誕生日の自分へのプレゼントを兼ねて新しい携帯を買ってしまった。PHSの回線は4台の端末で8年以上お世話になったが、なじみの番号にも遂におさらばだ。

今度のは同じシャープ製ながらFOMA900i。隣の旧携帯(SH821i)と比べるとでかいし重いし熱い(電池の発熱が)。ここまで来ると電話というより極小のPDAか電話付きデジカメと言う感じだ。随分おとしたりしてもタフだった先代と比べて落としたらすぐ壊れそうなのも気になる。

長い間活躍してくれたSH821iはホームステーションに登録してあるので、家の電話の子機としてまだ活躍できるしまだ電波が届く範囲が狭いFOMAのバックアップとしてFOMA不通時に普通の携帯として切り替えるモードの端末としてまだ活躍してもらうことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/24

歯医者

歯が急にいたくなって歯医者通い。今回は非常に深かったらしく神経取って根っこの中を木ねじみたいな道具でグリグリ削る・・・しかも根っこの奥の歯茎まで炎症が激しくて仮のかぶせものをしても痛くてものがかめない。一本痛いと口の半分が使えなくて食事をするのにも難儀する。いやはや普段は何とも思わわないのに普通に食事をかめることは非常にありがたいことだと感謝。旅行行っている途中で歯が痛んだりしなくてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/06/22

結局何でも反対政党

サマーワはイラクの人口1~2%しかないから人道支援は意味がないといった岡田代表。日本の人口の1%は100万人。100万都市の支援になるのなら大きいと私は思うのだが走破思わないらしい。選挙対策もあるのだろうが民主党って結局何でも反対政党に成り下がった気がする。これだったら言葉は下品だったけど菅ちゃんの方がよかったなんて思ったりする、

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/06/21

シルミド

決して楽しい映画ではない。芸術的な映画でもない(むしろ時代を感じさせる演出か、ださい映像である)。これでもかと過酷な訓練や運命の訓練兵達が描写される。

しかし北朝鮮出撃前夜杯を交わして歌った国歌(それも旧版蛍の光バージョン)、死に瀕した場面で虫の息で北側の軍歌(赤旗の歌:北に潜入する時北側兵士になりきるため軍歌なども北のを教え込まれていた)を歌う場面などで涙があふれるように流してしまった・・・赤旗の歌はつい最近まで北朝鮮の暗号放送(暗号の数字を読み上げる)の冒頭に流れていたので私には思い入れがある。ただこういうふうな事前知識がないと感動するシーンでも、なんにも思わないかもしれない。前に座っていた人も「訳分からない」とか言っていた。こういう感じで決して万人向けではないが、途中なかだるみなどなくあっという間に2時間が過ぎてしまった。DVDが出たら買ってしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/06/15

デジカメ購入

親にデジカメを貸したら盗まれてしまったので新しいデジカメを購入した。私のデジカメの用途は鞄やポケットに忍ばしてスナップ用がメイン。しかし前もっていたコンパクト型のはプリントしたとき今一画質に不満があった。画質を追求すれば一眼レフタイプなのだろうが、旅行の時の機動性が失われるのと値段的に許されないこともあって対象外。というわけでその中間にあたりそうなリコーのcaplio-GXを購入。
試しで色々使ってみているのだが、前のカメラ リコーCaprio G3と比べるとやはりレンズのでかさやそのほか突起部分などかなりコンパクトさが犠牲になってしまっている。まだ画質とかは見ていないので何とも言えないのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/11

イラン映画祭 「ふたりのミナ」

結局昨日に引き続きイラン映画祭に足を運んでしまった。
今度のはコメディ。映画を見てこんなにゲラゲラ笑ってしまったのは恐らく初めてかもしれない。
上映後の質疑応答(なんと主演者本人が登場)ではイランで作られる映画のうちコメディーはわずかしかないとのことだったがこんな楽しい映画を作れるならたいしたものだと思った。
さりげなく同じテヘランに住みながら両極端の生活環境におかれている人なんかも描写していて、意外と社会的なメッセージも盛り込まれている。昨日のも面白かったけど、見てて楽しいのは絶対こちら。こういう楽しい映画なら何本見てもいいと思わせてくれる映画だった。もしかしたらイラン映画にはまるかもしれない。

それにしても写されるテヘランの街並み見るとまた行きたくなってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/09

イラン映画祭 「低空飛行」

国際交流基金フォーラムでイラン映画祭の上映を見に行ってきた。ハタキミア監督の「低空飛行」移住を夢見て飛行機をハイジャックする話。結局ドバイでもイランに戻るでもなく海に不時着して終わるので結論を出さずに映画は終わるのだが、ストーリーの展開も意外だったり娯楽映画として楽しめた。

外国人ウケを狙ったような芸術性の高さを追求するのではなく、イラン人の人気を得ようとする指向が強かった点も新鮮。中国映画でもそうだけどアジアの映画って本国ではヒットせず外国で評価される映画が紹介される傾向があるのだが、これはそういう事はないなぁと思った。現にイラン人で9割方席が埋まる盛況ぶり。笑うポイントなどの違いも面白かった。

イラン人が大勢いるので雰囲気も盛り上がる。(香水とかチャドルをかぶった女性などイランの雰囲気満点な上チャイハネなんかも出店していてイランにまた行きたくなってしまった。明日も仕事が早く終われば行ってしまうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新コカコーラ C2

コカコーラから新しいコーラが出た。その名もC2。C2というのは掲示を見ない限り何のことだか全く意味不明だったけど味はそのままカロリー半分ということなので、コーラ好きかつおなかの周りの肉が気になる私にとっては朗報なので早速試してみた。ダイエットコークはカロリーゼロだけど明らかに普通のコーラよりまずいのだが、C2はマズイとは思わなかった。もっともコーラはあんまり味が分かる飲みものではないけど。ただ、半分というのはインパクト弱い。のど乾いてがぶがぶ飲んでしまえば結局同じ事だから。

それと派手に宣伝やっていた割には営業がなっとらんというか、商店に並んでいない。ローソンいってもないし、自販機にも半分くらいしか並んでいない。コカコーラって何やっているんだろう。お金かけてCM垂れ流して喜んでいるダメ会社かもしれない。折角CM見て購買意欲高まっている顧客を見殺しにしているんだよ。

あと折角商品開発したならちゃんとフォローもして例えば飛行機の中にもおいてもらえるようにしてくれないといつの間にか消えたバニラコークの二の舞になる気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/06/06

免許更新

今日は免許証の更新にいってきました。ペーパードライバーの証ゴールド免許(笑)。
江東運転免許試験場で更新したのですが、東京にある三つの試験場の全てで更新したことが
あるのですが、この試験場は三つの中で一番新しく気持ちがいいだけでなく、更新の手続き
自体もスムーズだし、独特の横柄さもないし一番高い評価を与えていいと思います。
(対極は府中の試験場)

前書いた有楽町の旅券課もそうでしたが、こういういい仕事をしているお役所はもっと評価
していいと思います。いつもいっていますが試験場なんかは民営化してサービスを競わせても
いいと思っています。

書き忘れたのですが、免許証の有効期限が誕生日までから誕生日から1ヶ月までに延長になったので表記が今までの○○年の誕生日まで有効から○○年××月□□日まで有効に変更されていました。

この週末は6.4第二次天安門事件15周年とか、民主党のあきれたやりかただとか
ロナルドレーガン氏死去など書きたいネタが盛りだくさんでしたが、書き出すと長くなりすぎるので
後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/05

シルミド恐るべし

私にとって韓国のスターといえばヨン様だかなんではなくアンソンギなのだ。そのアンソンギが主演するシルミドが今日から公開とあってたまたま新宿にいったので見ようと思い、映画館へ行ったら立ち見も含め満席とのこと。その人気にビックリしたのだけが今日の収穫・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/04

TGIF

あーついてない日というか悪夢の日。いくつか大きな「やらかし」をしてしまったし、相場は負けるし、上司にはイチャモンつけられるし、支店は面倒なトラブル持ち込んでくるし・・・という訳で仕事ホッポリだしてわき目も振らずに帰宅途中です。
(すみません持っていきどころのない愚痴をはかさせていただきました。今日が金曜でよかったTGIF.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/03

日本はソ連よりおくれているのか

今日配信された小泉内閣メルマガによると高速道路の非常電話は1台250万円もしたが民営化の過程で1台40万にさせたとあった。
あきれる。自分の金じゃなかったらコスト節減しようとの姿勢が、はなからないらしい。日本の官僚組織は。メーカーもメーカーだ。たかがインターフォン(防水処理はしなくてはならないだろうが)にそんなにふっかけるとは。金払いのいい日本人観光客にふっかけるインド商人並だ。いっそインドのメーカーに入札に参加させたら40万といわず4万円で出来るのではないか。
こういうコストの見直しは民営化云々という前に、今の公的セクターの組織のままでも出来ることだしすぐやるべきだ。それともやはり公的セクターに属している人は資本主義国の日本国とは違う、未だに社会主義官僚独裁計画経済国家の国の人なんだろうか。だとするならば日本がまず取り組むべきはゴルバチョフ時代のグラスノスチとペレストロイカだ。日本国全体が市場主義原理にのっとった資本主義国家に早急になるよう強く望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »