« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004/05/31

デジカメ無くなる・・・

両親が旅行から帰ってきた。アイスランドからコペンハーゲン経由で帰ってきたのだが、コペンハーゲンの駅で道を聞く振りをした置き引きにパソコンと私が貸したデジカメが入った鞄をやられたのだそうだ。典型的手口というか、そんなのにひっかってしまう我が両親に悲しくなってしまう。ともかくデジカメがなくなってしまった。親の補償により最新機種に替えられたら自分的には禍が転じて福となるかもと少し期待なんかしっちゃったりも密かにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道ステーションの古舘

報道ステーションの古舘さん曰く「今イヤな時代で、何もやっていない人が平気でバッシングできる」云々・・・

マスコミのこと言っているんですかね(笑)

それは置いておいて、2ヶ月たってもやっぱりやたら不快感ばかり残るキャスターですね、古舘さんは。いい加減ちゃかしたように物事を報道するのはやめて欲しいと思いますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/28

ANA

最近は「全日空」とも呼んではいけないらしい。そればかりか「アナ」とも呼んではダメで「エーエヌエー」なんてむかしのバブルの時の「イ・アイ・イ」みたいでどこの会社?って思ってしまう。この感覚はっきり言ってイヤだ。
CMで長島茂雄氏を起用していたのに倒れたからキャラクターなしでやっていると思ったら息子の一茂氏起用だって。そのセンスは買うけど今日発表された新制服、光る素材って実物見てみないと何とも言えないが、言葉のイメージからはなんかケバそう。写真でみる感じでもなんかスカーフが派手でやっぱり私はJAL派継続を決意してしまった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/05/22

腰果鶏丁by自分

久しぶりの一人暮らし状態でかつ金曜なのでこれまた久しぶりに料理を作ってしまった。今回は腰果鶏丁、つまり鶏肉とカシューナッツ炒めだ。さすがに久しぶりだったので随分感覚が鈍っていたけど、下手ながらも自分で作るのは楽しい。肝心のお味の方は少し合わせ調味料の配分を間違えて味が薄かったかなと思ったが、今回は課題の「野菜を炒めすぎる」ということもなくまぁまぁ還可以ってところか。(不錯の一つ手前かな)
それにしても自分で中華を作るとたいていふたり分くらいの量できるのだが、えてして平らげてしまう。食べてしまってから少し後悔・・・

(デジカメを親が旅行に持っていってしまったので今回は画像なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あえて成果を期待しない

小泉首相の二回目の訪朝は敢えて今回は成果を期待しない。そもそも成果がない会談があってもいいと思うからだ。勿論拉致関係者の家族が一緒に生活することができ、行方不明者の消息が分かり、死んだことになっていた人も無事帰れて核開発も止めるなどなどとなればいいのだろうが、そうは問屋がおろさないだろう。小出しにして支援をその都度引き出し、約束したことは先送りするのがいつものパターンだ。成果を焦って安易な妥協はする必要ないし、任期中に正常化なんて枠を設定する必要もない。

というわけで今回の訪朝は成果に対して一喜一憂することなく冷徹に見守っていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/20

社会人初の遅刻!

社会人になってから会社に遅刻したことは、早朝成田に着く飛行機利用で空港から直行することをあらかじめ許可を取ったことを除けば、一度もなかった。寝坊したことはあって普段会社に着く時間に遅れることがあっても就業時刻の1時間前が標準出社時刻なので就業時刻に遅れたことはなかった。それが今日はやってしまった!

目覚ましは三重にセットしている。まずは大音響でアザーンをがなぐりたてるアザーン時計。これは本当に大音響なので慌てて止める。次に旅行用の小さな目覚まし時計。これはそろそろ本格的に起きろよと教えてくれる。そしてラジオでニュースなどを聞きながら本格的に目覚めるという段取りだ。

アザーン時計が鳴って止めたのは覚えていたがしばらくウトウトしたあと他が鳴る前に起きた(と思った)。そして風呂に入ってふと時計を確認するといつもと同じ時間ながら短針の位置が微妙に違うではないか!何と1時間寝過ごしてしまった。折り悪く両親はシンガポールに旅行に行っているので家には私一人。(まぁいても起こしてくれることはアテにはしていないのだが)
しかもラジオの電池が切れてしまっていたようだ。呑気に風呂なんか入っていなければ、就業時間にはかろうじて間に合ったもののジエンド・・・

今まで遅刻する夢を見て飛び起きたらまだ未明だったり、張り切って出かけたら一時間早く間違えたこと(それも相当間抜けだが)はあったが、今回はショック大きい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山鳴動して・・・

minshu.jpg
民主党のドタバタ果たして意味有ったんだろうか。そもそもなぜ小沢氏を担ぎ出さなければならなかったんだろうか。私から見れば彼は政策通とかビジョンを持っているかとは全然思わない。消費税に対するスタンスひとつとっても福祉目的税としてみたり、下げるとかはたまた今回は年金のために上げるとかそのときそのときで自分の都合のいいように変えているだけの様な気がする。

国連の元での自衛隊貢献云々も、却って国家としての利害関係を放棄して、国連というはなはだ無責任な組織に下駄を預けるのは危険のように思う。自衛隊が国外にでるなんてもってのほかという世論の時はそれなりに意味は有ったのだろうが、いまや時代遅れの感がする。

未納のゴタゴタなんて今日与党が出した、過去にさかのぼって納められるように法改正すればそれで済んだことなのだ。そんな単純なことを政争の道具にした菅直人はある意味自業自得ではあるが。

国会議員に限らず、広く国民も未納の分を納められることはいいことだ。関心も高まったし、実は未納な人が一般国民にもおおいのだから私もこれで学生時代の未納の分が納めることができる。

しかし民主党、岡田代表は見た目かっこいいかもしれないけど、三党合意は反古にして政府案は廃案だなんて、よくさっきまで菅代表と連帯して責任を負うから代表を受けられないなんて言っていた人の言う事かね。こういう問題はこの期に及んで政争の道具にするのではなく、与野党で合意をまとめて挙国体制で早くまとめて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスポート更新申請

パスポートの余白がなくなったので更新申請してきました。増補という選択肢もあったのですが、どうせ2006年暮れには切れてしまうので、ならば申請する手間を先送りできる期間が長い切り替え更新のほうがいいかと迷った末に判断。

色々騒がれている住基ネットの恩恵に今回初めてあずかりました。いざ使う場面を考えると、一々住民票取りに行って、それが本物か確かめる作業を取る従来のやり方に対して申請した内容をネットで確認すればいいので、意外に整備した甲斐あったのではと思った次第。

なお東京都の旅券課の皆さんはお役所としては非常にサービスがよいというか、てきぱき作業しつつも丁寧に色々教えてくれ、とても気分が良かった。以前申請したときはそう思わなかったので、もしかしたら石原都政のおかげかもしれない。

とにかく東京都の皆さん。この調子で頑張って頂きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーコーラーメン野菜のせ@万世

mansei.jpg
ここの太麺は好きなのでたまに食べに行く。定番のパーコーラーメンは程良くあがっていていい味出している。ただしここのラーメンは食べているときはいいのだが、後で猛烈に塩辛さがくるというかとにかく喉が渇く。おいしいからいいのだが、食べた後は500mlのペットのお茶は必須だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/05/16

オプション付き外貨定期

optiondepo.jpg
最近流行しているものにオプション付き(特約付き)の外貨定期がある。大雑把に言うと預入時に判定相場を決め、満期日にその判定相場より円安であれば預入時の利息と元本が円で戻ってくるが、その判定相場より円高になった場合は通常の外貨定期として外貨で元利金を受け取ると言うもの。

この商品の有利な点は相場が円高になっても判定相場よりは円高に進んでいない場合はその為替リスクを回避できることにあるものの、大きく円高方向に動いた場合は為替リスクをそのまま負ってしまう上、円安方向に動いても為替メリットを享受できないデメリットもある。

自分の持っている相場観が今より若干の円高の範囲なら一番有利、なのだが結局この商品が有利なのは判定相場以上預入時相場より1円円安(普通の外貨定期の場合は外貨を円に戻すときは1円の手数料相当分をレートで払うので)の間の比較的狭い範囲のときだけである。

現在は円貨はゼロ金利なのに比べれば(ここのところ金利上昇傾向ではあるが)ドルの金利は高いとは言っても付いても1年もので1パーセント程度。要するに外貨預金とは現行金利水準では円での利回りを気にしなかったり長期の投資を目的にするのでなければ、金利を目的にするのではなく、為替差益を目指す商品なのである。なのでこのような為替差益を放棄するような中途半端な特約付き外貨定期は、私個人的にはおすすめしない。こういう預金は普通の外貨定期なら中途解約もできるのに対し、できないか銀行が見合いで市場に対して行った取引の取り消し分として結果的に非常に割高な清算金をはらわなくてはいけないケースが多いのも損切りのダメージが大きくなるのでその点もデメリットとして挙げられよう。

よそさまの広告コピーを批判するのは本意ではないが、この銀行のコピー「外貨預金の金利は魅力だけど為替リスクが・・・」というのは間違いではないけど本質的には「円よりは高い金利だけど為替差益は放棄・・・(少しの為替変動なら為替リスク回避できますが大きな損は回避できません)」といえるもののような気がしてならない。

繰り返しになるが、自分の相場観があまり円高は進まないという時には有利になるので、しっかり吟味して自己責任でならどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/15

トックマンドゥクク@職安通り

ttokmandukuk.jpg
お店の名前を失念してしまった。トックとマンドゥの組み合わせが良い。ただし周りの食材店から買ってきただけのような感じの料理で1000円は高い気がするがおいしかったからよしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/13

凍頂烏龍茶@セブンイレブン

dongdingwulongcha.jpg
セブンイレブンとアサヒ飲料の共同開発商品。当然セブンイレブン限定。ペット入り烏龍茶(に限らずお茶系ドリンクのなかでは)のなかでは最もお気に入り。サントリーの烏龍茶とかにある舌にべとつくような感じもなく、香りも付けましたという感じではなくほのかに香ばしくおいしい。(一応無香料とある)
ただ惜しいことにセブンイレブン限定故に飲む機会が少ない。私の通勤路や職場の周りにはセブンイレブンがないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/05/11

高速増殖炉断念

原子力委が高速増殖炉の実用化を断念したようだ。素直に評価したい。
私は現在の軽水炉特に沸騰水型はきちんと運用・保守されている限り信頼している。しかし現行の軽水炉が安全であるという論拠はそのまま高速増殖炉は安全でないと言えてしまうものが多かったから、原子力発電支持派の私でさえ?と思っていたからだ。
既に多額の資金が投入されており、官僚機構にとっては断念するということはなかなか難しかったと推察されるが、遅きに逸したとは言え、ともかく断念することにしたことは評価できよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅ちゃん辞任

菅ちゃんついに辞任。党内事情もあるとは言え、週明けには辞任とか
夕方に表明とか随分ズルズル延ばして自分の身の振り方も決断できない人なんだなと
いう印象だけが残った感じ。

はっきり言って年金が未納だからと言って(しかも法的に責任をとれない時効の部分について)
職を辞する必要があるとは全然思わない。大体許せないとか言っている国民の方だって
未納者多いのだし厚生年金加入者の妻の第三号加入者なんて、自分じゃ何にも払っていない
のだからとやかく言う資格ないと思う。

とはいうものの菅ちゃんの場合は江角マキコとか未納閣僚に罵詈雑言を浴びせていたのだから
自業自得ではある。役所の処理がどうのとか言う釈明より、厳しいこと言ってスミマセンでした
と誤ってしまえば愛嬌で済んだ気もするが何が求められているか読めないんだよねこの人。

ついでに言うなら外国の首脳に会って次期首相ですなんて言いふらしているのは
糾弾されて言いと思う。選挙の結果首相に選出される段階ならともかく、こういう
言い方はおかしいと思う。民主党の「次の内閣」もシャドーキャビネットとか
「影の内閣」という本来の意味で名前を付けて欲しいと思う。

脱線したが納めた納めてないで政局にするのは止めて欲しい。
大事なのは年金をどうするか審議をすることであるから。菅ちゃんが
最後に対立で何も決まらないという状況ではなくて双方に譲歩する形で
三党合意をまとめたのは評価する。民主党の多数のみなさんは分かって
いないようだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/05

KTX

ktx.jpg
(すれ違ったKTX)

韓国旅行から帰ってきました。行程的には(5/1)自宅→羽田空港→山口宇部空港→下関駅→唐戸→門司港→関門人道トンネル→下関港→(5/2)→釜山港→東大邱→海印寺→東大邱→大田→儒城温泉→(5/3)→公州→扶余→大田→儒城温泉→(5/4)→大田→東大邱→慶州→釜田→東莱温泉→(5/5)→釜山市内→金海空港→成田空港→自宅というもの。

このうち釜山→東大邱の在来線区間と東大邱←→大田間の専用線区間を4月に開業したばかりの高速鉄道、KTXに乗ってきました。各車両にモーターが有る日本の新幹線と違って先頭と最後尾に電気機関車がつくタイプなんで客車内は非常に静かで加速感のようなものもなく、揺れも少ないような気がしました。ただし座席が一般室では以前のセマウルに比べ非常に狭く(横幅、シートピッチ共に)集団お見合い式で向きも変えられない。1等の特室(2-1配置で向きも変えられる)でようやく以前のセマウル号レベルです。この居住性の悪さとただでさえ割高感があったセマウルの2~3割高という割高感からかすいていました。

肝心の300キロというスピードですが、トンネル区間が多いことと、在来線区間が多いことと車内が静かなこともあってあまり実感できませんでした。架線柱の流れていく様子などからとばしているんだなとが分かる感じでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/05/01

韓国行ってきます

GWは韓国に行ってきます。
今回の往路は久し振りの船で、釜山ベースで回ります。
その前にまだ帰宅途中なんですが、これから荷造りして明日朝5:00に起きれるか不安・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »